Emmanuel Roman

最高経営責任者(CEO)


エマニュエル・ローマン
最高経営責任者(CEO) PIMCO の最高経営責任者(CEO)であり、マネージング・ディレクター。CEOとして、PIMCO のエグゼクティブ・コミッティーのほか、全般的な戦略策定およびリソース管理を含めPIMCOのクライアント・サービスおよび経営を統括。2016年にPIMCO入社以前は世界最大級のオルタナティブの上場運用会社であり、且つ、高流動性且つ高α戦略では業界のリーダーであるマン・グループのCEOを務めた。マン・グループでは、2005年から共同CEOを務めていたGLGパートナーズが2010年にマン・グループに買収されたのに伴い、同年より2013年まで最高執行責任者(COO)を務める。それ以前はゴールドマン・サックスに18年間勤務し“Worldwide Global Securities”及び“European Services Division”の共同責任者を務めた。英ヘッジファンド基準審議会、Paris Review of Books、ロイヤル・マーズデンNHS財団、テート財団及びシカゴ大学の理事も務める。投資業務経験29年。シカゴ大学よりMBA、パリ大学(University of Paris IX Dauphine)より学士号を取得。