PIMCOブログ

債券は変化を促す:PIMCOのESG投資レポートの主なポイント

債券のアクティブな投資家は、よりサステナブルな企業や経済への移行に重要な役割を果たします。

By

PIMCOの ESG投資年次レポートにてご説明したように、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資は新たな時代に入りました。パンデミック(世界的流行)により、「社会(Social)」の問題が顕在化および拡大し、気候変動の脅威は加速しています。ESG関連資産の市場が成長を続けるなかで、このような事態は投資家やその他のステークホルダーにとって重大な意味を持っています。

本ブログでは、発行体とのエンゲージメント(積極的な対話)、気候関連のポートフォリオに関する考察、社会的なテーマに絞って、ESG投資年次レポートから厳選した主要なポイントをご説明します。

発行体とのエンゲージメントが建設的な変化を生み出す

PIMCOは、ESGのテーマに取り組むため、一貫して企業や政府などの発行体と積極的にエンゲージメントを実施しています。企業との議論のなかで、ESG戦略とリスクの理解に努め、サステナビリティ・リンク・ボンドやESG関連の債券発行などの革新的な行動を促しています。

気候変動とESG関連の債券がエンゲージメントの議論の中心であることに変わりはありませんが、2021年は新たに以下のテーマを重視しました。

  • 国際銀行とネットゼロ: 20行以上の国際銀行と、融資方針も含めた二酸化炭素排出戦略の実施状況に関して、積極的な対話を実施しました。
  • 森林破壊: 20社以上の食品会社、小売企業および銀行と、彼らのバリューチェーンの中での森林破壊の排除について、積極的に対話しました。
  • メタン放出: メタンは地球温暖化の主要な要因で、国際エネルギー機関によれば、エネルギーセクターは(農業に次いで)2番目に大きなメタンの排出源です。PIMCOはメタン放出削減について、50社以上のエネルギー企業と積極的な対話を行いました。
  • 栄養:食品会社は、栄養不良による経済および社会のリスク緩和に重要な役割を果たします。それらの多くの企業の栄養の専門家と対話を行い、栄養に関する戦略と情報公開に対する投資家の期待について議論しました。

PIMCOの ESG投資年次レポート にて、エンゲージメントとその結果に関するケーススタティーを詳しくご紹介しています。

アクティブ運用は投資家を二酸化炭素排出ネットゼロの目標に導くことが可能

政府や企業、資産運用会社は、クリーンエネルギーや広範囲なESGのイニシアティブ関連の投資資金を何兆ドルも売買しており、そのようなネットゼロに向けた動きが、今後も資産の市場価格形成にますます大きな影響を与えるでしょう。また、規制、カーボン・プライシング、消費者心理やビジネスモデルの変化なども、価格に影響を及ぼすとみられます。投資家は自らのポートフォリオが、(急激な規制変更、サプライチェーンの混乱、政治的社会的反発などを含め)気候関連のリスクに上手く対処できる準備ができているかを考慮する必要があります。また、気候に関する政策や、消費者および投資家の増加しつつある需要から生じる投資機会にも備えるべきです。

債券市場はその規模、セクターの多さと多様性、またESGを目的に活用できる運用商品により、ネットゼロ排出経済への移行を推進するうえで中心的な役割を果たすとPIMCOは考えています。標準的な「ネットゼロ」ポートフォリオの定義は、今日ではまだ存在しない点を認識しつつ、関心をお寄せいただいたお客様と共に、低炭素化の目標達成に向けて債券ポートフォリオを運用しています。低炭素化された投資ポートフォリオを目指して徐々に前進する手段としては、炭素集約的なセクターへのエクスポージャー停止または削減、ネットゼロへ移行の最前線にある発行体への投資、グリーンボンドへの投資、二酸化炭素削減戦略に関する発行体とのエンゲージメントなどがあげられます。

投資ポートフォリオにおける気候変動リスクを理解し、管理することがますます重要に

PIMCOでは、気候変動が世界経済や金融市場、債券発行体に甚大な影響を及ぼすと考えています。リスクや投資機会が思わぬところで顕在化し、さまざまな資産クラスの投資に影響を与える可能性があります。

PIMCOの投資リサーチのプロセスのなかでは、気候関連リスクのうち、以下の大まかな2つの分野に対して、(さまざまな対象期間で)セクターエクスポージャーの評価を行います。

  • 移行リスク: 政策リスク、法的リスク、テクノロジーリスク、市場リスク、風評リスクなど(例:二酸化炭素排出についての規制強化)
  • 物理的リスク: ハリケーンや山火事など事象からくる急性のリスク、長期的な気候パターンの変化からくる慢性のリスク

PIMCOのESGの専門家は、何十年にも及ぶ債券分析の経験を活かし、アナリストによる気候変動リスク評価を支援する7つの独自のツールを設計しました。ポートフォリオ・マネージャーは、常にポートフォリオ固有の目的に沿い、ガイドラインを遵守しながら、これらのツールから得られる知見を活用し、気候関連の信用リスク管理とその緩和に努めています。

引き続き注目され、投資機会が見込まれる社会的なテーマ:ESGのうちのS、「社会(Society)」

世界のパンデミックと悪化する気候変動により、経済格差、食料不安、失業、不安定な住宅事情など、社会的な課題が膨らんできました。これに対応するため、2021年には、企業や政府などにおいても、ソーシャルボンドやサステナビリティボンドの発行増加が見られました。

