運用戦略

アンコンストレインド・ボンド戦略

アンコンストレインド・ボンド戦略とは?

PIMCOアンコンストレインド・ボンド戦略は、絶対収益追求志向の債券戦略です。ベンチマークやセクターおよび商品に対する保有制限などの制約を大きく受けることなく、PIMCOの長期的な市場予測、グローバルな投資テーマ、統合された投資プロセスを活かすことを目的としています。

本戦略は、元本保全、流動性の確保、分散投資といった、コア債券のアプローチが持つ伝統的な利点を活かしながら、通常の伝統的アクティブ債券運用のアプローチから得られるよりも高いアルファと、ダウンサイドリスクの低減を目指します。

アンコンストレインド・ボンド戦略は、投資家に以下の機会を提供します。

  • 魅力的なリスク調整後のリターン
  • 元本の保全
  • 高い分散投資のメリット

関連する運用戦略

債券

リキッド・オルタナティブ

RECENT ARTICLES

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。PIMCOの戦略はデリバティブ商品を利用しており、その利用により、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。特定の証券や種類の証券の信用格付により、ポートフォリオ全体の安定性や安全性が確保されるわけではありません。本投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。