運用戦略

エマージング・ローカル債券戦略

エマージング・ローカル債券戦略:PIMCOのエマージング市場投資の一環

エマージング市場国は、過去20年近くにわたって行われた抜本的な改革によって経済の成熟化のプロセスが続いています。この数年は、それまで見られた経済の外需依存と資金調達の対外依存のいずれについても、過度の依存状態から脱しつつあることが特徴です。金融面の変化の一側面として、健全な財政政策と金融政策、為替レートの柔軟性拡大、私的年金制度の充実、高い貯蓄率によって、政府による国内債券市場の拡充が進みました。これらの債券市場によって投資家は、エマージング市場ローカル金利と通貨のいずれについてもエクスポージャーを保有することが可能になります。このいずれについても、PIMCOはグローバル経済全体の中で生じる変動との関連で、リターンを生む重要な原動力と考えています。

エマージング市場国はグローバル経済を過去2年間にわたって低迷させた混乱と無縁ではありませんでした。しかしながら、強固な初期条件、すなわち、過去の経済危機の時期と比較して低い公的債務残高、健全な財政状況、信頼性の高い金融政策、高水準の外貨準備によって、積極的な財政金融政策を講じることが可能となりました。多くの場合、エマージング諸国は危機の時期も成長を保ち、あるいは急速に回復することができました。それにもかかわらず、積極的な金融緩和が終わってもなお、これらの国の金利は先進国に比較して一般的に高水準で、投資による利回り向上だけでなく、将来の金利低下によるキャピタルゲインも見込める状況となっています。

ローカル債券へのエクスポージャーによって、投資家はエマージング市場通貨に内在する価値にアクセスすることができます。このようなエクスポージャーに投資する理由、すなわち高成長、インフレ格差、健全な国際収支動向は、大部分のエマージング市場で健在です。それに加えて、2009年から相当程度回復したにもかかわらず、バリュエーションは通貨価値が長期的に見たフェアバリューと比較して、引き続き魅力的な水準にあります。エマージング市場通貨は、PIMCOがグローバル経済のリバランスに伴って生じると予測する今後の米ドルの下落に対する投資家のヘッジ手段ともなります。

ローカル債券市場は、これまでの米ドル建て資産クラスを超えた新しいエマージング市場債券のフロンティアであるだけではなく、非常に多様な投資家層に支えられた、流動性の高いアセットクラスになりつつあります。エマージング諸国が自国通貨建てによる債券発行を拡大して債務管理を高度化し、国内資本市場を整備するにつれて、国内のイールドカーブは長期化し、国内市場の投資機会は拡大しました。その結果、ローカル債券市場は非常に流動性が高まり、米ドル建て債券市場より流動性が高いケースさえ見られるようになりました。

PIMCOのエマージング市場ローカル債券戦略は、主にエマージング市場の現地通貨建て債券に投資します。PIMCOでは、一般に、世界銀行による経済協力開発機構(OECD)高所得国に過去5年間継続して分類された国々を除いた諸国をエマージング国としてとらえていますが、これ以外でも、発展段階を幅広い観点から評価したうえで、PIMCOがエマージング国として位置付ける場合もあります。現在の閾値となる1人当たり国民総所得(GNI)の基準は、世界銀行によれば11,906ドルとなっています。

エマージング・ローカル債券市場におけるPIMCOの実績

ポートフォリオにおけるエマージング・ローカル債券市場戦略の役割

エマージング・ローカル債券投資における投資哲学

付加価値の源泉

リスク管理/コントロール

関連する運用戦略

債券

RECENT ARTICLES

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。

債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレなどに関するリスクを伴うことがあります。

ソブリン証券は通常、発行体政府によって保証されています。米国政府機関の債務は米国政府からさまざまな形で支援を受けていますが、政府による全面的な保証は付与されないことが一般的です。こうした証券に投資するポートフォリオに対する保証はなく、ポートフォリオの価値は変動します。

PIMCOの戦略はデリバティブ商品を利用しており、その利用により、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。

分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は、予告なしに変更される場合があります。

本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。