PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 運用戦略
  • PIMCOブログ
日付で探す
  • 2018
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
運用戦略

債券の銘柄選択:ポジティブな変化への債券投資

債券の銘柄選択:ポジティブな変化への債券投資

運用戦略 債券の銘柄選択:ポジティブな変化への債券投資 PIMCOのESGチームのメンバーが、良い社会を築きながら、持続可能な視点を債券投資に融合することが、どうポートフォリオにポジティブな影響をもたらせるのかをご説明します。 ビデオをみる > NIAMH WHOOLEY, SCOTT A. MATHER, MIKE AMEY 2018年12月

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

Niamh Whooley

ESGアナリスト


ニーアム・ウーレイ  ロンドンを拠点とするシニア・バイスプレジデント。環境・社会・ガバナンス(ESG)関連のアナリスト。クレジット分析チームのなかで、発行体の信用力やESG関連のビジネスに影響を及ぼす投資上のリスク要因分析を担当。2017年にPIMCOに入社する以前は、ソシエテ・ジェネラルにてシニア・アナリストとして全資産クラスにおけるESGを専門に担当。それ以前は、フィデリティ・ワールドワイド・インベストメンツにてESGアナリストとして勤務。金融業界に従事する以前は、グローバルなコンサルティング会社にて持続可能性担当アドバイザーとして従事。投資業務経験11年。アイルランド国立大学ダブリン校よりMBA、同大学コーク校より学士号を修得。