PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
インベストメント・コミッティー

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

グループCIOのダニエル・アイバシンが、低金利時代の投資、エマージング市場での投資機会、そしてPIMCOが長期的な見方に立ったアプローチを重視する理由についてご説明します。

PIMCOの視点

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

向こう35年に投資家は何を期待できるでしょうか。グループCIOのダン・アイバシンとグローバル・エコノミック・アドバイザーのヨアヒム・フェルズが、向こう35年の経済及び市場の状況と投資家が考慮すべきことについて論じます。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Daniel J. Ivascyn

PIMCOグループ最高投資責任者(グループ CIO)


ダニエル・アイバシン
ニューポートビーチを拠点とするグループ最高投資責任者(グループ CIO)であり、マネージング・ディレクター。PIMCOのインカム戦略およびクレジット・ヘッジファンドとモーゲージ担保証券(MBS)のオポチュニスティック戦略のリード・ポートフォリオ・マネージャーも務める。PIMCOのエグゼクティブ・コミッティーのメンバーでもあり、インベストメント・コミッティーのメンバーも務める。2013年米国モーニングスター社より最優秀債券マネージャーを受賞。2019年には、米国債券アナリスト協会が債券運用において輝かしい功績を遺した人物を称える「債券の殿堂」の一人として選ばれました。1998年にPIMCOへ入社する以前は、ベア・スターンズのABSグループに勤務し、さらにそれ以前はT.ロウ・プライスやフィデリティ・インベストメンツにも勤めた。投資業務経験28年。シカゴ大学ビジネススクールにて分析ファイナンスのMBAを取得。オクシデンタル・カレッジにて経済学学士号取得。