PIMCOの視点

金利上昇は住宅市場に打撃を与えるか

PIMCOでは、価格水準、需要、供給という3つの理由に基づいて、米国の住宅市場を前向きに捉えています。エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者のダニエル・ハイマンが、住宅市場に対するPIMCOの前向きな見方の背景にある要因について、解説します。

詳しくはこのセクションから

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
Play Video
Play Video
Play Video
Play Video
経済・マーケット関連

減速する世界に備えた守りのポジション

減速する世界に備えた守りのポジション

PIMCOのアセットアロケーションの専門家は、景気が減速する中でポートフォリオのポジションを構築するにあたり、投資家は質を重視し、保守的な姿勢を維持すべきだと考えています。

Play Video
インベストメント・コミッティー

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

グループCIOのダニエル・アイバシンが、低金利時代の投資、エマージング市場での投資機会、そしてPIMCOが長期的な見方に立ったアプローチを重視する理由についてご説明します。

Play Video

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる