世界の実績を日本へ

PIMCOのインカム戦略。国内資産残高1.30兆円突破

PIMCOインカム戦略とは?

  • PIMCOの実績ある経済予測に基づくトップダウン・アプローチと、多種多様な債券セクターのスペシャリストによる投資対象の厳選(ボトムアップ・アプローチ)を融合して投資のベストアイデアを体現する、アクティブ債券運用戦略

  • 相対的に高い利子収入(インカム)の安定的な追求(攻め)を軸としながら、投資元本の保全(守り)と成長性も重視する

  • 米国金利が上昇基調のなか、債券に投資をしながら金利上昇への耐性も持ちたい投資家のコア資産の一つになりうる運用

上記はイメージ図です。

世界の債券市場が投資対象

上記はイメージ図です。

投資する資産の主な種類と特徴

  • 米国政府関連債:信用力と安全性が高く、利回りが低くなる傾向。
  • 米国政府系住宅ローン担保証券:信用力は高いが、期限前償還リスクがあり、他の高格付け債券より利回りが高くなる傾向。
  • 米国非政府系住宅ローン担保証券:同政府系と比べ信用力が低く、利回りが高くなる傾向。変動金利が多い。
  • 投資適格社債:企業が発行する債券のうち、格付けがBBB格以上のもの。信用力と安全性が高く、利回りが低くなる傾向。
  • ハイイールド社債:企業が発行する債券のうち、格付けがBB格以下のもの。信用力は低いが、利回りが高くなる傾向。
  • バンクローン:銀行等が、主に格付けがBB格以下の企業に対して行うローン。通常、優先担保が設定されており、社債等と比較して弁済順位が高い。変動金利が多い。
  • 先進国債券:先進国の政府や政府機関、企業が発行する債券。新興国債券と比べて信用力が高く、利回りが低くなる傾向。
  • 新興国債券:新興国の政府や政府機関、企業が発行する債券。先進国債券と比べて信用力が低く、利回りが高くなる傾向。

上記は主な投資対象を挙げたものであり、すべての資産を記載しているものではありません。

PIMCOインカム戦略の債券種別配分の推移

PIMCOのマクロ経済分析能力を活かし、信用力が高い資産による「守り」と、高利回りで景気回復の恩恵を期待できる「攻め」の配分を機動的かつ柔軟に調整します。

詳しくはPDFを見る

PIMCOインカム戦略の運用残高

世界をリードする債券運用会社であるPIMCOは、世界の様々な債券セクターをカバーするグローバルな運用体制を有し、独自のマクロ経済予測と分析力を駆使し、安定性の高い「良質なインカム」を追求しています。

PIMCOインカム戦略は、グローバルでは60を超える国・地域の投資家が投資をし、約23.1兆円*3の残高を誇ります。同戦略の米国籍代表口座は設定後12年が経過し、2019年3月末現在、米国最大のアクティブ債券ファンド*4です。また、同戦略の日本における資産残高は、約1.30兆円*2にのぼります。

 

*12019年3月末時点。PIMCOインカム・コンポジット(コンポジット構築:2010年8月、米ドルベース)の報酬控除後リターン。日本のお客様向けに提供が開始された2014年2月末を100として指数化(月次リターンを使用)。当戦略に関するご参考情報として掲載するものであり、同じ表内の日本のお客様向けバミューダ籍ファンドの運用実績を示すものではありません。
※コンポジットとは、類似の運用戦略ないし運用方針に基づいて運用される1つ以上のポートフォリオの運用実績を、一定の基準に従って評価したもので、運用戦略毎の運用実績を表すために用いられます。上記コンポジットの詳細についてはこちらをご覧ください。

*2 2019年3月末時点。日本のお客様向けのバミューダ籍ファンドの残高118億米ドルを円換算したもの。出所:PIMCO

*3 2019年3月末時点。PIMCOインカム戦略の複数のグローバル個別口座の運用残高の合計2,088億米ドルを円換算したもの。出所:PIMCO

*4 2019年3月末時点。PIMCOインカム戦略で運用されている米国籍ファンド(運用開始2007年3月30日)の残高1,189億米ドル(約13.2兆円)。 出所:米国モーニングスター社
1米ドル=110.69円(WMロイターレート)で換算
過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

インカム運用チームに聞く

Q1. インカム戦略に世界各地から多くの投資家の資金が集まり、資産規模が大きくなっています。運用上、規模の制約はないのでしょうか?

それほど差し迫った問題ではないと考えています。100兆ドル(約1京1076兆円)に達する世界の債券市場は巨大で、魅力的な投資機会を見つける余地はまだ広く残っているとみています。セクターによっては規模が小さく、また縮小傾向にあるものもありますが、この戦略では、流動性のレベルに応じて様々な種類の債券をポートフォリオに組み入れ、長年にわたって幅広い収益源泉のなかから魅力的な投資機会を見出してきました。

現在の市場環境を乗り切り、安定したインカムと魅力的なリスク調整後のリターンを追求するためには、ベンチマークを意識しないアプローチと、幅広い投資機会にアクセスできる柔軟性が非常に大切です。

インカム戦略の投資機会

世界100兆ドルの投資機会を活かすマルチセクター戦略

PIMCOインカム戦略

1139億ドル

米国株式市場

28兆ドル

米国債券市場

38兆ドル

グローバル株式市場

69兆ドル

グローバル債券市場

100兆ドル

各国市場規模は2018年6月30日現在。
PIMCOインカム戦略米国籍代表口座は2018年6月30日現在
1米ドル=110.765円(WMロイターレート)で換算
出所:PIMCO、ヘイバーアナリティクス

Q2. 2019年に急回復したクレジット市場で、投資機会はどこにあると見ていますか。

ジョシュア・アンダーソン:企業クレジットに対しては概して慎重な見方をしていますが、好機があれば投資します。例えば、シニア金融債はスプレッドが高く魅力的です。最近一部の金融機関が収益悪化を発表しましたが、多くの銀行は高い信用力を維持しており、スプレッド縮小の可能性があるとみています。

最新のレポート「PIMCOインカム戦略アップデート」を読む


外部からも評価されているPIMCOの債券運用

米国モーニングスター社より
2013年最優秀債券マネージャー賞を受賞

投資機会を見出す長年の実績と、高い再現性を持つPIMCOの運用プロセス。PIMCOのインカム戦略を率いるダニエル・アイバシンとアルフレッド・ムラタは、米国モーニングスター社より、2013年の年間最優秀債券マネージャー賞を受賞いたしました。PIMCOは同賞を過去6年で3回(2012年、2013年、2015年)受賞しています。*

米国リッパー・ファンド・アワード2019において、PIMCOインカム戦略で運用される米国籍ファンドが、マルチ・セクター・インカム・ファンド部門の10年部門 最優秀ファンド賞を受賞**

*The Morningstar Fixed-Income Fund Manager of the Year award (Jerome Schneider and Team for PIMCO Short Term (2015), Dan Ivascyn and Alfred Murata for PIMCO Income (2013), Mark Kiesel for PIMCO Investment Grade Corporate Bond (2012); U.S.) is based on the strength of the manager, performance, strategy, and firm’s stewardship. Morningstar Awards 2013©. Morningstar, Inc. All Rights Reserved. Awarded to Dan Ivascyn and Alfred Murata for U.S. Fixed-Income Fund. 個別の商品への言及は当該商品の推奨や勧誘を意図するものではありません。
当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証または示唆するものではありません。

**当受賞は、米国籍ファンドによるものです。日本の投資家様向けには同様の運用体制・方針で運用される商品がございますが、当該受賞ファンドは日本では提供されておらず、当受賞のご紹介はご参考情報としてのみ掲載し投資勧誘を目的とするものではありません。

PIMCOインカム戦略は
下記の運用会社が設定/運用する投資信託に採用されています。

詳しくは各運用会社のHPをご覧ください。(50音順)

アセットマネジメントOne

ホームページをみる

野村アセットマネジメント

ホームページをみる

三井住友アセットマネジメント

ホームページをみる

三菱UFJ国際投信

ホームページをみる

関連コンテンツ

セクション:
タグ:
日付:
投資エキスパート:
Ticker:
すべてリセット
注目の運用戦略

PIMCOインカム戦略

(2017年8月-10月の間に日経電子版PRページに掲載された内容をピムコジャパンが編集し、数字をアップデートしたものです。)

ご留意事項