運用戦略

アクティブ運用対パッシブ運用: なぜ債券は違うのか

本ビデオはゴールドマンサックス、「Talk at GS」9月14日の対談の中で、ゴールドマンサックスの会長兼CEOであるデービッド ソロモン氏とPIMCOのCEOであるマニー ローマンが、債券運用においてパッシブ運用よりもアクティブ運用が有効であるといわれる点について議論します。
アクティブ運用とパッシブ運用に関する詳しい説明は、「債券は違う」をご参照ください。

詳しくはこのセクションから

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
経済・マーケット関連

減速する世界に備えた守りのポジション

減速する世界に備えた守りのポジション

PIMCOのアセットアロケーションの専門家は、景気が減速する中でポートフォリオのポジションを構築するにあたり、投資家は質を重視し、保守的な姿勢を維持すべきだと考えています。

インベストメント・コミッティー

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

利回り低下とボラティリティ上昇の局面

グループCIOのダニエル・アイバシンが、低金利時代の投資、エマージング市場での投資機会、そしてPIMCOが長期的な見方に立ったアプローチを重視する理由についてご説明します。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる