フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    Viewpoints
    Financial Institutions
    Education
    Japanese Blog
    Update
    Blog
    Contribution Article
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
  • PIMCOの視点
  • 2020
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
The Global Credit Outlook: Finding Opportunities in Public and Private Credit Amid an Uncertain Recovery
PIMCOの視点

不透明な回復局面におけるパブリック(公開)・プライベート(非公開)クレジット市場での投資機会

不透明な回復局面におけるパブリック(公開)・プライベート(非公開)クレジット市場での投資機会

バリュエーションは3月に達した過去最低の水準から回復していますが、市場価格に歪みが生じた結果、パブリックとプライベートのクレジット市場ではいずれも魅力的な投資機会が生じています。

20 Years of PIMCO’s Investment Grade Credit Bond Strategy
運用戦略

何十年も数々のクレジット・サイクルを乗り越えてきた実績(video)

何十年も数々のクレジット・サイクルを乗り越えてきた実績

グローバル・クレジット担当の最高投資責任者(CIO)マーク・キーセルが、PIMCOのクレジット投資の体制と、長期的に超過収益の提供を可能とする強みについてご説明します。

「不安定な市場環境での投資」 その他のレポートはこちら

PIMCOの視点

PIMCOのクレジット市場についての見方(video)

PIMCOのクレジット市場についての見方

PIMCOグローバル・クレジット担当 最高投資責任者(CIO)のマーク・キーセルが、変化する経済環境におけるクレジット市場のプライシングと、PIMCOが投資機会を見い出し始めている分野についてご説明します。

債券の銘柄選択

債券の銘柄選択: すべての市場で動ける準備を(video)

債券の銘柄選択: すべての市場で動ける準備を

グローバル・クレジット担当CIOであるマーク・キーセルが、PIMCOのポートフォリオ・マネージャーがどのようにボトムアップ・プロセスから銘柄選択をし、今後有望と見られるグローバルな消費関連を含むすべての市場で動ける準備をしているのかについてご説明いたします。

Mark Kiesel and Anna Dragesic

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Mark R. Kiesel

グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)


マーク・R・キーセル
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO) ニューポートビーチを拠点とする、グローバル・クレジット担当の最高投資責任者(CIO)であり、マネージング・ディレクター。インベストメント・コミッティーのメンバー、ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャー、社債ポートフォリオ運用のグローバル統括責任者を務め、投資適格社債、ハイイールド債、バンクローン、地方債、保険ビジネスおよびクレジット・リサーチを統括する。2012年、米国モーニングスター社より年間最優秀債券マネージャー賞を受賞、2010年と2017年はファイナリストに選出された。グローバル・クレジット市場に関する執筆が多数あり、PIMCOのGlobal Credit Perspectivesを創刊した。金融メディアに定期的に登場。1996年にPIMCOに入社し、現在の職務に携わるまでは、PIMCOの投資適格社債業務のグローバル統括責任者や、シニア・クレジット・アナリストを務めた。投資業務経験27年。 ミシガン大学にて学士号を取得後、シカゴ大学ビジネススクールにてMBAを取得。