PIMCOの視点

金利上昇は住宅市場に打撃を与えるか

PIMCOでは、価格水準、需要、供給という3つの理由に基づいて、米国の住宅市場を前向きに捉えています。エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者のダニエル・ハイマンが、住宅市場に対するPIMCOの前向きな見方の背景にある要因について、解説します。

詳しくはこのセクションから

Read Transcript

Text on screen: Quick Takes - Will rising rates hurt the housing market?

Daniel Hyman, Co-head, Agency Mortgage Portfolio Management: One of the questions we get from investors is, given the recovery we've seen in U.S. residential real estate since the financial crisis, are we still optimistic on U.S. housing? The short answer is, "Yes."

Graphic that illustrates supply and demand of the housing market

When we look at it from a price perspective, housing remains attractively priced. When we look at the supply and demand technical, there still aren't enough houses for the expected demand. PIMCO remains optimistic on U.S. residential real estate.

Chart: The line graph shows the price-to-rent ratio, which is the ratio of home prices to annualized rent in a given location, from 1993-2017, with renting and buying neck and neck until 2011 when it became significantly cheaper to buy.

When we look at home prices, housing remains affordable relative to where it was before the financial crisis. One of the ways many people think about housing is, is it cheaper to buy a home or is it cheaper to rent? And what we see is, is that it is still cheap today to buy rather than to rent.

Now interest rates are rising, making home purchases a little bit less affordable, but they would need to rise substantially more to offset the cheapness. 

Interest rates would need to rise about 1.5% to normalize the long-term relationship.

A second reason PIMCO has a favorable view of US residential real estate is we've been underbuilding since the financial crisis.

Chart: The chart shows cumulative housing starts minus household formations and demolitions from 2008-2018 and highlights the undersupply of housing since September 2008.

When we look at the number of homes needed for household formation — this is people moving out of their homes and going out on their own, creating a new household, or immigration — we see there hasn’t been enough homes built to meet that demand. We've been under-building since the financial crisis, under-building by one and a half million homes.

One of the ways we look at future supply is we look at the amount of permits that are filed, and will there be enough homes in the future to meet that household formation demand?

Graphic that illustrates supply and demand of the housing market.

And what we see today is we're still not expected to build enough homes to meet that demand. This favorable technical we believe is supportive of US residential real estate, and leaves us with a favorable view of US housing.

To summarize, PIMCO maintains its optimistic view on US residential real estate, for three main reasons: 

First, looking at housing on a national level, housing remains cheap to buy versus rent. 

Second, household formations remain robust, meaning there's lots of households being formed, people going out and needing a home.

Third, on the supply side we're not building enough homes to meet that household formation demand. 

It's for these three reasons — price, supply and demand — that PIMCO maintains its optimistic view on US residential real estate.

For more information, visit pimco.com

フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Bond by Bond
    Careers
    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    PIMCO Foundation
    PIMCO Education
    View from the Investment Committee
    View From the Trade Floor
    Viewpoints
    Education
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
  • 債券の銘柄選択
  • 経済・市場コメント
  • 運用戦略
  • インベストメント・コミッティー
  • View From the Trade Floor
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • A
  • B
  • C
  • D
  • F
  • G
  • H
  • I
  • K
  • M
  • O
  • P
  • R
  • S
  • T
  • W
  • Y
クリア
Tina Adatia
債券ストラテジスト
Del Anderson
クレジット・アナリスト
David L. Braun
ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャー
Jelle Brons
グローバル社債チームのポートフォリオ・マネージャー
Erin Browne
マルチアセット戦略担当ポートフォリオ・マネージャー
Grover Burthey
ESGポートフォリオ・マネジメントの統括責任者
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Stephen Chang
ポートフォリオ・マネージャー
Devin Chen
米国商業用不動産チームの共同統括責任者
Pramol Dhawan
エマージング市場ポートフォリオ・マネジメントの統括責任者
Joachim Fels
グローバル経済アドバイザー
David Fisher
戦略的パートナービジネスの共同統括責任者
Nick Granger
定量分析担当ポートフォリオ・マネージャー
Gregory Hall
米国グローバル・ウェルス・マネジメント統括責任者
Ray Huang
エグゼクティブ・バイス・プレジデント
Daniel H. Hyman
エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者
Daniel J. Ivascyn
グループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
サステナビリティのグローバル統括責任者
Jason Mandinach
オルタナティブ・クレジット戦略およびプライベート戦略統括責任者
Samuel Mary
ESGリサーチ・アナリスト
Scott A. Mather
米国コア戦略兼サステナブル投資担当 最高投資責任者(CIO)
Kyle McCarthy
オルタナティブ・クレジット・ストラテジスト
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
John Murray
商業用不動産投資を担当するポートフォリオ・マネージャー
Jason Odom
アセットアロケーション・ストラテジスト
Rick Pagnani
保険リンク証券の統括責任者
Lupin Rahman
ソブリン・クレジットのグローバル統括責任者
Steve A. Rodosky
ポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Marc P. Seidner
非伝統的戦略担当の最高投資責任者
Emmanuel S. Sharef
住宅市場分析のスペシャリスト
Anmol Sinha
Kimberley Stafford
プロダクト戦略部門 グローバル統括責任者
Christian Stracke
グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者
Geraldine Sundstrom
アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
Francois Trausch
アリアンツ・リアルエステート 最高経営責任者(CEO)兼 最高投資責任者(CIO)
Megan Walters
アリアンツ・リアルエステート 調査部門 グローバル統括責任者
Qi Wang
ポートフォリオ・マネージャー
Jamie Weinstein
ポートフォリオマネージャー、スペシャル・シチュエーションズ戦略責任者
Tiffany Wilding
北米担当エコノミスト
Nelson Yuan
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
経済・マーケット関連

インフレリスクをヘッジする3つの方法(video)

インフレリスクをヘッジする3つの方法

インフレに強いポートフォリオにするための方法は沢山あります。今日は投資妙味が増しているエマージング通貨、グリーン・エネルギー、不動産の3つをご紹介します。

アセットアロケーション展望の詳細を読む

Does the 60-40 Portfolio Still Make Sense?
経済・マーケット関連

株式60%債券40%のポートフォリオはまだ有効? (video)

株式60%債券40%のポートフォリオはまだ有効?

インフレリスクの高まりなど不確実性が高い今の環境では、ポートフォリオ構築が重要です。投資家はポートフォリオを分散する選択肢を広げることを検討するべきでしょう。

アセットアロケーション展望の詳細を読む

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる