インベストメント・コミッティー

2020年の注目点:相対価値の投資機会

投資家が相対価値、非効率的な市場での投資機会に注目すべき理由と、PIMCOがグローバルで事業を拡大している理由について、グループ最高投資責任者(CIO)のダン・アイバシンがご説明します。

詳しくはこのセクションから

テキスト形式でみる

フィッシャー:デビッド・フィッシャーです。今回もグループ最高投資責任者(CIO)のダン・アイバシンがPIMCOのインベストメント・コミッティー(IC)における最近の議論をご紹介します。

2019年は大半の資産クラスにとってかなり異例の年となり、全般に高いリターンを記録しました。2020年に入ってややボラティリティが高まり、市場は行きつ戻りしているようです。ICは2020年の市場をどのように見ているのでしょうか。

アイバシン:確かに2019年は、ほとんどの金融市場にとって素晴らしい年でした。価格の点で、ほぼすべての市場が上昇したという意味ではやや特異な年だったと言えるでしょう。そのため2020年の先行きについては、バリュエーションがやや過大になっているとみています。歴史的な文脈で株式と債券双方のバリュエーションを見ると、既に妥当な水準にあり割安ではなく割高に近づいているようです。また不確実性の要因が増えています。そのため今後2、3年については、予想リターンは低下し、ボラティリティが上昇するとみています。もちろんこれは最終投資家にとって、より難しい環境になるということです。

もう1つ認識している点があります。非常に好調だった2019年からの流れなので意外ではないのですが、少なくとも1月上旬のムードはきわめて楽観的だったということです。これはグローバル経済のファンダメンタルズについてだけでなく、金融資産全般で高いリターンが続くとの見通しによるものでした。最近のボラティリティの上昇で自信はやや揺らいでいますが、概して言えば、市場にはまだ相当程度の楽観論があり、押し目買いの意欲があり、リターンの方向に関してかなりの確信を持っているとみています。

フィッシャー:2019年についてもう1つ興味深いのはフローの側面です。特に債券への投資資金の流入が旺盛でした。これまでのところ2020年に入ってもこの流れは続いています。利回りが極めて低い水準にとどまっているにもかかわらずです。投資家を債券に向かわせている要因は何なのでしょうか。

アイバシン:債券を求める投資家は、2つのカテゴリーに分けられると考えられます。第1のカテゴリーは、安定的かつ継続的な収益源を求める投資家グループです。このグループは、低金利環境で目標達成が次第に難しくなっています。第2のカテゴリーは、相対的に良好なパフォーマンスで資本の保全を求める投資家です。他の資産のパフォーマンスが低調な中、この目的に適うのが債券です。

ここ最近、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う不確実性の高まりを受けて、ボラティリティが上昇していますが。この間も、質の高い債券ポートフォリオの防御的な性質が改めて確認されています。こうした防御的な性質が、債券アロケーションの主な魅力であるとの見方を継続しています。

リテールでも機関投資家でも、私共のお客様のかなりの割合は、環境が一段と厳しくなった場合にこうしたタイプのプロテクションを求めるだろうとみられます。これは、経済のファンダメンタルズの観点、また直近のようなリスク要因の観点の両面からです。

フィッシャー:では 、現時点で債券市場のどこに機会があるとみているのでしょうか。

アイバシン:利回りの水準が極めて低く、スプレッドは縮小し、株式のバリュエーションがかなり押し上げられている現状を踏まえると、PIMCOをはじめとする投資家は、より創造的に打って出てリターンを確保する必要があると言えるでしょう。

私共が取り組んでいることの1つが、投資機会の拡大です。すでにかなりの投資を行っていますが、今後も多額の投資を継続しグローバルなシェアを拡大するつもりです。重視しているのは、ここ数年で大幅に成長した新たな市場です。こうした市場は効率では先進市場に若干劣る傾向があるものの、投資家に興味深い投資機会を提供します。一例がエマージング市場、注目が高まるアジア全般です。質の高いレート志向の市場でも、クレジット市場でも、欧州や中南米などでの事業拡大も機会拡大の一環です。

