PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 運用戦略
日付で探す
  • 2018
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
運用戦略

アクティブ運用対パッシブ運用: なぜ債券は違うのか

アクティブ運用対パッシブ運用: なぜ債券は違うのか

本ビデオはゴールドマンサックス、「Talk at GS」9月14日の対談の中で、ゴールドマンサックスの会長兼CEOであるデービッド ソロモン氏とPIMCOのCEOであるマニー ローマンが、債券運用においてパッシブ運用よりもアクティブ運用が有効であるといわれる点について議論します。
アクティブ運用とパッシブ運用に関する詳しい説明は、「債券は違う」をご参照ください。

Emmanuel Roman

最高経営責任者(CEO)


エマニュエル・ローマン
最高経営責任者(CEO) PIMCO の最高経営責任者(CEO)であり、マネージング・ディレクター。CEOとして、PIMCO のエグゼクティブ・コミッティーのほか、全般的な戦略策定およびリソース管理を含めPIMCOのクライアント・サービスおよび経営を統括。2016年にPIMCO入社以前は世界最大級のオルタナティブの上場運用会社であり、且つ、高流動性且つ高α戦略では業界のリーダーであるマン・グループのCEOを務めた。マン・グループでは、2005年から共同CEOを務めていたGLGパートナーズが2010年にマン・グループに買収されたのに伴い、同年より2013年まで最高執行責任者(COO)を務める。それ以前はゴールドマン・サックスに18年間勤務し“Worldwide Global Securities”及び“European Services Division”の共同責任者を務めた。英ヘッジファンド基準審議会、Paris Review of Books、ロイヤル・マーズデンNHS財団、テート財団及びシカゴ大学の理事も務める。投資業務経験29年。シカゴ大学よりMBA、パリ大学(University of Paris IX Dauphine)より学士号を取得。