PIMCOの視点

短期市場におけるハーモニーの追求

最近の短期市場のボラティリティ上昇は、いずれ、キャッシュ(現金同等物)運用により魅力的なインカム獲得の機会をもたらすでしょう。

楽においては、二人のボーカルが極上のハーモニーを生み出すことができます。投資においては、二つの要因がハーモニーを奏で、構造的なトータルリターンを生みだすことが可能です。

しかし、2022年第1四半期、債券市場を観察する多く投資家は、トータルリターンを生み出す値上がり益とキャリー/インカムの伝統的な「デュエット」に、疑問に感じるようになっています。短期債券においてトータルリターンがマイナスとなり—不確実性により、通常は安定的な短期金利の指標にボラティリティが高まり(図表1参照)—不協和音が生じています。

図表1は、2016年3月から2022年4月21日までの、2年物米国債利回りの日次ボラティリティを示したものです。その期間における1日の利回り変化の平均は2.1ベーシスポイント(bps)ですが、2022年は特にロシア・ウクライナ戦争が始まって以来ボラティリティは大きく上昇し、2月および3月には-13bpsから+22bpsまで幅が広がり、2020年3月のパンデミックによるロックダウン開始以降で最大の振れ幅となりました。

短期債市場でアクティブ運用を行う当事者から見れば、そのデュエットの組み合わせは依然として有効ですが、ただ、現在目にしている金利の変動が、常に高いスポット金利を提供してくれるわけではありません。少なくとも今のところはそうです。とはいえ、フォワード金利は上昇し、いずれキャリーが発生する兆候を示しており、今日の市場環境は、より多くのインカムを投下資本から構造的に獲得できる、守りを重視した資産配分を投資家に提示しているのかもしれません(債券ポートフォリオにおいて、その意味で、キャリーはさまざまな獲得源から得られる潜在的なインカム、すなわち利回りです)。

短期年限の債券はバランスの取れたアプローチを提供

現在の市場環境は、キャッシュ運用の投資家が今後より多くのインカムを獲得できるよう、これまで金利上昇から取り残されていた伝統的な貯蓄手段から踏み出す機会を提供しています。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げに対する、最近の市場の期待がイールドカーブに反映されていると考えると、昨今の米国短期年限の利回り調整により、投資家に魅力的なキャリーとインカム獲得の選択肢が生まれています。すなわち、現在利回り約2.5%の2年債の保有は、2年続けてその利回りが獲得できることを意味するだけでなく、(その債券を特定銘柄取引やマイナス金利でレポ市場に出し、さらにインカムを獲得するという機会を考慮しなくても、)1年後のブレークイーブン1年利回りが3.3%にもなることを意味しています。つまり、もし1年後に1年物の利回りが3.3%であれば、フォワード金利が実現し資金の損失はありませんし、1年物利回りが3.3%よりも低ければ、デュレーションのエクスポージャーで利益を得たことになります。デュレーションによる喪失を免れる金利は、現在、相対的に高くなっています。現在の利回り、具体的には平均満期が約2年かそれ未満の高格付けの債券のインプライド・フォワード金利は、金利リスクに対するエクスポージャーを大きく増やすことなく、インカムを求める投資家に魅力的な運用の機会を提供可能です。

このように、短期年限の債券は至って妥当な利回り水準になっています。

図表2は1年後の米国債1年利回りを示したものです。2021年10月までは、ほぼ0.5%未満でした。それ以降は一貫して上昇し、2022年4月21日には3.41%まで上昇しています。

すべてのキャッシュ類似投資に、同様の投資機会が見られるわけではない:伝統的な現金管理のアプローチを制限する二つの際立ったテーマ

今年の短期債市場におけるハーモニーの欠落にはさまざまな要因がありますが、その幅広い要因のなかから、念頭に置くべきテーマを二つに絞ると、以下のようになります。 

最短期年限の利回り欠如は継続:

