運用戦略

コア債券のアクティブ運用

米国コア戦略担当最高投資責任者のスコット・マザーが、コア債券の運用において下方リスクの抑制を守りつつ潜在的なリターンを押し上げるためにアクティブ運用がいかに重要なのかについてご説明いたします。

詳しくはこのセクションから

Read Transcript

David Fisher, Head of Traditional Product Strategies: Hi, I’m here today with Scott Mather, PIMCO’s CIO for Core Fixed Income. Thanks for joining me, Scott.

Scott Mather, CIO U.S. Core Strategies: My pleasure.

David: So let’s talk a little bit about the active passive debate as it relates to core fixed income. I think that there’s one school of thought that says in core fixed income you can just go passive, have a very low cost index based solution, and then you can go active in more esoteric parts of the market. Do you think that that’s the right solution for investors, or is there still a strong argument for remaining active within the core fixed income space?

Scott: There’s a lot of differences between fixed income and the equity market or the listed market, for example.

Chart: The bar chart compares the percentage of active mutual funds and ETFs that outperformed their median passive peers after fees over a 1-year, 3-year, 5-year and 10-year period. More active bond managers outperformed their passive peers.

The drivers of our alpha, half of them roughly come from the top down ideas that we generate with respect to growth and inflation and changing monetary policy. And the other half come from just bottom up individual bond selection, the bottom up opportunities. And so, you know, while people can go passive—particularly in fixed income it’s one that we think leaves a lot of money on the table if people do that.

One of the reasons for our success through all sorts of different market environments is our ability to diversify our investment strategies to not rely too heavily on just one, for instance,

Text on screen: PIMCO's active advantage - Diverse sources of return for resiliency even in challenging markets

yield enhancement or going down in credit quality. That can work well for some periods of time, but it certainly doesn’t work well in others.

Text on screen: PIMCO's active advantage - Alpha potential is even more meaningful in a low return environment

Actively managed core bonds allows a significant amount of increase in potential return because of in a low rate environment the alpha that we generate in many cases can be a significant part of the overall return, and we think that will continue to be the case going forward.

Text on screen: Core bonds: Consistent anchor in investor's portfolio

So think about core bonds—particularly our version which tends to be a higher quality offering in that space—as sort of the anchor of the portfolio even while credit spreads are widening or we have some risk off event.

David: Great. Well, thanks for joining me today, and thanks to all of you as well.

For more information visit pimco.com

フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    Bond by Bond
    Viewpoints
    Careers
    Education
    PIMCO Foundation
    View from the Investment Committee
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
  • 債券の銘柄選択
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • インベストメント・コミッティー
  • A
  • B
  • C
  • D
  • F
  • H
  • I
  • K
  • M
  • R
  • S
  • T
  • W
クリア
Tina Adatia
プロダクト・ストラテジスト
Olivia A. Albrecht
ESGおよび債券ストラテジスト
Erin Browne
マルチアセット戦略担当ポートフォリオ・マネージャー
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Stephen Chang
ポートフォリオ・マネージャー
Pramol Dhawan
エマージング市場ポートフォリオ・マネジメントチーム統括
Joachim Fels
グローバル 経済アドバイザー
David Fisher
伝統的プロダクト戦略統括
Daniel H. Hyman
エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者
Daniel J. Ivascyn
PIMCOグループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
ヘッジ・ファンドおよびクオンツ戦略の統括責任者
Jason Mandinach
クレジット・ストラテジスト
Scott A. Mather
米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
John Murray
商業用不動産投資を担当するポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Sapna Shah
社会的責任の統括責任者
Anmol Sinha
債券ストラテジスト
Cathy Stahl
グローバル・マーケティング責任者
Geraldine Sundstrom
アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
Jamie Weinstein
ポートフォリオマネージャー、スペシャル・シチュエーションズ戦略責任者
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
Finding Value on the Uneven Road to Recovery
インベストメント・コミッティー

不確実性伴う回復局面での投資機会(video)

不確実性伴う回復局面での投資機会

グループ最高投資責任者(CIO)のダン・アイバシンが、経済が悪化した際には、なぜ質が高く、流動性の高い資産の回復力が期待できるのかについてご説明します。

Straight From PIMCO: 3 Stages of Distress in Commercial Real Estate
PIMCOの視点

商業用不動産投資: ディストレストの三つの段階(video)

商業用不動産投資: ディストレストの三つの段階

PIMCOの米州商業用不動産投資を統括するジョン・マーレーが、経済封鎖に伴い同セクターにおけるディストレスト(経営破綻や不振で財務内容が悪化した状態)の段階がどのように変化する見通しなのか、そしてその過程で生じうる多様な投資機会についてご説明します。

20 Years of PIMCO’s Investment Grade Credit Bond Strategy
運用戦略

何十年も数々のクレジット・サイクルを乗り越えてきた実績(video)

何十年も数々のクレジット・サイクルを乗り越えてきた実績

グローバル・クレジット担当の最高投資責任者(CIO)マーク・キーセルが、PIMCOのクレジット投資の体制と、長期的に超過収益の提供を可能とする強みについてご説明します。

「不安定な市場環境での投資」 その他のレポートはこちら

On Path to Recovery, Patience is Key
インベストメント・コミッティー

回復への道、忍耐がカギ(video)

回復への道、忍耐がカギ

グループCIOのダン・アイバシンが景気回復についてのPIMCOの基本シナリオと、忍耐強くリスクを意識した投資家が、どのように信用力の高い債券セクターで生まれつつある魅力的な投資機会をとらえていけるかをご説明します。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる