PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • PIMCOの視点
  • PIMCOブログ
日付で探す
  • 2018
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
PIMCOブログ

国連:持続可能な投資案件を対象とする新しい枠組みの構築

国連:持続可能な投資案件を対象とする新しい枠組みの構築

国連の持続可能な開発目標(SDGs)は民間セクターにおいても受け入れられつつあります。今後、環境・社会・ガバナンス(ESG)の要素を重視する投資家にとって魅力的な投資機会が育まれる可能性が高いとみられます。

Gavin Power

国際問題および持続可能な開発担当責任者


エグゼクティブ・バイス・プレジデント。国際問題および持続可能な開発担当責任者。2018年にPIMCOに入社する以前は、世界160カ国以上で持続可能性と責任ある投資を推進するプラットフォーム、国連グローバル・コンパクトの副代表を務めた。国連グローバル・コンパクトでは、国連事務総長に助言すると共に、先進国、エマージング諸国を含め160ヵ国以上の民間セクターの持続可能性イニシアチブを監督。責任投資原則(PRI)の立案者の1人でもあり、国連事務総長を直接補佐し、PRIの立案と2006年の発足に尽力。各国大使・閣僚レベルとの関係構築を通じて、国連グローバル・コンパクトのための政府業務を統括。国連での職務の他、以前は米PRエージェンジー大手ケッチャム、ジーンズ大手リーバイ・ストラウスで要職を務め、ファイナンシャル・ジャーナリストとしてサンフランシスコ・クロニクル紙に所属。カリフォルニア大学サンタバーバラ校より経済学の学士号を取得。