運用戦略

アセットアロケーション(資産配分)2019年における3つの投資機会

市場のボラティリティ上昇にともなって、投資家は個別固有の投資機会でリターン拡大を志向するかもしれません。PIMCOのアセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャーであるジェラルディン・サンドストロムが、3つの投資アイディアについて説明します。

詳しくはこのセクションから

テキスト形式で読む

景気サイクルの後期のボラティリティ上昇時には、特有の投資機会が多く生まれる傾向があります。最近のボラティリティ上昇で必要以上に敬遠されてきた3つの魅力的な機会をご紹介します。

一つ目は貯蔵やパイプラインなどの米国の中流エネルギーセクターのMLPです。原油・天然ガス・液化天然ガスなど世界のエネルギー需要に対し、米国の役割はますます高まっています。中流セクターはこの動きの要で、成長が期待されます。このセクターのレバレッジはここ数年大きく低下しましたが、過去の水準よりも大幅に割安で取引されています。配当利回りは8%に近く、マルチアセット・ポートフォリオには魅力的な資産です。

二つ目は英国の銀行です。合意無きEU離脱の懸念からスプレッドは大きく拡大しています。しかしPIMCOではその確率は低いとみています。また ほとんどの英国の銀行の資本基盤はここ数年で大きく改善しています。イングランド銀行が行ったストレステストでも、マクロ環境の悪化に対する頑強さが明らかになりました。

最後に、中国の大手不動産開発企業のドル建て債券に注目しています。中国の大幅な景気減速を懸念して、スプレッドは昨年2.5~3.0%拡大しました。以来中国政府は政策金利の引下げや住宅ローンの緩和、国内の資金調達拡大や財政刺激策といった政策を実施しています。従って上位B格や下位BB格銘柄のドル建て利回り7~9%のリターンは魅力的です。

ご留意事項


全ての投資にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場への投資は市場、金利、発行体、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。外貨建てあるいは外国籍の証券への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場への投資ではかかるリスクが増大することがあります。マスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)への投資では、パートナーシップに影響を与える事項への投票権につき、権利と規制手段が制限されるなど、株式とは異なるリスクが含まれています。MLPは米国で組成され、一定の税制上のリスクが伴います。一般ユニットホルダー、劣後ユニットホルダー、ジェネラル・パートナーまたは経営陣との間で利益相反が生じる可能性があります。MLPは、一般に株式市場に影響を与えるマクロ経済やその他の要因、金利期待、エネルギーセクターやMLPに対する投資家のセンチメント、特定の発行体の財政事情の変化、または特定の発行体の予期せぬ不芳なパフォーマンスなどの影響を受ける可能性があります。MLPの現金分配は保証されたものではなく、個別のパートナーシップの適切なキャッシュフロー創出能力に依存しています。特定の証券や種類の証券の信用格付により、ポートフォリオ全体の安定性や安全性が確保されるわけではありません。個別の銘柄、および発行体の信用格付はそれらの信用度を示すため付与されており、一般的には、信用格付会社スタンダード・アンド・プアーズ、ムーディーズ、フィッチそれぞれ、最高格付のAAA、Aaa、AAAから最低格付D、C、Dまでの幅があります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

金融市場の動向に関する記述は現在の市場環境に基づくものであり、市場環境は変化します。本ビデオで言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。

本ビデオには、ビデオ作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本ビデオは情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本ビデオに記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。

本ビデオの一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
  • 債券の銘柄選択
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • インベストメント・コミッティー
著者で探す
  • A
  • C
  • F
  • H
  • I
  • K
  • M
  • R
  • S
  • T
  • W
クリア
Tina Adatia
プロダクト・ストラテジスト
Olivia A. Albrecht
ESGおよび債券ストラテジスト
Mike Amey
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Stephen Chang
ポートフォリオ・マネージャー
Richard Clarida
元グローバル戦略アドバイザー、2006~2018年
Joachim Fels
グローバル 経済アドバイザー
David Fisher
伝統的プロダクト戦略統括
Daniel H. Hyman
Head of Agency MBS Portfolio Management
Daniel J. Ivascyn
グループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
ヘッジ・ファンドおよびクオンツ戦略の統括責任者
Jason Mandinach
クレジット・ストラテジスト
Scott A. Mather
米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Sapna Shah
社会的責任の統括責任者
Anmol Sinha
債券ストラテジスト
Cathy Stahl
グローバル・マーケティング責任者
Christian Stracke
グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者
Geraldine Sundstrom
アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
Mihir P. Worah
アセットアロケーションおよびリアル・リターン担当最高投資責任者(CIO)
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
PIMCOの視点

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

向こう35年に投資家は何を期待できるでしょうか。グループCIOのダン・アイバシンとグローバル・エコノミック・アドバイザーのヨアヒム・フェルズが、向こう35年の経済及び市場の状況と投資家が考慮すべきことについて論じます。

運用戦略

短観:ポートフォリオのリスク削減によりリターンも改善されるのか

短観:ポートフォリオのリスク削減によりリターンも改善されるのか

ショート・ターム運用は、インカムの獲得とポートフォリオのリスク削減を考える投資家に魅力的な投資機会を提供してくれるでしょう。ポートフォリオマネジャーのジェローム・シュナイダーが、同アセットクラスへの投資が消極的なアセットアロケーション以上の意味がある理由をご説明します。

インベストメント・コミッティー

債券市場ではなおも防御が最大の攻撃

債券市場ではなおも防御が最大の攻撃

ポートフォリオでは徐々にリスクを積み増しながらも、今後の不透明な環境下で守りの姿勢を維持している理由について、 グループ最高投資責任者(グループCIO)のダン・アイバシンがご説明いたします。

運用戦略

アセットアロケーション(資産配分)2019年における3つの投資機会

アセットアロケーション(資産配分)2019年における3つの投資機会

市場のボラティリティ上昇にともなって、投資家は個別固有の投資機会でリターン拡大を志向するかもしれません。PIMCOのアセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャーであるジェラルディン・サンドストロムが、3つの投資アイディアについて説明します。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる