アクティブ投資家に
アクティブなクレジット ソリューションを

何十年も数々のクレジット・サイクルを乗り越えてきた実績

in-page

クレジット投資を支持する根拠

クレジット投資は、リターンを生み出す優れた投資機会を長期投資家にご提供します。

投資機会を捉える

高い市場ボラティリティ

ボラティリティの上昇により、さまざまなクレジット市場で長期的な投資機会が生まれています。充実した分析・リサーチの能力と、柔軟性を持つ経験豊かな運用会社が、それらをうまく捉えることができます。

リターンを高める

低金利

長引く低金利環境のなかで、クレジットには魅力的な利回りが期待できます。PIMCOはタクティカルな投資機会を捉えるアクティブ運用によって、数十年にわたりお客様に力強いリスク調整後のリターンを提供してきました。

リスクを抑える

高い不確実性

ダウンサイドリスクの可能性を減らすには、分散と慎重さが極めて重要です。PIMCOの投資プロセスでは、この二つのアプローチを重視してきました。

PIMCOのクレジット戦略

PIMCOは幅広いクレジット戦略をご提供しています。

世界のクレジット市場における最大級の投資家として、PIMCOは公募、私募の両市場に投資するクレジット戦略を幅広く取り揃えています。

インカム戦略

PIMCOの実績ある経済予測に基づくトップダウン・アプローチと、多種多様な債券セクターのスペシャリストが投資対象を厳選するボトムアップ・アプローチの融合により、相対的に高い利子収入(インカム)の安定的な追求(攻め)を軸としながら、投資元本の保全(守り)と成長性も重視した運用を行います。

投資適格債戦略

PIMCOの長期を見据えた卓越したマクロ経済見通しと、広範囲に及ぶボトムアップのクレジット・リサーチの融合により、質の高い社債への投資機会を投資家の皆様にご提供しています。

クレジットに投資する多種多様なオルタナティブ投資戦略

PIMCOは債券アクティブ運用会社として50年近くわたりさまざまな市場環境を数多く経験し、投資家にアルファを提供してきました。この過程で培われた分析力、専門性を活かし、PIMCOのオルタナティブ専任投資チームは、過去15年以上にわたり新しい潜在的な投資機会へのアクセスを投資家の皆様にご提供しています。

クレジットの運用能力

PIMCOのクレジット投資の専門性とアプローチ

世界のクレジット市場における最大級の投資家であるPIMCOは、先を見通す360度アプローチにより、クレジット投資の機会を市場に先駆けて見出すよう努めています。

cityscape outline

規模と広がり

1971年設立。資産運用総額1.78兆ドル1うちクレジット特化戦略の運用資産総額は3,794億ドルに上ります(2020年3月31日現在)。

processor line-drawing

リサーチと分析

総勢125人を超えるクレジット専任のポートフォリオ・マネージャーと企業アナリストおよびポートフォリオ・アナリストが、信用分析における総合的なファンダメンタルズ分析を行っています。

globe outline

市場価値の特定

複雑な資本構造を分析し、非効率的な市場に着目して、価格上昇が期待できる投資機会と資産をアクティブに見つけ出します。

クレジットについて詳しく知る

フィルターの条件:
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
受信する プロダクトを見る
Across the Spectrum: Understanding Public and Private Credit
APAC Banking Sector Study: Identifying the Most Resilient Countries
PIMCOの視点

アジア太平洋地域の銀行セクター調査:最も抵抗力のある国を求めて

アジア太平洋地域の銀行セクター調査:最も抵抗力のある国を求めて

PIMCOのストレステストにおいて、日本、韓国、中国の銀行は、インド、オーストラリアの銀行に比べて、
総じて良好な財務状態を維持するという結果となりました。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる

ご留意事項

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。

ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。コモディティは市場、政治、規制、自然などの条件により高まるリスクを伴い、全ての投資家に適しているとは限りません。為替レートは短期間に大きく変動する場合があり、ポートフォリオのリターンを減少させる可能性があります。デリバティブ商品とモーゲージ関連商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、さらに流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。株式の価値は一般的な市場、経済、産業の実体と見込み両方の状況によって減少する可能性があります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。 また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。

金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれ、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。投資判断にあたっては、必要に応じて金融またはその他の専門家にご相談ください。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。