運用戦略

アクティブ運用対パッシブ運用: なぜ債券は違うのか

本ビデオはゴールドマンサックス、「Talk at GS」9月14日の対談の中で、ゴールドマンサックスの会長兼CEOであるデービッド ソロモン氏とPIMCOのCEOであるマニー ローマンが、債券運用においてパッシブ運用よりもアクティブ運用が有効であるといわれる点について議論します。
アクティブ運用とパッシブ運用に関する詳しい説明は、「債券は違う」をご参照ください。

詳しくはこのセクションから

ビデオ一覧

コンテンツ を探す
分野別で探す
  • 経済・マーケット関連
  • 運用戦略
  • PIMCOの視点
  • 債券の基礎
  • ビジネスアップデート
  • インベストメント・コミッティー
著者で探す
  • A
  • C
  • F
  • H
  • I
  • K
  • M
  • P
  • R
  • S
  • T
  • V
  • W
  • Z
クリア
Olivia A. Albrecht
ESGおよび債券ストラテジスト
Mike Amey
ポンド建てポートフォリオおよびESG戦略統括
Libby Cantrill
エグゼクティブ・オフィス
Richard Clarida
元グローバル戦略アドバイザー、2006~2018年
Joachim Fels
グローバル 経済アドバイザー
David Fisher
伝統的プロダクト戦略統括
Daniel H. Hyman
エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者
Daniel J. Ivascyn
グループ最高投資責任者(グループ CIO)
Mark R. Kiesel
グローバル・クレジット担当最高投資責任者(CIO)
Ryan Korinke
ヘッジ・ファンドおよびクオンツ戦略の統括責任者
Jason Mandinach
クレジット・ストラテジスト
Scott A. Mather
米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)
Lalantika Medema
Alternative Credit Strategist
Mohit Mittal
ポートフォリオ・マネージャー
Alfred T. Murata
モーゲージ・クレジットチームのポートフォリオ・マネージャー
Sonali Pier
ハイイールド・クレジット担当のポートフォリオ・マネージャー
Emmanuel Roman
最高経営責任者(CEO)
Jerome M. Schneider
ショートタームおよびファンディング・デスクの統括責任者
Christian Stracke
グローバル・クレジット・リサーチ・グループの統括責任者
Freida Tay
Head of Singapore Retail Business
Jessica K. Tom
シニア・クレジット・アナリスト
Eve Tournier
汎欧州クレジット・ポートフォリオ・マネジメント統括責任者
John Valtwies
Research, Consultants and Product Group
Qi Wang
ポートフォリオ・マネージャー
Niamh Whooley
ESGアナリスト
Tiffany Wilding
米国のエコノミスト
Mihir P. Worah
アセットアロケーションおよびリアル・リターン担当最高投資責任者(CIO)
Vicky Zhao
エマージング市場担当のポートフォリオ・マネージャー
PIMCO
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
運用戦略

債券の銘柄選択:ポジティブな変化への債券投資

債券の銘柄選択:ポジティブな変化への債券投資

運用戦略 債券の銘柄選択:ポジティブな変化への債券投資 PIMCOのESGチームのメンバーが、良い社会を築きながら、持続可能な視点を債券投資に融合することが、どうポートフォリオにポジティブな影響をもたらせるのかをご説明します。 ビデオをみる > NIAMH WHOOLEY, SCOTT A. MATHER, MIKE AMEY 2018年12月

運用戦略

アクティブ運用対パッシブ運用: なぜ債券は違うのか

アクティブ運用対パッシブ運用: なぜ債券は違うのか

本ビデオはゴールドマンサックス、「Talk at GS」9月14日の対談の中で、ゴールドマンサックスの会長兼CEOであるデービッド ソロモン氏とPIMCOのCEOであるマニー ローマンが、債券運用においてパッシブ運用よりもアクティブ運用が有効であるといわれる点について議論します。
アクティブ運用とパッシブ運用に関する詳しい説明は、「債券は違う」をご参照ください。

PIMCOの視点

金利上昇は住宅市場に打撃を与えるか

金利上昇は住宅市場に打撃を与えるか

PIMCOでは、価格水準、需要、供給という3つの理由に基づいて、米国の住宅市場を前向きに捉えています。エージェンシー・モーゲージ債ポートフォリオ・マネジメントチームの共同統括責任者のダニエル・ハイマンが、住宅市場に対するPIMCOの前向きな見方の背景にある要因について、解説します。

運用戦略

債券の銘柄選択: すべての市場で動ける準備を

債券の銘柄選択: すべての市場で動ける準備を

グローバル・クレジット担当CIOであるマーク・キーセルが、PIMCOのポートフォリオ・マネージャーがどのようにボトムアップ・プロセスから銘柄選択をし、今後有望と見られるグローバルな消費関連を含むすべての市場で動ける準備をしているのかについてご説明いたします。

結果をさらにダウンロードする さらに {{cCtrl.fetchResults}} コンテンツをみる