券化商品とは、住宅ローンや自動車ローンなどの資産とその資産から発生するキャッシュフローを担保として発行される有価証券を指します。通常の債券を保有する場合には、債券の発行体が期日どおりに元利払いを行うかという信用リスクに晒される一方、証券化商品を保有する際には、担保となっている資産から契約どおりの元利金が支払われるかどうかがポイントとなります。そのため、もともとローンの貸出しを行った金融機関がデフォルトした場合でも、証券化商品の担保となっている資産が健全であれば、投資家は元利金の支払いを継続して受けることができます。証券化商品は裏付けとなる資産の種類により、下図のように分類されます。

米国においては、過去30年間で証券化商品の市場規模は飛躍的に拡大しました。米国では、住宅ローンの貸付を行う金融機関は、住宅ローンの貸出し債権からは固定金利で利益を得る一方、資金調達は短期金利により行っていました。1980年台初頭の高金利時代において、短期金利の上昇により資金調達費用が増加する一方で、利益は固定金利のため増加せず逆鞘となってしまうケースがみられました。こういった事情を背景に、積極的に住宅ローンを売却または証券化して資金を回収し、その資金を高金利での運用に充てるという需要が高まったことがMBS市場発展の理由の1つとして挙げられます。また、2000年代半ばには、低中所得者層に対する 住宅政策推進と金融技術の発達という環境のなかで、格付対比で高いリターンを得られる運用対象として、ノン・エージェンシーMBSや再証券化商品(証券化商品を担保として再度証券化した商品)が一部投資家の間で人気となり、発行額が急増しましたが、2008年の金融危機を経て新規発行が大幅に減少し、規模は縮小しました。

2011年12月末における発行残高は10.3兆ドル(MBS:8.4兆ドル、ABS:1.8兆ドル)と米国の債券全体の約30%を占め、米国債の割合を上回る、重要な位置を占めています。

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。