PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
  • PIMCOブログ
日付で探す
  • 2019
  • 2018
  • 2016
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
行動科学からの洞察

キャッシュと短期運用において構造的バイアスを克服する方法

キャッシュと短期運用において構造的バイアスを克服する方法

行動科学は、特に今日の景気サイクル終盤の局面で誤った投資判断に陥りがちとなる、バイアス(先入観)の特定に役立つ可能性があります。

運用戦略

短観:ポートフォリオのリスク削減によりリターンも改善されるのか

短観:ポートフォリオのリスク削減によりリターンも改善されるのか

ショート・ターム運用は、インカムの獲得とポートフォリオのリスク削減を考える投資家に魅力的な投資機会を提供してくれるでしょう。ポートフォリオマネジャーのジェローム・シュナイダーが、同アセットクラスへの投資が消極的なアセットアロケーション以上の意味がある理由をご説明します。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

Jerome M. Schneider

ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者


ジェローム・M・シュナイダー
マネージング・ディレクター ニューポートビーチを拠点とするショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者。2015年米モーニングスター社より年間最優秀債券マネージャー賞を受賞。2008年にPIMCOへ入社する以前はシニア・マネージング・ディレクターとしてベア・スターンズに勤務。同社でクレジット、モーゲージ関連の資金調達取引を担当し、またレポ資金取引を行った最初の会社の1つとして発展していく中で大きな貢献をした。さらにベア・スターンズでは地方債および債券デリバティブのトレーディング・デスクにてさまざまな職務に就いた。投資業務経験22年。 ペンシルベニア大学より学士号、ニューヨーク大学スターン・ビジネススクールにてMBAを取得。