PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
日付で探す
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
インベストメント・コミッティー

債券市場ではなおも防御が最大の攻撃

債券市場ではなおも防御が最大の攻撃

ポートフォリオでは徐々にリスクを積み増しながらも、今後の不透明な環境下で守りの姿勢を維持している理由について、 グループ最高投資責任者(グループCIO)のダン・アイバシンがご説明いたします。

注目の運用戦略

PIMCOインカム戦略アップデート:ボラティリティを投資機会に変える

PIMCOインカム戦略アップデート:ボラティリティを投資機会に変える

当戦略は世界の様々な債券セクターに分散投資することで、ボラティリティが急上昇した際にも守りの姿勢をとることができるようになっています。

インベストメント・コミッティー

ボラティリティに希望の光あり

ボラティリティに希望の光あり

高まる市場ボラティリティを活かすには、投資家は忍耐強く、守りを固めつつ、柔軟な姿勢を取ることが必要です。グループCIO、ダニエル・アイバシンがご説明します。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Daniel J. Ivascyn

グループ最高投資責任者(グループ CIO)


ダニエル・J・アイバシン
グループ最高投資責任者(グループ CIO) ニューポートビーチを拠点とするグループ最高投資責任者(グループ CIO)であり、マネージング・ディレクター。PIMCOのインカム戦略およびクレジット・ヘッジファンドとモーゲージ担保証券(MBS)のオポチュニスティック戦略のリード・ポートフォリオ・マネージャーも務める。PIMCOのエグゼクティブ・コミッティーのメンバーでもあり、インベストメント・コミッティーのメンバーも務める。2013年米国モーニングスター社より最優秀債券マネージャーを受賞。1998年にPIMCOへ入社する以前は、ベア・スターンズのABSグループに勤務し、さらにそれ以前はT.ロウ・プライスやフィデリティ・インベストメンツにも勤めた。投資業務経験27年。シカゴ大学ビジネススクールにて分析ファイナンスのMBAを取得。オクシデンタル・カレッジにて経済学学士号取得。