  • 銀行の預金金利は上げ渋るでしょう。 銀行は過剰な超過準備預金を抱えている状態で、資金調達のために市場金利を支払う必要はまったくありません。実際に、銀行はそのような超過準備預金を減らすため、特に法人預金については、マネー・マーケット・ファンドやその他のキャッシュ代替投資への乗り換えを歓迎しており、預金金利を低く抑えることで、そのような動きを奨励するでしょう。金融システムに残っている超過準備預金総額の水準を考えると、来年、預金金利はそれほど大きく上昇するとは考えられません。 
  • 特に期日の短い米国財務省短期証券(Tビル)は、連邦公開市場委員会の目標金利に比べ相対的に低水準で取引されています。言い換えれば、それらは割高だと考えています。Tビルは質の高い安定性を提供してくれますが、次の二つの状況から割高とみられます。(1)満期が6週間未満のTビルが、FRBのリバースレポ制度の金利0.3%以下で取引され、(2)需要が供給を上回ったことから翌日物インデックス・スワップ(OIS)と比べ、過去15年以上で最も低い利回り水準で取引されています。また、税収の季節性により、Tビルの供給は減少する傾向があります。同時に、FRBはそのおよそ3,000億ドルのTビルのポートフォリオを、満期を迎えるクーポンの額が上限に届かない場合にのみ減額させようとしており、(積極的というよりも)徐々に縮小していることから、この供給ギャップの一部を埋めることを躊躇しているようにみられます。
  • マネー・マーケット運用はこれまでFRBの利上げを後追いする傾向がみられます。 マネー・マーケット運用は、利上げ受容に極端な受け身のアプローチをとり、運用会社が低金利環境下で放棄していた手数料を再び要求し始めると考えられることから、2015年の利上げサイクルの時のように、向こう数カ月は政策金利の上昇幅を0.5%以上後追いする可能性が高いとみられます。
  • (運用側の)レポ取引金利は低位にとどまるでしょう。 この数週間、翌日物のレポ金利(担保付き翌日物資金調達金利、SOFR)は、現在0.3%のFRBの超過準備預金金利(IOER)の目標金利よりも低い利回りで取引される傾向にあります。これは、経済的に不利な利回りでも、安全性を追求する資金が存在する証拠だと考えています。マネー・マーケット市場の投資家や運用会社は、最短のデュレーションを選ぶことによって、リスク回避のためのコストを支払っているように見えます。

変化する流動性コストに要注意

変化する市場流動性に対する懸念は拡大し、取引コストが上昇するなか、投資家はリスクを再配分し、保有期間の長期化が必要になる可能性もあることから、コストを意識する必要があります。

  • 超過準備預金はその行き先を探していますが、流動性コストと環境は厳しい状況が続いています。FRBによるリバースレポ(RRP)利用拡大により、金融システムから流動性と準備預金が減少しています。リバースレポの利回りが、信用リスクのない大半の短期資産の利回りを上回っているため、その利用額は過去最高水準の1.7兆ドルほどに高止まりしています。
  • 取引コストは上昇しています。 相対的な投入資本コストも上昇しています。ボラティリティが増した今後の金利上昇環境において、投資家の保有期間は伸びるかもしれません。

キャッシュやショート・ターム運用の投資家にとって、トータルリターンを生み出す値上がり益と、今後数カ月先のキャリーを伴う投資機会により、短期運用市場のハーモニーは戻ると考えています。

こうした要因の多くは守りの姿勢を取る投資家にとって、今後数四半期も引き続き考慮すべき材料になるでしょう。しかしながら、債券によるインカム獲得は、高まるリスクとボラティリティを落ち着かせるメロディーに感じられ始めるかもしれません。途方もない超過準備預金の大きさを考えると、数カ月のうちに発生するFRBのバランスシート縮小は、金融システムに巨大な影響を及ぼすとみられ、そうした過度に守備的になることの代償が投資家の大きな重石になり得ることから、むしろ伝統的な流動性管理の制約を広げることを検討し始めても良いのかもしれません。


(英語版は2022年4月25日に発行)

著者

Jerome M. Schneider

ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者

プロフィールを見る

Latest Insights

ご留意事項

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行体、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落します。低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。ソブリン債は一般的には中央政府によって発行され、保証されています。米国政府機関の債務は米国政府からさまざまな形で支援を受けていますが、政府による全面的な保証は付与されないことが一般的です。こうした証券に投資するポートフォリオに対する保証はなく、ポートフォリオの価値は変動します。特定の米国債には完全な政府保証が付与されています。米国政府機関の債務は米国政府からさまざまな形で支援を受けていますが、政府による全面的な保証は付与されないことが一般的です。こうした証券に投資するポートフォリオに対する保証はなく、ポートフォリオの価値は変動します。

金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に相応しいという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。

ここでの「割安」、「割高」という用語は、当該証券や資産クラスの長期平均並びに運用担当者の将来予想価格を大幅に下回る、あるいは上回るという意味で使われています。将来の運用成果や、証券の評価による利益の確定または損失の回避が保証されるものではありません。

PIMCOは法律及び税金に関する助言はご提供しておりません。税金及び法律に関する具体的な質問や問題につきましては、税金及び法律の専門家にご相談ください。

インデックスに直接投資することはできません。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。個人投資家は、個人の経済状況に応じた最も相応しい投資の選択肢を決めるため、金融の専門家にご相談ください。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資の助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品を推奨することを目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。本資料の著作権はPIMCOに帰属します。 ©2022,PIMCO.(注)PIMCOはパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーを意味しその関係会社を含むグループ総称として用いられることがあります。

ピムコジャパンリミテッド
東京都港区虎ノ門4-1-28虎ノ門タワーズオフィス18階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第382号 加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会