PIMCOも、それらの何件かの起債に参加しています。社会的な分野に関する出費や目指す結果に対する目標や重要性に基づいて、それらの債券を評価します。人材管理、労働権ならびに人権、職業安全衛生、サプライチェーン管理を考慮します。

このような「社会」にフォーカスした債券の発行は、世界経済において、債券市場が持続可能な変化の推進にどれほど貢献しているかを示す、ひとつの事例にすぎません。

PIMCOでは、債券はその市場規模と繰り返し発行される特性を有し、債券投資家は持続可能な変化を牽引するうえで大きな役割を果たせると考えています。PIMCOのESGに関する取り組みと投資アプローチの詳細については、こちらをご覧ください。

関連コンテンツ

ご留意事項

PIMCOでは、環境・社会・ガバナンス(ESG)要因を幅広いリサーチプロセスに取り入れ、サステナビリティ要因に関して発行体と積極的な対話を行い、気候変動に関連する投資分析を行っています。PIMCOでは、ESGの統合を、投資リサーチプロセスの検討項目に重要なESG要因を一貫して取り入れることと定義しています。検討項目には、気候変動リスク、多様性、包摂性、社会的平等、規制リスク、人的資本管理等が含まれますが、これらに限定されるものではありません。さらに詳しい情報はPIMCOの環境・社会・ガバナンス(ESG)投資方針をご覧ください。

サステナビリティ目標を掲げた合同運用ポートフォリオ(ESG特化型戦略)については、50年の歴史を持つPIMCOの投資プロセスを土台に、排除(Exclude)、評価(Evaluate)、対話(Engage)の3つの指針を取り入れてきました。このように、PIMCOのESG特化型戦略では、ESGにおいてプラス効果を上げるとみられる戦略を追求しながら、魅力的なリターンの提供を目指しています。投資目的、投資戦略、ESGに対するアプローチに関する詳細は、それぞれのESG特化型戦略の説明資料をご覧ください。

本資料にはPIMCO独自のESGへの取り組みと投資リサーチの例が含まれています。データはここで説明されている商品に関連するものではなく、既に古く、特定の証券、戦略、もしくは投資商品の投資助言や推奨として信頼されるべきものではありません。PIMCOではケーススタディを選ぶ際に、投資のパフォーマンスに加えて、ここで取り上げた特定の投資戦略やPIMCOが投資判断において採用するプロセスを当該事例が反映するかどうか、いったポイントを考慮します(これらのポイントに限りません)。本資料内の情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行体、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落します。低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。モーゲージ担保証券と資産担保証券は金利水準に対する感応度が高い場合があり、期限前償還リスクを伴い、また、発行体の信用力に対する市場の認識に応じてその価格は変動する可能性があります。また、一般的には政府または民間保証機関による何らかの保証が付されていますが、民間保証機関が債務を履行する保証はありません。高利回りで低格付けの証券はより高格付けの証券よりも高いリスクを伴います。また、それらへ投資しているポートフォリオは投資していないポートフォリオに比べてより高いクレジット・リスクと流動性リスクを伴う場合があります。株式の価値は一般的な市場、経済、産業の実体と見込み両方の状況によって減少する可能性があります。デリバティブ商品を利用することにより、コストが発生する可能性があり、また流動性リスク、金利リスク、市場リスク、信用リスク、経営リスク、そして最も有利な時点でポジションを清算できないリスクなどが発生する可能性もあります。デリバティブ商品への投資により、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。マネジメント・リスクとは、PIMCOが用いる投資手法およびリスク分析が望んだ結果を生まないリスク、また、政策や変更等が戦略の運用においてPIMCOが利用可能な投資手法に影響を及ぼしうるリスクを指します。

ESG投資は定性的かつ主観的な性質上、PIMCOが活用する基準やPIMCOが行使する判断が特定の投資家の見解を反映することを保証するものではありません。また、PIMCOが活用する基準は、特定の投資家が発行体のESG行動を評価する際に重要だと考える基準とは異なる可能性があります。発行体の評価にあたって、PIMCOは自発的な発表や第三者の報告から得られた情報やデータを活用しますが、これらは完全性や正確性を欠いている可能性、利用できない可能性、発行体に関して矛盾した情報やデータを提示する可能性があります。いずれの場合もPIMCOが発行体のESG行動を誤って評価する原因となります。社会的責任に関する規範は地域によって異なります。また発行体のESG行動や、発行体のESG行動に対するPIMCOの評価は時間の経過とともに変化する可能性があります。「グリーンボンド」などの特定のESGカテゴリーについて、標準化された業界の定義や認証はありません。そのため、これらの統計に有価証券を含めるにあっては、PIMCOの主観と裁量を伴います。ESG投資の投資戦略や手法の成功が保証されているわけではありません。過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

金融市場動向やポートフォリオ戦略に関する説明は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に相応しいという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。見通しおよび戦略は予告なしに変更される場合があります。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。本資料の著作権はPIMCOに帰属します。 ©2022,PIMCO.(注) PIMCO はパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーを意味し、その関係会社を含むグループ総称として用いられることがあります。ピムコジャパンリミテッド 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズ オフィス18階 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号 加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会