PIMCOブログ

短期経済展望の主な結論:急速に進む景気サイクル

長期的な視点と厳格なポートフォリオ構築のアプローチは、景気サイクル中期の拡大局面において、投資家が不確実性を乗り越えるのに役立つと考えられます。

の1年、世界経済の多くは、景気サイクル初期の回復局面からサイクル中期の拡大局面へと急速に移行し、市場、経済、地域社会では不確実性が継続的なテーマになっています。

2022年1月の 短期経済展望急速に進む景気サイクル」では、向こう1年の見通しに影響を与える世界の経済、政策、投資セクターの主要なトレンドと、ハイレベルのポートフォリオ戦略についてご説明しています。本稿ではその要約をお伝えします。

経済見通し:ボラティリティと不確実性の増大

2021年も世界的に力強い回復が続きましたが、地域やセクターによってばらつきが見られました。全体として、近代史上、最大規模の景気後退の中、需要を下支えするための政府の政策が最速ペースの回復をもたらしたと言えるでしょう。このトレンドは、経済サイクルの期間が短く、振れ幅が大きく、国によって大きなばらつきが出る不確実性と変動性の高いマクロ経済環境を予測するPIMCOの長期見通しと一致しています。

パンデミックによる最大の経済的影響が過去のものになりつつある中、政策支援、ひいては実質GDP成長率も2021年にピークに達した公算が高いと言えます。PIMCOでは、先進国のGDP成長率は2021年の年平均5.0%のペースから2022年には4.0%に減速すると予想しています。

景気回復のスピードと新型コロナウイルスの不安定な行く末が相まって、財と労働の両市場に大きな摩擦を引き起こし、インフレを亢進させています。先進国のインフレ率は、2022年末には各中央銀行の目標水準に向かって緩和されると予想しており、2021年第4四半期に5.1%のピークをつけたと見ています。

最近のインフレのオーバーシュートの大きさと持続性から、PIMCOでも先進国の利上げサイクルの開始時期が早まると予想し、多くのエマージング諸国の最終的な利上げ水準についても予想を引き上げました。

PIMCOの2022年の見通しでは大枠として、(減速しているとはいえ)トレンドを上回る成長と、インフレの緩和を背景に、先進国の金融状況は引き続き段階的に引き締まっていくと予想しています。しかしながら、この基本シナリオには重要なリスクが三つあり、投資家にとって全般に不確実性の高い環境になっていると見ています。具体的には、インフレが持続的に上昇する可能性、新型コロナの変異株による感染者の急増、そして金融環境が予想以上に急速に引き締まる可能性が挙げられます。

投資の結論

こうしたリスクがあるにもかかわらず、市場は中央銀行が大幅な利上げをすることなく、どうにかソフトランディングを達成するという、晴天のシナリオを織り込んでいるようです。とはいえ、歴史を振り返ると、金融政策の転換期には時に「何かが起こる」ことを想起させてくれます。

リスクプレミアムや利回りは、潜在的な下方シナリオを反映していないため、ポートフォリオ構築にあたっては注意が必要であり、厳格なアプローチが求められると考えています。

デュレーションとイールドカーブのポジショニング

利回り曲線に組み込まれたリスクプレミアムが少ないことを主な理由に、全般にデュレーションをアンダーウエイトとする方針です。ボラティリティが上昇する可能性を踏まえ、アクティブなデュレーション管理が、過去に比べてより重要なアルファ(超過収益)の源泉になりうると予想しています。デュレーションは、投資ポートフォリオにおいてよりリスクの高い構成要素のバランスを取る分散手段として機能していると考えています。ただし、相関関係が変化する可能性には注意しています。

イールドカーブについては、スティープ化のポジショニングに傾いていますが、何十年にもわたってスティープ化を支えてきた構造的影響が弱まっていることを示す証拠があることから、通常よりも若干少なめです。カナダ、英国、ニュージーランド、オーストラリアのイールドカーブに沿ったエクスポージャーを取るなど、カーブのポジショニングの分散に好機があると見ています。

クレジット

クレジットはオーバーウエイトとしますが、重要な注意点があります。1つは、クレジット・スプレッドがさらに縮小する可能性が低いことから、クレジット・エクスポージャーの源泉の多様化を図ること、そして、そのエクスポージャーの中で、現物社債の占める割合を小さくすることです。

