運用戦略

日本債券ロー・デュレーション戦略

金利上昇懸念のニーズに対応

日本債券市場では低金利の状況が続く一方で、巨額の公的債務残高などを背景に将来の金利上昇を懸念する投資家も多く、ベンチマーク全体の金利リスクは抑制しつつも安定した付加価値を獲得したいというニーズは少なくありません。PIMCOでは、こうしたニーズに応え、日本債券ベンチマーク内の債券(「コア」部分)と、外国債券等を含むベンチマーク外の債券(「プラス」部分)の両方に超過収益源泉を求めるPIMCOの日本債券コアプラス戦略をもとに、デュレーションを短期化した日本債券ロー・デュレーション戦略の運用を2003年よりご提供しています。

日本債券ロー・デュレーション戦略の特徴

一貫した投資哲学と運用アプローチ

グローバルな運用力

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレなどに関するリスクを伴うことがあります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。社債には、発行体が元利金の支払い不能に陥るリスクがあります。また社債の価格は金利感応度や発行体の信用力に対する市場の認識、市場の全般的な流動性といった要因の影響により、変動する可能性があります。PIMCOの戦略はデリバティブ商品を利用しており、デリバティブ商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を蒙る可能性もあります。特定の証券や種類の証券の信用格付により、ポートフォリオ全体の安定性や安全性が確保されるわけではありません。分散投資は損失の完全な回避を保証するものではありません。

ブルームバーグ・バークレイズ日本総合1-3年インデックスは、公募市場で発行されている円建て債券のうち、残存期間が1年から3年のものに限定したインデックスです。

本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。