ビジネスアップデート

PIMCOの運用プロセス

PIMCOのトップダウンとボトムアップの観点に基づく独自の運用プロセスでは、新しい考え方や異なる視点を積極的にとり入れています。年1回開催する長期経済予測会議(セキュラー・フォーラム)では、向こう3~5年間のトレンドを予想し、ポートフォリオのポジションを構築する枠組みを提供しています。

詳しくはこのセクションから

Read Transcript

How do we manage investments at PIMCO?

We bring together a multitude of minds, because only with diverse perspectives can we think broadly and dynamically about opportunity and risk.

Our process has been refined over decades.

It starts with our annual Secular forum, where PIMCO investment professionals from around the world gather for 2 1/2 days to discuss and debate the state of the global economy and markets. The result is our 3 to 5 year macroeconomic outlook.

Joining the debate are some of the world’s most distinguished thinkers. Guest speakers include nobel laureate economists, policymakers, scientists and historians - as well as the members of our Global Advisory Board, chaired by Former Federal Reserve chairman, Ben Bernanke.

We strive to identify risks now before they happen, because we know our clients are invested now… for the future.

But the investment landscape is constantly changing, so we refine our views 3 time a year at our cyclical forums, which examine a business cycle time frame of 6 to 12 months.

All this insight guides the work of our Investment Committee, a group of senior portfolio managers led by our CIOs – who meet 4 times a week, for 2 to 3 hours a day.

They set specific investment parameters for PIMCO portfolios around the world.

The big picture perspective is vital, but it’s not enough.

We strive to get a real feel, on the ground, for every risk we take. That’s why portfolio managers build portfolios from the bottom up, drawing on our in-depth credit research.

We have more than 60 analysts around the world, who provide independent credit ratings on more than 13,000 securities.

At PIMCO our investment process is designed to not just find opportunities for investors, but to create them.

We work dynamically, not just analytically.

Our process is far more than any one person.

It distills our best ideas from around the world, all for a single purpose – helping our clients succeed in every environment.

Disclosure


All investments contain risk and may lose value. Investors should consult their investment professional prior to making an investment decision.This material has been distributed for informational purposes only and should not be considered as investment advice or a recommendation of any particular security, strategy or investment product.

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
  • 債券の銘柄選択
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • インベストメント・コミッティー
  • A
  • C
  • F
  • H
  • I
  • K
  • M
  • R
  • S
  • T
  • V
  • W
クリア
Tina Adatia
プロダクト・ストラテジスト
Olivia A. Albrecht
ESGおよび債券ストラテジスト
Mike Amey
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Stephen Chang
ポートフォリオ・マネージャー
Richard Clarida
元グローバル戦略アドバイザー、2006~2018年
Joachim Fels
グローバル 経済アドバイザー
David Fisher
伝統的プロダクト戦略統括
Daniel H. Hyman
Head of Agency MBS Portfolio Management
Daniel J. Ivascyn
グループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
ヘッジ・ファンドおよびクオンツ戦略の統括責任者
Jason Mandinach
クレジット・ストラテジスト
Scott A. Mather
米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)
Lalantika Medema
オルタナティブ・クレジット・ストラテジスト
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Sapna Shah
社会的責任の統括責任者
Anmol Sinha
債券ストラテジスト
Cathy Stahl
グローバル・マーケティング責任者
Christian Stracke
グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者
Geraldine Sundstrom
アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー
Freida Tay
Head of Singapore Retail Business
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
John Valtwies
Research, Consultants and Product Group
Mihir P. Worah
アセットアロケーションおよびリアル・リターン担当最高投資責任者(CIO)
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
PIMCOの視点

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

向こう35年に投資家は何を期待できるでしょうか。グループCIOのダン・アイバシンとグローバル・エコノミック・アドバイザーのヨアヒム・フェルズが、向こう35年の経済及び市場の状況と投資家が考慮すべきことについて論じます。

運用戦略

短観:ポートフォリオのリスク削減によりリターンも改善されるのか

短観:ポートフォリオのリスク削減によりリターンも改善されるのか

ショート・ターム運用は、インカムの獲得とポートフォリオのリスク削減を考える投資家に魅力的な投資機会を提供してくれるでしょう。ポートフォリオマネジャーのジェローム・シュナイダーが、同アセットクラスへの投資が消極的なアセットアロケーション以上の意味がある理由をご説明します。

インベストメント・コミッティー

債券市場ではなおも防御が最大の攻撃

債券市場ではなおも防御が最大の攻撃

ポートフォリオでは徐々にリスクを積み増しながらも、今後の不透明な環境下で守りの姿勢を維持している理由について、 グループ最高投資責任者(グループCIO)のダン・アイバシンがご説明いたします。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる