戦略概要

PIMCOのグローバル債券戦略は、インデックス対比でリスクを最小限に抑えながら、リターンの最大化を目指すアクティブ運用です。グローバル債券市場は、分散を実現するための豊富な機会と、優れたリスク調整後リターンを長期的に獲得する可能性を提供します。

グローバル債券戦略の活用

付加価値の源泉

リスク管理・コントロール

関連する運用戦略

債券

RECENT ARTICLES

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレなどに関するリスクを伴うことがあります。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。 また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。政府が発行する物価連動型国債(ILBs)は、元本価値がインフレ率に連動して定期的に調整される債券です。実質金利が上がった場合、物価連動型国債(ILBs)の価値は減少します。PIMCOの運用戦略ではデリバティブ商品を利用します。デリバティブ商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、さらに流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。本資料で紹介した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効であるという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックスは13ヵ国の市場で発行されている残存期間1年以上の各国通貨建て固定金利国債によって構成されるインデックスです。PIMCOグローバル・アドバンテージ・ボンド・インデックス (GLADI)は、グローバル債券の投資機会およびセクターを広範に網羅する分散型グローバル・インデックスであり、先進国からエマージング市場まで、名目債券から実物資産まで、また、現金およびデリバティブを含みます。通常時価総額に応じて加重平均される従来のインデックスと異なり、GLADIは、GDP(国内総生産)加重であり、より急速な成長を見せる地域を重視するため、将来を見据えたフォワード・ルッキングな性質を持ちます。インデックスに直接投資することはできません。