次に、お客様の直接のご依頼による、より柔軟なマンデートを重視しています。これは従来の戦略の中で柔軟なマンデートを増やすと共に、プライベート・セグメント内で事業を拡大することでもあります。魅力的な利回りを生み出す方法を求めて、下落時の回復力を維持しながら、ポートフォリオの利回り向上の方法を模索します。これは私共がテーマ別に取り組もうとしていることです。

繰り返しになりますが、これは柔軟性を高めたいというお客様の要望に基づいて、ご提供する機会を拡大するために取り組んでいるものです。2020年初頭のバリュエーションを出発点とすると、ベータのリターンの源泉としてスプレッドのさらなる縮小に頼ることは難しくなるとみられます。そのため相対価値に注目することがますます重要になっていくでしょう。

より市場に中立的な意味で、注目しているのは以下の点です。ボラティリティに関連する歪み、市場の一部のセグメントの相対的流動性と連動したオーバーシューティング、規制に関連して起きている摩擦、政治的環境の不確実性の高まりに伴う摩擦と投資機会。

フィッシャー:過去によく言及された分野の1つが、住宅関連投資でした。基本的にPIMCOはこの分野をかなり前向きに評価してきましたが、何か変更点はあるのでしょうか?

アイバシン:いいえ むしろ現在はより一層、相対的にメリットがある住宅関連セクターへのアロケーションを重視するポートフォリオへの自信を深めています。一般の伝統的な企業クレジットアセットに対しては、過熱気味の需要が続いてきました。大量発行が続いたことから、引き受けの質がやや劣化していること、さらに悪化することも意外ではありません。

住宅市場は全般にファンダメンタルズが引き続き安定しています。意外ではないのは、金融危機後に規制が強化され、格付け機関や投資家が保守的になり、いまだにそれが続いているからです。したがって相対バリューの観点でみると、こうした住宅関連投資は、2020年初頭の現時点で相対的な魅力を増していると考えています。

注目すべき第2の点は、政府系モーゲージ債の分野で起きていることで、最近の金利上昇に関連があります。昔ながらの政府系モーゲージ担保証券は大幅に安くなっています。これらは米国政府またはその機関が直接保証する証券です。これらは魅力的な選択肢であり、高格付けの社債や、米国債の代替となりますが、利回りを高めるにはやや複雑な取引になります。

フィッシャー:ありがとうございました。みなさんご覧いただきありがとうございます。またお会いしましょう。

ご留意事項



2020年2月5日収録

ここでの「割安、割高」という用語は、当該証券や資産クラスの長期平均並びに運用担当者の将来予想価格を大幅に下回る、あるいは上回るという意味で使われています。将来の運用成果の保証や、証券の評価が利益の確保、または損失を回避する保証はありません。

債券は、デフォルトがない場合、定期的かつ安定的な利子が支払われる傾向があります。債券はボラティリティが低く、歴史的に株式やその他のリスク資産との相関性が低い傾向があることから、投資ポートフォリオの優れた分散手段になります。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

すべての投資は 、リスクが伴い価値を失う可能性があります。 債券市場への投資は、市場、金利、発行者、信用、インフレリスク、流動性リスクなどのリスクの影響を受けます。ほとんどの債券と債券戦略の価値は、金利の変化の影響を受けます。期間が長い債券および債券戦略は、期間が短い債券および債券戦略よりも敏感で不安定になる傾向があります。債券価格は通常、金利が上昇すると低下し、低金利環境ではこのリスクが増大します。債券カウンターパーティの能力の低下は、市場の流動性の低下と価格の変動性の増大に寄与する可能性があります。債券投資は、償還時の元のコストよりも多かれ少なかれ価値があります。信用度 特定の証券や種類の証券のは信用度は、ポートフォリオ全体の安定性や安全性を保証するものではありません。 株式は、実際の市場と認識されている一般的な市場、経済、産業の両方の状況により、価値が低下する可能性があります。 住宅ローンおよび資産担保証券金利の変動に敏感であり、早期の返済リスクにさらされる可能性があり、一般に政府、政府機関または民間保証人によってサポートされているが、保証人が満たされる保証はないその義務。ジニーメイ(GNMA)が発行した証券は、米国政府の完全な信頼と信用に支えられています。フレディーマック(FHLMC)およびファニーメイ(FNMA)が発行した証券は、元本および利息の適時の返済を代理店に保証しますが、米国政府の完全な信用および信用に裏付けられていません。

