PIMCOのショート・ターム戦略は、一般的な短期金融商品によって提供されるリターンを向上させるように設計されています。ショート・ターム戦略は、短期金融商品や短い残存期間の債券に投資することによって、元本を保全し、また日次流動性を確保しながらインカム収入を最大化することを目指します。これは、残存期間が長めでより広範な投資機会に投資する点で、伝統的短期金融商品とは異なります。投資対象は、伝統的短期金融商品よりも負担するリスクがわずかに増えるものの、超過相対リターンを生み出せる証券です。

PIMCOのショート・ターム戦略は、信用力の高い短期証券に投資することによって、高い水準のインカム収入、流動性、元本の保全を目指します。本ショート・ターム戦略には、経済予測、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策理解、債券トレーディングにおけるPIMCO独自の手腕が貢献しています。

PIMCOのショート・ターム戦略の実績

ショート・ターム戦略の適用

投資哲学および付加価値の源泉

リスク管理/コントロール

関連する運用戦略

短期デュレーション

最新コンテンツ

ご留意事項

​過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行体、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。不動産抵当証券担保債券(CMO)はモーゲージ・パススルー証券やモーゲージローンを担保とする幾種類もの債券クラスからなる債券です。CMOへの投資は高いリスクを伴う可能性があります。モーゲージ担保証券や資産担保証券は金利水準の変化に対する感応度が高い場合があり、期限前償還リスクを伴い、また、一般的には政府または民間保証機関による何らかの保証が付されていますが、民間保証機関が債務を履行する保証はありません。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。デリバティブ商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。

本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。。