PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
日付で探す
  • 2018
  • 2017
  • 2016
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
インベストメント・コミッティー

攻めの姿勢を整えながらボラティリティを乗り越える

攻めの姿勢を整えながらボラティリティを乗り越える

グループ最高投資責任者(CIO)のダニエル・アイバシンが、市場のボラティリティ、金利・インフレ動向、グローバル市場における魅力的な投資機会に関するPIMCOの現在の見解をご説明します。

注目の運用戦略

バリュエーションが割高な局面における緩やかなリスク削減:インカム投資家に適したバリューの追求

バリュエーションが割高な局面における緩やかなリスク削減:インカム投資家に適したバリューの追求

市場の調整局面に備えて、ポートフォリオのリスクを徐々に削減すべきタイミングであるとみています。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Daniel J. Ivascyn

グループ最高投資責任者(グループ CIO)


ダニエル・J・アイバシン
グループ最高投資責任者(グループ CIO) ニューポートビーチを拠点とするグループ最高投資責任者(グループ CIO)であり、マネージング・ディレクター。PIMCOのインカム戦略およびクレジット・ヘッジファンドとモーゲージ担保証券(MBS)のオポチュニスティック戦略のリード・ポートフォリオ・マネージャーも務める。PIMCOのエグゼクティブ・コミッティーのメンバーでもあり、インベストメント・コミッティーのメンバーも務める。2013年米国モーニングスター社より最優秀債券マネージャーを受賞。1998年にPIMCOへ入社する以前は、ベア・スターンズのABSグループに勤務し、さらにそれ以前はT.ロウ・プライスやフィデリティ・インベストメンツにも勤めた。投資業務経験26年。シカゴ大学ビジネススクールにて分析ファイナンスのMBAを取得。オクシデンタル・カレッジにて経済学学士号取得。