本資料で言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。

本ビデオには、ビデオ作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本ビデオは情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本ビデオに記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。

PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。本資料の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、引用することを禁じます。本資料の著作権はPIMCOに帰属します。2020年

(注)PIMCOはパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーを意味しその関係会社を含むグループ総称として用いられることがあります。

ピムコジャパンリミテッド
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス18階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号
加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会

フィルタ: すべてリセット

フィルタ

Close Filters Dropdown
  • タグ

    リセット

    閉じる
  • Category

    リセット

    Economic and Market Commentary
    Investment Strategies
    Bond by Bond
    Viewpoints
    Careers
    Education
    PIMCO Foundation
    View from the Investment Committee
    閉じる
  • リセット

    閉じる
() filters applied

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
  • 債券の銘柄選択
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • インベストメント・コミッティー
  • A
  • B
  • C
  • D
  • F
  • H
  • I
  • K
  • M
  • R
  • S
  • T
  • V
  • W
クリア
Tina Adatia
プロダクト・ストラテジスト
Olivia A. Albrecht
ESGおよび債券ストラテジスト
Erin Browne
Portfolio Manager, Asset Allocation
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Stephen Chang
ポートフォリオ・マネージャー
Pramol Dhawan
エマージング市場ポートフォリオ・マネジメントチーム統括
Joachim Fels
グローバル 経済アドバイザー
David Fisher
伝統的プロダクト戦略統括
Daniel H. Hyman
エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者
Daniel J. Ivascyn
PIMCOグループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
ヘッジ・ファンドおよびクオンツ戦略の統括責任者
Jason Mandinach
クレジット・ストラテジスト
Scott A. Mather
米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
John Murray
商業用不動産投資を担当するポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Sapna Shah
社会的責任の統括責任者
Anmol Sinha
債券ストラテジスト
Cathy Stahl
グローバル・マーケティング責任者
Christian Stracke
グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者
Geraldine Sundstrom
アセットアロケーション戦略担当のポートフォリオ・マネージャー
Freida Tay
Head of Singapore Retail Business
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
John Valtwies
Research, Consultants and Product Group
Jamie Weinstein
ポートフォリオマネージャー、スペシャル・シチュエーションズ戦略責任者
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
Finding Value on the Uneven Road to Recovery
インベストメント・コミッティー

不確実性伴う回復局面での投資機会(video)

不確実性伴う回復局面での投資機会

グループ最高投資責任者(CIO)のダン・アイバシンが、経済が悪化した際には、なぜ質が高く、流動性の高い資産の回復力が期待できるのかについてご説明します。

Straight From PIMCO: 3 Stages of Distress in Commercial Real Estate
PIMCOの視点

商業用不動産投資: ディストレストの三つの段階(video)

商業用不動産投資: ディストレストの三つの段階

PIMCOの米州商業用不動産投資を統括するジョン・マーレーが、経済封鎖に伴い同セクターにおけるディストレスト(経営破綻や不振で財務内容が悪化した状態)の段階がどのように変化する見通しなのか、そしてその過程で生じうる多様な投資機会についてご説明します。

20 Years of PIMCO’s Investment Grade Credit Bond Strategy
運用戦略

何十年も数々のクレジット・サイクルを乗り越えてきた実績(video)

何十年も数々のクレジット・サイクルを乗り越えてきた実績

グローバル・クレジット担当の最高投資責任者(CIO)マーク・キーセルが、PIMCOのクレジット投資の体制と、長期的に超過収益の提供を可能とする強みについ���ご説明します。

「不安定な市場環境での投資」 その他のレポートはこちら

On Path to Recovery, Patience is Key
インベストメント・コミッティー

回復への道、忍耐がカギ(video)

回復への道、忍耐がカギ

グループCIOのダン・アイバシンが景気回復についてのPIMCOの基本シナリオと、忍耐強くリスクを意識した投資家が、どのように信用力の高い債券セクターで生まれつつある魅力的な投資機会をとらえていけるかをご説明します。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる