運用戦略

コア債券のアクティブ運用

米国コア戦略担当最高投資責任者のスコット・マザーが、コア債券の運用において下方リスクの抑制を守りつつ潜在的なリターンを押し上げるためにアクティブ運用がいかに重要なのかについてご説明いたします。

詳しくはこのセクションから

Read Transcript

David Fisher, Head of Traditional Product Strategies: Hi, I’m here today with Scott Mather, PIMCO’s CIO for Core Fixed Income. Thanks for joining me, Scott.

Scott Mather, CIO U.S. Core Strategies: My pleasure.

David: So let’s talk a little bit about the active passive debate as it relates to core fixed income. I think that there’s one school of thought that says in core fixed income you can just go passive, have a very low cost index based solution, and then you can go active in more esoteric parts of the market. Do you think that that’s the right solution for investors, or is there still a strong argument for remaining active within the core fixed income space?

Scott: There’s a lot of differences between fixed income and the equity market or the listed market, for example.

Chart: The bar chart compares the percentage of active mutual funds and ETFs that outperformed their median passive peers after fees over a 1-year, 3-year, 5-year and 10-year period. More active bond managers outperformed their passive peers.

The drivers of our alpha, half of them roughly come from the top down ideas that we generate with respect to growth and inflation and changing monetary policy. And the other half come from just bottom up individual bond selection, the bottom up opportunities. And so, you know, while people can go passive—particularly in fixed income it’s one that we think leaves a lot of money on the table if people do that.

One of the reasons for our success through all sorts of different market environments is our ability to diversify our investment strategies to not rely too heavily on just one, for instance,

Text on screen: PIMCO's active advantage - Diverse sources of return for resiliency even in challenging markets

yield enhancement or going down in credit quality. That can work well for some periods of time, but it certainly doesn’t work well in others.

Text on screen: PIMCO's active advantage - Alpha potential is even more meaningful in a low return environment

Actively managed core bonds allows a significant amount of increase in potential return because of in a low rate environment the alpha that we generate in many cases can be a significant part of the overall return, and we think that will continue to be the case going forward.

Text on screen: Core bonds: Consistent anchor in investor's portfolio

So think about core bonds—particularly our version which tends to be a higher quality offering in that space—as sort of the anchor of the portfolio even while credit spreads are widening or we have some risk off event.

David: Great. Well, thanks for joining me today, and thanks to all of you as well.

For more information visit pimco.com

フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Bond by Bond
    Careers
    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    PIMCO Foundation
    PIMCO Education
    View from the Investment Committee
    View From the Trade Floor
    Viewpoints
    Education
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
  • 債券の銘柄選択
  • 経済・市場コメント
  • 運用戦略
  • インベストメント・コミッティー
  • View From the Trade Floor
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • A
  • B
  • C
  • D
  • F
  • G
  • H
  • I
  • K
  • M
  • O
  • P
  • R
  • S
  • T
  • W
  • Z
クリア
Tina Adatia
債券ストラテジスト
Del Anderson
クレジット・アナリスト
Meredith Block
ESG Research Analyst
David L. Braun
ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャー
Jelle Brons
グローバル社債チームのポートフォリオ・マネージャー
Erin Browne
マルチアセット戦略担当ポートフォリオ・マネージャー
Grover Burthey
ESGポートフォリオ・マネジメントの統括責任者
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Stephen Chang
ポートフォリオ・マネージャー
Devin Chen
米国商業用不動産チームの共同統括責任者
Pramol Dhawan
エマージング市場ポートフォリオ・マネジメントの統括責任者
Joachim Fels
グローバル経済アドバイザー
David Fisher
戦略的パートナービジネスの共同統括責任者
Nick Granger
定量分析担当ポートフォリオ・マネージャー
Adam Gubner
Portfolio Manager, Distressed Debt
Gregory Hall
米国グローバル・ウェルス・マネジメント統括責任者
Ray Huang
エグゼクティブ・バイス・プレジデント
Daniel H. Hyman
エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者
Daniel J. Ivascyn
グループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
サステナビリティのグローバル統括責任者
Jason Mandinach
オルタナティブ・クレジット戦略およびプライベート戦略統括責任者
Samuel Mary
ESGリサーチ・アナリスト
Scott A. Mather
米国コア戦略担当 最高投資責任者(CIO)
Kyle McCarthy
オルタナティブ・クレジット・ストラテジスト
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
John Murray
商業用不動産投資を担当するポートフォリオ・マネージャー
Jason Odom
アセットアロケーション・ストラテジスト
Rick Pagnani
保険リンク証券の統括責任者
Lupin Rahman
ソブリン・クレジットのグローバル統括責任者
Steve A. Rodosky
ポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Marc P. Seidner
非伝統的戦略担当の最高投資責任者
Emmanuel S. Sharef
住宅市場分析のスペシャリスト
Anmol Sinha
Kimberley Stafford
プロダクト戦略部門 グローバル統括責任者
Christian Stracke
グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者
Geraldine Sundstrom
アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
Francois Trausch
アリアンツ・リアルエステート 最高経営責任者(CEO)兼 最高投資責任者(CIO)
Megan Walters
アリアンツ・リアルエステート 調査部門 グローバル統括責任者
Qi Wang
ポートフォリオ執行担当 最高投資責任者(CIO)
Jamie Weinstein
ポートフォリオマネージャー、スペシャル・シチュエーションズ戦略責任者
Tiffany Wilding
北米担当エコノミスト
Kirill Zavodov
ポートフォリオ・マネージャー
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
Unlocking Alternatives: Opportunities in European Data Centres
Taking Credit: Current Opportunities in Public and Private Markets
PIMCOの視点

パブリック・プライベート両市場における現在の投資機会 (video)

パブリック・プライベート両市場における現在の投資機会

グループCIOのダン・アイバシンがクレジット市場全般に見い出している大きな投資機会に期待をしている理由と、パブリック(公開市場)・プライベート(非公開市場)の両市場にアクセスできるPIMCOが、いかにユニークな立場にあり、流動性が高い資産から低い資産に至る全範囲で現在の投資機会を活用できるのかについてご説明します。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる