フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    Viewpoints
    Financial Institutions
    Education
    Japanese Blog
    Update
    Blog
    Contribution Article
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
  • PIMCOの視点
  • 2020
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
Straight From PIMCO: 3 Stages of Distress in Commercial Real Estate
PIMCOの視点

商業用不動産投資: ディストレストの三つの段階(video)

商業用不動産投資: ディストレストの三つの段階

PIMCOの米州商業用不動産投資を統括するジョン・マーレーが、経済封鎖に伴い同セクターにおけるディストレスト(経営破綻や不振で財務内容が悪化した状態)の段階がどのように変化する見通しなのか、そしてその過程で生じうる多様な投資機会についてご説明します。

John Murray

商業用不動産投資を担当するポートフォリオ・マネージャー


ジョン・マレー
マネージング・ディレクター
ニューポートビーチを拠点とする、商業用不動産投資を担当するポートフォリオ・マネージャー。2009年にPIMCOへ入社する以前は、JER Partnersにて全米で不動産取引に携わった。それ以前は、商業用不動産開発・建設に従事し、また、米陸軍にてコンバット・エンジニアの将校として3年間勤務した。投資業務経験19年。 ペンシルベニア大学ウォートン・スクールよりMBAを取得。マサチューセッツ工科大学より土木工学の修士号、リーハイ大学より学士号を取得。