PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 運用戦略
  • PIMCOの視点
  • PIMCOブログ
日付で探す
  • 2017
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
注目のソリューション

クレジット・リサーチに近道はない

クレジット・リサーチに近道はない

グローバル・クレジット・リサーチ・グループ統括責任者のクリスチャン・ストラックがPIMCOの緻密なクレジット・リサーチのプロセスと2016年に原油価格が底値に達した際にパイプライン企業に投資した背景についてご説明します。

PIMCOの視点

社債の新規発行における、アクティブ運用の優位性

社債の新規発行における、アクティブ運用の優位性

社債の新規発行時には、アクティブ運用者が大きなアルファを獲得できる可能性があります。また、規模が大きい運用会社ほど、起債時の買い手としてアロケーションにおいて有利に働くことも珍しくありません。

PIMCOブログ

インデックスの構成銘柄変更は投資の好機​​​

インデックスの構成銘柄変更は投資の好機​​​

債券のベンチマークをトラックするパッシブ運用者は、発行体がベンチマークから除外された場合、その本質的な価値が直ちに変わらないとしても、売却を余儀なくされることになります。その結果、アクティブ運用者には、より割安な価格で購入する機会が生まれる可能性があります。

Christian Stracke

グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者


クリスチャン・ストラック
マネージング・ディレクター
ニューポートビーチを拠点とする、グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者であり、BRAVOオポチュニスティック・プライベート戦略関連の共同統括者。クレジット・リサーチ・グループでは投資適格債券、ハイイールド債、銀行証券、及び転換社債等、あらゆる種類の社債を対象に調査を行っている。また、モーゲージ債、不動産、金融専門会社、スペシャルシチュエーション、企業の正常債権などを投資対象とするPIMCOの一連のプライベート・クレジット運用に、シニア・ポートフォリオ・マネージャーとして携わっている。こうしたポートフォリオ運用以外に、PIMCOのエクゼクティブ・コミッティのメンバーでもある。2008年にPIMCOへ入社する前はCreditSightsにてシニア・クレジット・ストラテジストを務め、それ以前はコメルツバンク証券でラテンアメリカ地域債券戦略の統括者として勤務、ドイツ銀行ではラテンアメリカ自国通貨建て債券戦略を統括した。投資業務経験21年。 シカゴ大学より学士号を取得。