クレジット市場では、個別の銘柄選択が引き続きリターンの牽引役になる可能性が高いと予想しています。PIMCOでは、小幅ながら厳選した新型コロナの回復テーマ(ホテル、航空宇宙、観光)、金融企業、さらには直近の長期経済展望「変革への備え」で特定した大きな変革の恩恵を受けられるセクターに投資しています。また、多くのストラクチャード商品や、米国の非政府系モーゲージ債(MBS)などの資産担保証券にも投資機会があると考えています。

株式市場

グローバル株式については、減速しつつもプラスの業績を背景に建設的な見方をしています(詳細は、直近のアセットアロケーション展望をご覧ください)。とはいえ、景気サイクルの終盤のダイナミクスに備え、銘柄選択をより重視しています。景気サイクルの終盤では、過去と同様に、大企業や信用力の高い企業がアウトパフォームすると考えています。また、価格決定力のある企業が恩恵を受ける可能性が高いでしょう。半導体セクターは、長期的にアウトパフォームする可能性があります。デジタル化や脱炭素社会に向けた多くの対策など、長期経済展望で論じた変革のテーマに関連した旺盛な需要の恩恵受けることが理由です。

エマージング市場

エマージング諸国の自国通貨建て債、外貨建て債については、特に米国の金融政策が引き締まる中で、変動の激しい資産クラスへの投資には多くのリスクが伴う点に留意しています。それでも、分散されたポートフォリオの文脈で、現物社債への投資を減らしたいと考えているため、エマージング諸国に魅力をもたらす多くの要因に注目しています。

コモディティ市場

エネルギー価格については、相対的に前向きな見方をしています。ただ原油価格の上昇は米国のエネルギー生産の増加に伴い抑えられると見ています。天然ガス価格は好調な輸出に支えられていますが、米国の増産を受けて2022年の見通しには慎重になっています。PIMCOでは、ブラウンからグリーンへの変革に力強く支えられると見込まれるキャップアンドトレードの排出権取引市場に魅力を感じています。

向こう1年の世界経済展望と投資への意味合いの詳細は、短期経済展望「急速に進む景気サイクル」の全文をご覧ください。

ティファニー・ウィルディングは、PIMCOの北米担当エコノミスト。トニー・クレセンツィはマーケット・ストラテジスト兼ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャー。アンドリュー・ボールズはPIMCOのグローバル債券担当の最高投資責任者(CIO)。

著者

Tiffany Wilding

北米担当エコノミスト

Tony Crescenzi

マーケット・ストラテジスト

Andrew Balls

グローバル債券担当最高投資責任者(CIO)

関連コンテンツ

ご留意事項

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行体、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落します。低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。コモディティは市場、政治、規制、自然などの条件により高まるリスクを伴い、全ての投資家に適しているとは限りません。株式の価値は一般的な市場、経済、産業の実体と見込み両方の状況によって減少する可能性があります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。モーゲージ担保証券と資産担保証券は金利水準に対する感応度が高い場合があり、期限前償還リスクを伴い、また、発行体の信用力に対する市場の認識に応じてその価格は変動する可能性があります。また、一般的には政府または民間保証機関による何らかの保証が付されていますが、民間保証機関が債務を履行する保証はありません。政府系および非政府系モーゲージ担保証券は、米国で発行されたモーゲージ債を指しています。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

アルファとは、リスク調整後の運用成績を計る指標であり、ポートフォリオのリスク調整後の運用成績のボラティリティ(価格変動リスク)とベンチマーク・インデックスを比較することによって求められます。つまり、ベンチマークに対する超過リターンがアルファを構成します。アルファはプラスの場合もマイナスの場合もあります。

本資料に含まれる予測や推計及び特定の情報は独自のリサーチを基としており、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。予測や推測は本質的な限界があり、実際のパフォーマンス・レコードとは異なり、現実の取引や流動性の制約、手数料およびその他の費用が反映されていません。さらに、将来の成果に関する記述は、お客様のポートフォリオの運用成果の見込みや保証をするものではありません。

金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に相応しいという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。
本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資の助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品を推奨することを目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。本資料の著作権はPIMCOに帰属します。 ©2021,PIMCO.(注) PIMCO はパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーを意味し、その関係会社を含むグループ総称として用いられることがあります。