インベストメント・コミッティー

債券市場ではなおも防御が最大の攻撃

ポートフォリオでは徐々にリスクを積み増しながらも、今後の不透明な環境下で守りの姿勢を維持している理由について、 グループ最高投資責任者(グループCIO)のダン・アイバシンがご説明いたします。

詳しくはこのセクションから

テキスト形式で読む

デビット: デビッド・フィッシャーです。今回はグループ最高投資責任者(グループCIO)のアイバシンが、PIMCOのインベストメント・コミッティー(IC)における最近の議論をご紹介します。

最近投資家が懸念しているのが米国利回り曲線の形状です。3月には米国10年国債の利回りが3カ月物の利回りを一時的に下回り多くの投資家がこれを景気後退の前触れだろうと指摘しました。ICはこれをどうみていますか? 

米国で景気後退は迫っているのでしょうか?

ダン:そうは考えていません。むしろ世界経済は今年全般的にプラス成長になるとみています。米国経済も2%前後の成長を予想しています。確かに利回り曲線フラット化には注意が必要で背景を理解したいとは思います。先行きには不透明感も高まっていると考えています。実際来年米国では非常に重要であるものの不確実な大統領選挙が控えています。

また中国を筆頭に世界貿易関連では大きな不確実性も残っています。

しかし米国の利回り曲線の一部が逆転しただけで、景気後退が迫っているとみるのは早計だと考えています。

デビット: では投資にはどのような影響があるのでしょうか?利回り曲線に対する最近のPIMCOのポジションはどうなっていますか?

ダン:PIMCOでは、 ポートフォリオ全体でどれほどの金利リスクを取るかについて長時間議論してきました。厳選しながらも、多くの戦略で金利リスクをやや引き下げてきました。金利はほぼレンジ内で推移すると考えていますが、第1四半期には金利低下がみられたのでPIMOOの基本的な経済見通しに照らし、年後半には金利が反転するリスクがあるとみています。

デュレ―ションと金利リスクの取りどころについては、利回り曲線の中央部の5年から7年の範囲に集中しています。

利回り曲線のその部分は米連邦準備制度理事会(FRB)のハト派転換に対する市場の反応に、最も多くの恩恵を受けてきました。力強いパフォーマンスで多少魅力は落ちましたが、引き続きまだその満期部分を選好しています。

デビット:政策金利は現在中立に近いとFRBは明言しています。実際に現在の市場では、利上げの前に利下げを見込んでいます。短期的な金利の方向性とその影響を教えてください。

ダン:FRBをはじめ中央銀行は、強いハト派姿勢を維持するとの見方には賛成します。FRBはここ数カ月市場参加者に対して将来の利上げには非常に慎重な姿勢で望みたいとあえて明確に伝えています。これに対し市場は政策リスクが今日ほぼ対称的だとみています。つまり次回のFRBの動きに対し金利が上昇する確率と下落する確率は、ほぼ同じだと考えているようです。PIMCOではやや慎重な見方をしています。言い換えれば、市場は恐らく若干先走り過ぎだと考えています。

先程お話ししたとおり、世界の経済成長はプラスを維持するでしょう。年後半には再加速する可能性もあります。

しかし金利市場は現在、まだ経済成長が再加速するリスクを織り込んではいません。

中国との確固とした貿易合意や、米国内の政治的緊張の緩和など政策面での改善がみられれば、また米国の経済活動をみても、年後半には成長率の一段の伸びやインフレ圧力の一層の高まりも見られるかもしれません。

そうなった場合、金利は上昇する可能性が高くなります。

デビット:昨年第4四半期のPIMCOのポートフォリオについて、ICの防御姿勢の強さがひとつあげられます。市場のボラティリティに対し中央銀行は実質的に動きを止め、かなりハト派寄りになりましたが、それでも守りの姿勢は適切だと考えていますか?

ダン:限界的にはもう少しリスクは取れると思います。しかし守り重視の姿勢が重要であることに変わりはありません。

住宅関連投資は、米国の社債の代替として非常に魅力的だとも話してきました。多少であっても、分散に非常に適したもう一つのセクターはエマージング市場です。

中央銀行が動かず世界が安定的に成長している場合、エマージング市場は概して良好なパフォーマンスとなります。

もちろんこの資産クラスにも、PIMCOの見通しにもリスクはあります。

しかしエマージング市場の一部には、絶好のポートフォリオ分散効果をもたらす分野もあると考えています。

中央銀行の動きがプラスの環境にあることから、やや攻めの姿勢を取っていますが、将来のボラティリティの高まりに備えて強い耐性も整えたいと思います。

市場のボラティリティが高くなった時にポートフォリオを守ることができれば、他の市場参加者が流動性を必要とし、リスク削減を望んでいるとき、PIMCOは攻めに転じることができるでしょう。

デビット:ありがとうございました。

ダン:こちらこそありがとうございました。みなさん、またお会いしましょう。

ご留意事項


2019年4月15日撮影

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

全ての投資 にはリスクが伴い、価値は下落する場合があります。債券市場 への投資は市場、金利、発行者、信用、インフレ、流動性などに関するリスクを伴うことがあります。ほぼ全ての債券及び債券戦略の価値は金利変動の影響を受けます。デュレーションの長い債券及び債券戦略は、より短い債券及び債券戦略と比べて金利感応度と価格変動性が高い傾向にあります。一般に債券価格は金利が上昇すると下落し、現在のような低金利環境ではリスクが高まります。債券取引におけるカウンターパーティーの取引能力の低下が市場流動性の低下や価格変動制の上昇をもたらす可能性があります。債券への投資では換金時に当初元本を上回ることも下回ることもあります。 外貨建てあるいは外国籍の証券 への投資には投資対象国の通貨価値の変動や経済及び政治情勢に起因するリスクを伴うことがあり、新興成長市場 への投資ではかかるリスクが増大することがあります。分散投資によって、損失を完全に回避できるわけではありません。

本ビデオで言及した投資戦略が、あらゆる市場環境においても有効である、またはあらゆる投資家に適するという保証はありません。投資家は、自らの長期的な投資能力、特に市場が悪化した局面における投資能力を評価する必要があります。投資判断にあたっては、必要に応じて投資の専門家にご相談ください。

デュレーションは、債券価格の金利変動に対する感応度を計測するものであり、単位は年で表されます。

本ビデオには、ビデオ作成時点でのPIMCOの見解が含まれていますが、その見解は予告なしに変更される場合があります。本ビデオは情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本ビデオに記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。

PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。

(注)PIMCOはパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーを意味し、その関係会社を含むグループ総称として用いられることがあります。

ピムコジャパンリミテッド
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス18階
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号
加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
経済・マーケット関連

減速する世界に備えた守りのポジション

減速する世界に備えた守りのポジション

PIMCOのアセットアロケーションの専門家は、景気が減速する中でポートフォリオのポジションを構築するにあたり、投資家は質を重視し、保守的な姿勢を維持すべきだと考えています。

インベストメント・コミッティー

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

グループCIOのダニエル・アイバシンが、低金利時代の投資、エマージング市場での投資機会、そしてPIMCOが長期的な見方に立ったアプローチを重視する理由についてご説明します。

PIMCOの視点

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

2019年長期経済予測:投資家にとっての意味合い

向こう35年に投資家は何を期待できるでしょうか。グループCIOのダン・アイバシンとグローバル・エコノミック・アドバイザーのヨアヒム・フェルズが、向こう35年の経済及び市場の状況と投資家が考慮すべきことについて論じます。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる