トピック5:債券の価格と運用成果に影響を与える要因

債券が比較的安定した投資であることは多くの投資家が知っています。また債券は企業や政府によって使われる債務の一形態であることもご存知かもしれません。しかし、債券価格が決まる仕組みや運用成果の詳細については、投資家の理解に大きな隔たりがあります。

券が定期的にインカムを提供してくれる比較的安定した投資であることや、企業や政府によって利用される債務の一形態であることは、多くの人が理解しています。しかし、債券価格が決まる仕組みや運用成果(パフォーマンス)の詳細については、投資家の理解に大きな隔たりがあります。

債券の価格

債券については、2種類の「価格」がある点を理解する必要があります。ひとつは、債券が市場で発行される際の当初価格、つまり額面です。額面は、デフォルトが発生しなければ、満期に投資家に返ってくる金額です。

もうひとつは、債券が流通市場で取引される際の価格(市場価格)の決定です。債券価格は、額面に対する割合(百分率)で表示されます。たとえば、額面が1,000ドルで、市場価額が990ドルの場合、債券価格は99となります。同様に、市場価額が1,010ドルであれば、債券価格は101で取引されていることになります。

債券価格が額面よりも高い場合は、「プレミアム」または「オーバー・パー」で取引されていると言われます。逆に債券価格が額面よりも低い場合は、「ディスカウント」または「アンダー・パー」で取引されていると言われます。「パー」とは、債券価格が額面と等しいことをいいます。

これをまとめたものが下の表です。

額面 表示される価格 市場価格 取引価格の状態
1,000ドル 100 1,000ドル パー
1,000ドル 101 1,010ドル プレミアム または オーバー・パー
1,000ドル 99 990ドル ディスカウント または アンダー・パー

債券価格が変動する理由

債券を満期まで保有する予定の投資家は、デフォルトが起こらない限り、満期に元本が全額返済されるため、通常、流通市場での債券価格の動きを気にする必要はありません。しかし満期前に債券の売却を考えている投資家は、流通市場で債券価格が変動する要因を理解することが大切です。

債券がどのように評価されるかを理解するには、債券の価格と利回りの関係を理解することが重要です。簡単に言えば、債券の価格は、クーポンから得られるインカムの金利対比での価値に応じて変動します。

もし市場金利が債券のクーポン利率を上回れば、その債券の魅力は低下します。そのような状況では、魅力が少なくなった利回りを調整するため、その債券の価格は下落します。反対に、市場金利が債券のクーポン利率を下回れば、その債券の魅力は増し、債券の価格は上昇します。

たとえば、ある債券のクーポンが4%で、市場金利が5%に上昇した場合、その債券の魅力は低下し、価格は下落するでしょう。一方、ある債券のクーポンが4%で、市場金利が3%に低下した場合、その債券の魅力は上昇し、流通市場での債券価格は上昇するでしょう。

この幅広い種類を持つ債券を知ることで、ポートフォリオに新たな投資機会が発見できるかもしれません。
詳しい説明をみる 

債券のパフォーマンスに影響を与える要因

金利の動き以外にも、債券のパフォーマンスに影響を与える3つの重要な要因があります。市場環境、格付け、そして債券発行後の経過期間です。それぞれを見てみましょう。

  • 市場環境:
    市場全体の環境が債券に影響を及ぼす場合があります。たとえば、株式市場が上昇していれば、投資家は一般的に債券から株式へと資金を移します。反対に、株式市場が調整局面に入ると、投資家は債券で安全性を求めます。
  • 格付け:
    債券では、ムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズなどの格付会社による格付けが付されます。格付けは、発行体の利払いや元本支払いの能力に対する格付会社の見方を、投資家に知らせるものです。もし格付けが下がれば、投資家にとっての債券の魅力は減り、価格は低下する可能性が高いでしょう。
  • 債券発行後の経過期間:
    債券発行後の経過期間も価格決定に影響を及ぼす可能性があります。これは、債券が満期になると額面の全額が債券保有者に支払われるためです。満期日が近づくにつれて、債券価格はパーに近づいていきます。下のグラフは、市場金利が5%の場合に、債券価格に時間の経過が与える影響を示したものです。

グラフからわかること

  • 青色の線(パー) - 図の真ん中の線は、クーポンが市場金利と同じ5%の債券の価格の動きを表しています。価格は常にパー(100ドル)です。
  • 緑色の線(プレミアム / オーバー・パー) - クーポンが10%の債券の価格の動きを表しています。市場金利の5%を上回るクーポンが支払われるため、元本よりも高く(180ドル)なります。
  • 紺色の線(ディスカウント / アンダー・パー) - 市場金利の5%よりも低い、3%のクーポンの債券の価格の動きを表しています。発行債券価格は低く(70ドル)なります。

満期にはすべて同じ額面の100ドルが支払われるため、3つの債券の価格は満期に向けて100ドルに収斂していきます。