戦略概要
バンクローン市場は「レバレッジドローン」市場とも呼ばれ、信用格付けが投資適格未満の企業の債務から構成されています。バンクローン(銀行貸付債権)は、通常借り手企業の保有資産を担保としています。また一般的に、当該企業のその他の債務より返済順位が高く、ハイイールド債よりも高い信用格付けが付与され、より厚い担保により保証されています。企業は主に、レバレッジドバイアウトの資金調達を目的としてバンクローン市場を利用しています。

PIMCOのバンクローン投資ユニバースは、米国バンクローン市場の中でも第一抵当権を持ち良質な資産により担保されたローンを中心に構成されています。第一抵当ローンは、担保となる資産の質や、セカンダリー市場での流動性の点において、相対的に投資妙味があると考えられるためです。PIMCOでは、リスク対比で価格や利回りが魅力的なレベルにあると判断した際には第二抵当ローンを保有することもありますが、その場合でもエクスポージャーは控えめになります。

バンクローン戦略の適用

投資哲学および付加価値の源泉

リスク管理・コントロール

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレなどに関するリスクを伴うことがあります。担保付きバンクローンの担保が実行されても借り手の債務を満たす保証はなく、また担保が実行される保証もありません。バンクローンは通常他の債券よりも換金性が低くなっています。一部の債券には、支払い順位の高いシニア債と劣後債があり、また担保付きと無担保債券があります。(これらには、シニア債、劣後債、ハイブリッド債、債務担保証券、ローン担保証券が含まれます。)バンクローンの早期償還は、正確に予期することは難しく、一般市場状況および財政状況より影響を受ける場合があります。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。 また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。PIMCOの戦略はデリバティブ商品を利用しており、デリバティブ商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を蒙る可能性もあります。特定の証券や種類の証券の信用格付により、ポートフォリオ全体の安定性や安全性が確保されるわけではありません。本資料で紹介した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効であるという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。分散投資は損失の完全な回避を保証するものではありません。