ヒューマン・ファクター(人的要因)の考慮

行動科学の価値

PIMCOでは、常にPIMCOの強みを活かし、お客様が最善の結果が達成できるよう努めています。また、行動科学はPIMCOがより良い資産運用会社となり、お客様がより良い
投資判断を行うのに役立つと考えてきました。

PIMCOにおける行動科学

PIMCOは、50年近い投資経験を有するアクティブ運用の資産運用会社として、長年にわたりその投資プロセスに行動科学の手法とバイアス(先入観)を排除する仕組みを取り入れてきました。現在、PIMCOでは、お客様に大きな利益をもたらしうる行動科学が担う役割を拡大させています。

行動バイアス

バイアスとは何か?バイアスが重要な理由とは?

この双方向のツールは、行動に影響を与える認知・感情バイアスに対する投資家の理解を深め、それらの影響を緩和することを目的に設計されています。それによって、より良い投資判断を行い、結果を改善できる可能性があります。

もっと知る
投資家調査

PIMCO 日本の投資家心理調査

日本の市場において、ボラティリティの上昇は投資家にどのような影響を与えたのでしょう。ポートフォリオへの影響だけではなく、彼らの見通しや期待、そして自らが下す意思決定に対する自信についても聞きました。今回の調査は、流動性の高い資産1,000万円以上を保有する日本の投資家の、センチメントや見通しに対する定期的な調査の初回となります。

もっと知る
行動科学への投資

運用会社と研究機関の画期的なパートナーシップ

シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスPIMCO意思決定調査研究所ロゴ

PIMCOは、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスの意思決定研究センターとの長期的なパートナーシップを通じて、この分野の第一人者による最先端の研究をサポートしています。行動科学の洞察は、私共の見識を広め、投資家に最善の結果をご提供するための能力向上に役立つと考えています。

シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス
Japan

JP

[変更する]

レポート
配信登録
有効な電子メールアドレスを入力してください。