PIMCOのエマージング市場社債投資のアプローチとは?

エマージング市場(EM)社債への投資機会は、この数年劇的に拡大しています。発展途上国の政府は、重要セクターへの投資拡大を促進して成長を加速させようとしています。かつての国有企業への民間からの投資を認め、また民間企業の成長を支援しています。その結果、エマージング社債市場の規模は拡大し、投資家の関心を高め、多くのセクター、とりわけエネルギー、金属・鉱業、運輸、電気通信、公営住宅、金融などへの投資機会を提供しています。PIMCOのエマージング市場社債投資戦略は、こうした市場の発展から恩恵を受ける投資機会に着目しています。

PIMCOのエマージング市場社債への投資プロセスは、実績あるエマージング市場投資フレームワークの中に位置づけられています。ソブリン調査はこのフレームワークの基礎であり、PIMCOの一貫した投資哲学に基づいて、グローバル経済の長期的分析からアプローチが始まります。次に複数のステップからなるソブリン分析のプロセスが行われます。まず、クレジット・ファンダメンタルズの良好な国を選別します(健全な財政状態、安定/改善方向にある政治情勢、十分な外貨準備高、金融危機のショックに耐え得る債務状況などを含みます)。その上で、先進国経済からの需要や商品市況、世界的な金利動向およびその他の海外経済の要因など、PIMCOのグローバル経済に対する見通しがこれらの国々に及ぼす影響を考慮します。最後に、上方リスクと特定国の市場に混乱をもたらすような不均衡リスクを特定するために、テクニカル分析を実施します。

ソブリン調査プロセスで選別された国を対象に、PIMCOはクレジット・リサーチの能力を活用してさらに分析を行います。クレジット・アナリストとポートフォリオ・マネージャーが協力して業種分析を行います。その分析で、国からの明示的あるいは黙示的な支援が受けられる可能性のあるセクター、あるいは重要かつ特定された構造的弱点があるが、それは将来的に改善されると見られるセクターが特定されます。個別の発行体と個々の債券の分析が業種分析を補完します。企業のファンダメンタルズの分析は、PIMCOの社債投資アプローチの最も重要な要素の一つであり、企業または当該プロジェクトの実行可能性、経営陣の能力、経営上・財務上の課題、その他のテクニカルなリスクが評価されます。保証の内容、発行時の上乗せ金利の水準、コベナンツ(財務特約)のような個別債券ごとに特有の要因も考慮に入れる必要があります。

この統制のとれた多面的なフレームワークにより、国別・業種別・発行体別のウエイト付け、デュレーション・イールドカーブ・通貨・投資インスツルメンツ選択の決定や相対価値評価をおこないます。成長が期待でき、しばしばシステミックに重要である高格付けの国と業種、に集中的に投資することによって、所与の投資環境の下で下方リスクを限定しながら投資戦略を最適化することができます。

エマージング市場におけるPIMCOの実績

PIMCOのグローバル・クレジットにおける実績

エマージング市場社債戦略の活用

エマージング市場と社債に対する投資哲学

質の重視

付加価値の源泉

エマージング市場の長期見通し

リスク管理/コントロール

関連する運用戦略

債券

RECENT ARTICLES

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。

債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレなどに関するリスクを伴うことがあります。

外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。

PIMCOの戦略はデリバティブ商品を利用しており、その利用により、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

特定の証券や種類の証券の信用格付により、ポートフォリオ全体の安定性や安全性が確保されるわけではありません。

本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。

分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・グローバルはエマージング市場諸国の政府や準政府が発行した米ドル建ての証券、ブレイディ債、ローン、ユーロ債、および各国現地市場の金融商品のトータル・リターンを測定するインデックスです。インデックスに直接投資することはできません。

本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。