コンテンツ を探す
  • 経済・マーケット関連
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
autumn Fed building
PIMCO 2017 Secular Forum Preview
eagle statue above Federal Reserve
短期経済展望

グローバル経済は収斂、金融政策は二極化

グローバル経済は収斂、金融政策は二極化

12月初旬に開催した短期経済予測会議(シクリカル・フォーラム)では、世界各地からPIMCOの投資プロフェッショナルがニューポートビーチに集まり、向こう1年間の投資に重要な意味を持つとPIMCOが考えるトレンドを見出すべく、グローバルな市場と経済の状況を議論しました。PIMCOの短期的なベースライン・シナリオでは、米連邦準備制度理事会(FRB)が緩やかな利上げサイクルを開始する一方で他の主要中央銀行は緩和政策を継続することから、2016年は中央銀行の政策が二極化する公算が大きいものの、主要国の経済成長率は引き続き収斂すると予想しています。向こう1年間は、FRBの政策、コモディティ価格、エマージング市場の先行きが運用成果にとって重要になる可能性が高いといえます。短期的には、ポートフォリオにおいて、ボラティリティの上昇に備え、そこから収益の獲得を目指す方針です。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Richard Clarida

元グローバル戦略アドバイザー、2006~2018年


リチャード・クラリダ 
2018年に米連邦準備理事会(FRB)副議長に任命される前は、クラリダ氏はPIMCOのグローバル戦略アドバイザーおよびマネージング・ディレクターを務めた。2006年にPIMCOに入社後は、グローバルな金融および財政政策動向を評価・分析し、PIMCOの投資プロセスに多くの助言をした。また、多数の中央銀行および政府系ファンド(SWF)顧客を幅広く担当し、信頼される顧問として貢献した。PIMCOに入社する以前は、ワシントンにて米財務省で財務次官補として豊富な経験を積み、コロンビア大学の経済学部の学部長を務めたほか、クレディ・スイスとグロスマン・アセット・マネジメントに勤務するなど幅広く活躍した。 ハーバード大学より経済学博士号を、イリノイ大学より、成績上位3%(ブロンズ・タブレット・アワード)で学士号を取得。