PIMCOの視点

エマージング市場についての見解

エマージング市場ポートフォリオ・マネジメントの統括責任者であるプラモル・ダワンが、当該資産クラスの最近の混乱と、ボラティリティの沈静化に伴い投資機会が浮上するセグメントについてご説明します。

「不安定な市場環境での投資」 その他のレポートはこちら

詳しくはこのセクションから

テキスト形式で読む

エマージング市場の最新状況

新型コロナウイルスの感染拡大がエマージング市場を襲っています。従来リターンが高く、リスクも高いこのアセットクラスは投資家が安全資産に向かうのにしたがい打撃を受けています。ロシアやメキシコなどの一部の新興国は、主要な石油輸出国でもあり、最近の原油価格の暴落による打撃を受けています。

エマージング市場にとって一度に多くのことが起こりました。この結果、エマージング通貨が対米ドルで急落する一方、エマージング資産を保有するために投資家が要求するプレミアムが急上昇しています。

もちろん、今回のショックはエマージング市場中心ではなく、世界的なものであり、世界中の中央銀行や財政当局による世界的な対策が行われています。深刻かつ長引く景気後退を回避すべく、前例のない規模の金融・財政の刺激策が次々と打ち出されています。欧米各国と同様、エマージング諸国の金融・財政当局も現地市場に流動性を注入し、ショックを緩和しようと刺激策のパッケージを可決させています。

これまでの影響は?

エマージング債の最近の売りは無差別であり、政策の柔軟性に乏しいリスクのある発行体だけでなく、バランスシートが堅固で信用力の高い発行体にも影響を及ぼしています。3月のある時点で、エマージング債市場は一方的な売り圧力に圧され、数週間のうちに約400億ドルが流出しました。これは前例のない数字です。こうした混乱は損失をもたらしただけでなく、リスクプレミアムと利回りを滅多に見られない水準に押し上げました。

これにより投資への扉が開かれたと考えています。米ドル建て債のスプレッドは過去最大近くまで拡大しており、投資家にとってはこれまでなかった水準のデフォルトが補償される可能性があります。

今後の見通しは?

修復には時間がかかるとみています。エマージング市場はPIMCOの考えるリスク同心円の「外周」にある資産であり修復は内側から始まるはずです。まず米国債市場、次いでAAA格の米国のモーゲージ市場、次に高格付けの米国社債市場へと進むとみられます。

さらに依然として不確実性がかなり高く、ロックダウンの影響は当初の想定よりかなり長引く可能性があります。エマージング市場の発行体の一部はデフォルト(債務不履行)に陥るとみられ、信用力の低い石油輸出国は特に脆弱です。

そのため短期的には米ドル建ての高格付けのソブリンおよび企業の発行体を選好します。特にバランスシートの堅固な発行体を選好します。レバレッジ比率が低く、過大な現金準備を有する発行体の大半は、中央銀行 ソブリン・ウエルス・ファンド、いわゆる「緊急時基金」に保有されていますが、これはまさに過去の幾多の危機を乗り越えてきたからです。

エマージング市場については、現在の混乱が落ち着いた暁には長期的にどうなるかを考えると興味深いはずです。現地通貨建てエマージング債はいまだに「オールド・ノーマル」(過去の標準)の利回りを提供してくれる数少ないセグメントです。利回りは投資適格債で主に4%~8%のレンジです。これは欧州や日本だけでなく、今や米国の利回りと比べても非常に対照的です。ボラティリティが落ち着くにつれて投資家はリスク同心円の外側にある現地通貨建て市場に向かうとみられます。

通貨は割安であり、現地通建ての利回りは、先進国の利回りに比べて引き続き高い水準にあるとみています。

エマージング市場投資において、これまで同様何よりも重要なのは、国や発行体の分散と長期的な視点をもつことです。

フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Bond by Bond
    Careers
    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    PIMCO Foundation
    PIMCO Education
    View from the Investment Committee
    View From the Trade Floor
    Viewpoints
    Education
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
  • 債券の銘柄選択
  • 経済・市場コメント
  • 運用戦略
  • インベストメント・コミッティー
  • View From the Trade Floor
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • A
  • B
  • C
  • D
  • F
  • G
  • H
  • I
  • K
  • M
  • O
  • P
  • R
  • S
  • T
  • W
  • Y
クリア
Tina Adatia
債券ストラテジスト
Del Anderson
クレジット・アナリスト
David L. Braun
ジェネラリスト・ポートフォリオ・マネージャー
Jelle Brons
グローバル社債チームのポートフォリオ・マネージャー
Erin Browne
マルチアセット戦略担当ポートフォリオ・マネージャー
Grover Burthey
ESGポートフォリオ・マネジメントの統括責任者
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Stephen Chang
ポートフォリオ・マネージャー
Devin Chen
米国商業用不動産チームの共同統括責任者
Pramol Dhawan
エマージング市場ポートフォリオ・マネジメントの統括責任者
Joachim Fels
グローバル経済アドバイザー
David Fisher
戦略的パートナービジネスの共同統括責任者
Nick Granger
定量分析担当ポートフォリオ・マネージャー
Gregory Hall
米国グローバル・ウェルス・マネジメント統括責任者
Ray Huang
エグゼクティブ・バイス・プレジデント
Daniel H. Hyman
エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者
Daniel J. Ivascyn
グループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
サステナビリティのグローバル統括責任者
Jason Mandinach
オルタナティブ・クレジット戦略およびプライベート戦略統括責任者
Samuel Mary
ESGリサーチ・アナリスト
Scott A. Mather
米国コア戦略兼サステナブル投資担当 最高投資責任者(CIO)
Kyle McCarthy
オルタナティブ・クレジット・ストラテジスト
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
John Murray
商業用不動産投資を担当するポートフォリオ・マネージャー
Jason Odom
アセットアロケーション・ストラテジスト
Rick Pagnani
保険リンク証券の統括責任者
Lupin Rahman
ソブリン・クレジットのグローバル統括責任者
Steve A. Rodosky
ポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Marc P. Seidner
非伝統的戦略担当の最高投資責任者
Emmanuel S. Sharef
住宅市場分析のスペシャリスト
Anmol Sinha
Kimberley Stafford
プロダクト戦略部門 グローバル統括責任者
Christian Stracke
グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者
Geraldine Sundstrom
アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
Francois Trausch
アリアンツ・リアルエステート 最高経営責任者(CEO)兼 最高投資責任者(CIO)
Megan Walters
アリアンツ・リアルエステート 調査部門 グローバル統括責任者
Qi Wang
ポートフォリオ・マネージャー
Jamie Weinstein
ポートフォリオマネージャー、スペシャル・シチュエーションズ戦略責任者
Tiffany Wilding
北米担当エコノミスト
Nelson Yuan
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
経済・マーケット関連

インフレリスクをヘッジする3つの方法(video)

インフレリスクをヘッジする3つの方法

インフレに強いポートフォリオにするための方法は沢山あります。今日は投資妙味が増しているエマージング通貨、グリーン・エネルギー、不動産の3つをご紹介します。

アセットアロケーション展望の詳細を読む

Does the 60-40 Portfolio Still Make Sense?
経済・マーケット関連

株式60%債券40%のポートフォリオはまだ有効? (video)

株式60%債券40%のポートフォリオはまだ有効?

インフレリスクの高まりなど不確実性が高い今の環境では、ポートフォリオ構築が重要です。投資家はポートフォリオを分散する選択肢を広げることを検討するべきでしょう。

アセットアロケーション展望の詳細を読む

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる