PIMCOブログ

消費者物価の上昇が米国のインフレを加速―FRBも動向を注視

2022年1月の米国インフレ率は市場予想を上回り、FRBの政策経路を複雑にする可能性があります。

2022年1月の米国消費者物価指数(CPI)は、市場予想を上回り、インフレが加速していることを示す結果となりました。食品とエネルギー価格を除いたコア指数は、小売商品の値上げを背景に、前月比0.6%の上昇となりました。同結果を受けて、PIMCOでは2022年末のインフレ予想を引き上げたものの、2022年第1四半期の実質国内生産(GDP)は予想を引き下げています。これは、インフレの加速が予想以上であることに加え、PIMCO独自のクレジットカードのデータから、1月の実質消費支出が再び減少した可能性が高いためです。

金融政策への意味合い

今回のCPIの結果を受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)が2022年3月に0.5%の利上げに踏み切る確率は高まったと見ています。ただし、FRBは急激な調整よりも、公開市場委員会(FOMC)会合ごとの漸次的な利上げを選好するとのPIMCOの見方は変わっていません。PIMCOの基本シナリオでは、FRBは2022年3月から1回の会合ごとに0.25%のペースで利上げを開始すると予想しています。とはいえ、今回のインフレ率の上昇で、FRBは市場が織り込む相場に抵抗するのが難しくなる可能性があります。

小売商品の価格高騰

小売業者が仕入れコストの上昇を価格に転嫁したことから、2022年1月は家庭用家具、衣料品、娯楽用品などの価格が軒並み上昇しました。興味深いのは、こうした継続的な価格上昇が起きたのは、2021年第4四半期に大幅に在庫が積み増され、貿易量が増加し、生産のボトルネックの緩和が示された後であった点です。さらに、売上高もこうした価格高騰の影響を受けており、2021年12月までの2カ月間に合計4%減少した実質財支出は、2022年1月も減少する見通しです。CPIデータ、小売売上高データ、クレジットカードのデータに基づく小売売上予想を合わせて考えると、仕入れコストの上昇を小売価格に転嫁する余地は限られているように見受けられます。

全体として、これら指標のトレンドはインフレが徐々に緩和に転じるであろうことを示唆していますが、その経路はスムーズなものになりそうにありません。

その他のカテゴリー:自動車、住居、旅行

その他のカテゴリーでは、自動車のインフレが予想通り緩和され、2022年1月の新車価格は横ばい、中古車価格は1.5%の上昇となりました。これは小売データに2カ月先行する卸売データとも一致しています。卸売データからは、在庫の回復に伴い、中古車価格は2022年3月に下落に転じると予想されます。さらに、主に児童税額控除の変更による税金還付額の減少が見込まれることから、自動車市場は、例年、納税シーズン前後に見られる需要の急増をある程度抑えられるでしょう。

サービス分野に目を向けると、持ち家帰属家賃(OER)の上昇率は市場予想並みの前月比+0.4%でした。賃料は前月比+0.5%の上昇で市場予想を小幅に上回りましたが、これは2021年12月がやや低かったことによるものです。全体として、(ホテルを除く)住居費の2022年の上昇率は、全体で尚、5%~5.5%に達する可能性があります。

一方、旅行サービス関連の価格はまちまちの結果となりました。宿泊施設が前月比で3.9%低下する一方、航空運賃は前月比で2.3%上昇しました。今回の航空運賃の上昇は、新型コロナウイルスの新規感染者数の波に合わせて価格が下落する最近のパターンから大きく異なりました。オミクロン株の流行にもかかわらず、その他の娯楽関連のサービス価格も上昇しましたが、これは低下していた前の2カ月からトレンドに追いつく動きだとみられます。

ティファニー・ウィルディングは、PIMCOの北米担当エコノミスト。PIMCOブログの定期寄稿者。

著者

Tiffany Wilding

北米担当エコノミスト

プロフィールを見る

Latest Insights

関連コンテンツ

ご留意事項

金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に相応しいという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。

本資料に含まれる予測や推計及び特定の情報は独自のリサーチを基としており、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。また、運用結果を保証するものではありません。本資料には、資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資の助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品を推奨することを目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。本資料の著作権はPIMCOに帰属します。 ©2022,PIMCO.(注) PIMCO はパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーを意味し、その関係会社を含むグループ総称として用いられることがあります。ピムコジャパンリミテッド 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズ オフィス18階 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号 加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会