運用戦略

グローバル・クレジット・オポチュニティ戦略

戦略概要
PIMCOのグローバル・クレジット・オポチュニティ戦略(GCOS)は、投資家の皆様に多様なクレジット市場から純粋なクレジット・アルファをご提供することを主な目的としています。相対価値戦略に重点を置き、また幅広く分散投資することにより、各種の伝統的資産との相関を非常に低位に抑えることを目指します。GCOSは、クレジット分野での相対価値投資に関するPIMCOのベスト・アイデアを結集することで、広範なグローバル・クレジット市場における投資機会を活用します。投資対象には、グローバルな投資適格社債、、ハイイールド社債、エマージング債、各種の資産担保証券などが含まれます。

PIMCOは、豊富な投資経験、高度な専門知識、グローバルな運用体制を生かして、グローバル・クレジット市場に存在する多様な収益源泉を見出します。PIMCOの各セクター・スペシャリスト・チームの見解に基づくボトムアップの相対価値戦略を通じて、各クレジット市場の内部および異なる市場間に存在するミスプライシング(資産価格の歪み)から生じるアルファ獲得機会を追求します。

関連する運用戦略

債券

RECENT ARTICLES

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または依拠可能な形で示唆するものでもありません。全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレなどに関するリスクを伴うことがあります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。モーゲージ担保証券や資産担保証券は金利水準の変化に対する感応度が高い場合があり、期限前償還リスクを伴い、また、一般的には政府または民間保証機関による何らかの保証が付されていますが、民間保証機関が債務を履行する保証はありません。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。 また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。PIMCOの戦略はデリバティブ商品を利用しており、その利用により、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は、予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。