PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
日付で探す
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
運用戦略

債券の銘柄選択: すべての市場で動ける準備を

債券の銘柄選択: すべての市場で動ける準備を

グローバル・クレジット担当CIOであるマーク・キーセルが、PIMCOのポートフォリオ・マネージャーがどのようにボトムアップ・プロセスから銘柄選択をし、今後有望と見られるグローバルな消費関連を含むすべての市場で動ける準備をしているのかについてご説明いたします。

運用戦略

コア債券の活用によるバランス修復

コア債券の活用によるバランス修復

足元のボラティリティ上昇はコア債券の中核的役割を再認識するきっかけになるでしょう。米国コア戦略担当CIOのスコット・マザー アセットアロケーションおよびリアル・リターン担当CIOのミヒル・ウォラー グローバル・クレジット担当CIOのマーク・キーセルが、先行きのリスクを見据えて分散を図る多くの投資家にとってのコア債券の重要性を説明します。

運用戦略

トータル・リターン戦略:不確実な市場に備えた確固たる基盤

トータル・リターン戦略:不確実な市場に備えた確固たる基盤

PIMCOのトータル・リターン戦略を担うポートフォリオ・マネージャーが、長年にわたりコア債券戦略を推進してきたプロセスと、今後待ち受けるリスクに備えて、どのように戦略を運用していくのかをご説明します。

グローバル・クレジット展望

変化を乗り切る: 高格付けクレジット、専門金融会社、モーゲージ債への投資機会​

変化を乗り切る: 高格付けクレジット、専門金融会社、モーゲージ債への投資機会​

​​トランプ政権の誕生や米国以外の主要国における世論の変化が新しい投資機会とリスクを生み出すなど、グローバル経済は大きく変わりつつあります。金融市場では、レフト・テール(ネガティブ)リスクとライト・テール(ポジティブ)リスクがともに高まっています。新しい環境を適切に乗り切るためには、規律、胆力、卓越したリスク管理技術が必要になるでしょう。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Mark R. Kiesel

グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)


マーク・R・キーセル
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO) ニューポートビーチを拠点とする、グローバル・クレジット担当の最高投資責任者(CIO)であり、マネージング・ディレクター。インベストメント・コミッティーのメンバー、ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャー、社債ポートフォリオ運用のグローバル統括責任者を務め、投資適格社債、ハイイールド債、バンクローン、地方債、保険ビジネスおよびクレジット・リサーチを統括する。2012年、米国モーニングスター社より年間最優秀債券マネージャー賞を受賞、2010年と2017年はファイナリストに選出された。グローバル・クレジット市場に関する執筆が多数あり、PIMCOのGlobal Credit Perspectivesを創刊した。金融メディアに定期的に登場。1996年にPIMCOに入社し、現在の職務に携わるまでは、PIMCOの投資適格社債業務のグローバル統括責任者や、シニア・クレジット・アナリストを務めた。投資業務経験25年。 ミシガン大学にて学士号を取得後、シカゴ大学ビジネススクールにてMBAを取得。