運用戦略

トレンド・マネージド・フューチャーズ戦略

戦略概要

モメンタムに着目し、リターンと分散効果の向上を追求
本戦略は、株式、金利、コモディティ、通貨などを含む、主要なアセットクラスのモメンタム(金融市場における相場の強弱を示す様々な指標)に基づいた投資を通じ収益獲得を図ります。PIMCOは、独自に開発した定量分析ツールと専門知識に裏打ちされた取引アプローチに基づき、PIMCOのグローバルな取引プラットフォームとアクティブ債券運用体制を活用し、付加価値の創出を目指します。

本戦略を採用すべき理由は?

流動性の高いオルタナティブ投資戦略
PIMCOの高流動性オルタナティブ投資戦略は、株式や債券のような伝統的アセットクラスとの相関を非常に低く(あるいは逆相関に)抑えつつ、投資家に魅力的なリターン獲得の機会を提供するもので、ポートフォリオの分散化にもつながります。

分散投資と大幅な価格下落への備え
歴史的に、マネージド・フューチャーズ戦略(モメンタムに基づくトレンド戦略)は、リスク資産に対する相関を非常に低く(あるいは逆相関に)抑えながら、魅力的なリターンを生み出してきました。また、株式相場が大幅に下落する局面で、特に大きなリターンを上げる傾向があります。本戦略は、こうしたリターンを、流動性が高くアクセスが容易な枠組みによって効率的に獲得しようとするもので、ポートフォリオの分散によって、ポートフォリオのリスク低減が期待されます。

市場の変動を通じた収益の可能性
本戦略は、広範な種類のアセットクラスにわたってロング、ショートいずれのポジションもとることができるため、様々な市場環境でプラスのリターンを目指すことが可能です。本戦略では、高度な定量分析アプローチに加え、保証金ポートフォリオをアクティブ運用することで、追加リターンの獲得も目指します。投資判断は、PIMCOの厳格な投資プロセスに基づいて行われます。

関連する運用戦略

リキッド・オルタナティブ

RECENT ARTICLES

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

マネージド・フューチャーは価格変動性の高さを含め高いリスクを伴い、全ての投資家に適合するとは限りません。

債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレなどに関するリスクを伴うことがあります。 高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。 また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。
コモディティは市場、政治、規制、自然などの条件により高まるリスクを伴い、全ての投資家に適しているとは限りません。
外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。

本戦略では投資戦略の実行の一環としてクオンツモデルを活用することがあります。

モデルは証券および証券市場を、市場要因の相互作用に関する特定の仮定に基づき評価します。
用いられているモデルが特定の要因を適切に考慮していない、意図した通り機能しない、あるいは投資元本の価値に下落をもたらす可能性があり、その下落が非常に大きくなる場合があります。
デリバティブ商品やコモディティ連動デリバティブ商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。

コモディティ連動デリバティブ商品は、追加的なコストや、コモディティ・インデックスのボラティリティの変化や、干ばつ、洪水、天候や家畜病、通商の停止、関税、国際的な経済、政治および規制状況など、特定の産業やコモディティへ影響を及ぼす要因などによるリスクを伴う可能性があります。

デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。多くの債券戦略および債券の価値は金利の変化に影響をうけます。
デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。