ワップ取引とは、二者がある一定期間にわたり将来のキャッシュフローを交換する契約で、スワップ取引を用いることで様々なキャッシュフローを交換することが可能です。ただし、少なくとも約定時点において二つのキャッシュフローの価値(現在価値)が等しいことが前提になります。

スワップ取引の代表的な例として「金利スワップ」や「通貨スワップ」が挙げられます。

金利スワップ:(同じ通貨の)異なる金利のキャッシュフローを交換

通貨スワップ:異なる通貨のキャッシュフローを交換

金利スワップ

金利スワップの最も一般的な形態は、一方のカウンターパーティが固定金利を支払い、もう一方が変動金利を支払う取引です。例えば、図表2の取引例のようにカウンターパーティAはカウンターパーティBに対し今 後10年間にわたり年利2%の固定金利を3か月ごとに支払い、BはAに対してLIBOR金利を同様に3か月ごとに支払うという取引を考えます。LIBOR金利は毎支払い時の3か月LIBORのレートが適 用されるため、将来時点の金利は変動します。

想定元本

固定金利、変動金利それぞれの金利レートおよび期間を取り決める以外に必要なのが、「想定元本」の設定です。債券のクーポンが債券額面に利率を乗じて決まるように、金利スワップにおいてもこの想定元本 に固定ないし変動金利を乗じて支払い額が決まります。ただし、想定元本はその言葉が表すとおり想定上の元本であり、金利支払いを算出する際の額面金額としてのみ参照され、実際に二者間で元本がやりとり されるものではありません。

金利スワップのキャッシュフロー

想定元本が1億円、期間10年で3ヶ月おきにカウンターパーティAが年率2%の固定金利を支払い、カウンターパーティBから変動金利として3か月円LIBOR金利を受け取る金利スワップを組んだ場 合の3ヶ月毎のカウンターパーティAのキャッシュフローを計算すると図表3のようになります。

これを図で示すと図表4のようになります。

カウンターパーティBのキャッシュフローはAと反対方向の流れですから、カウンターパーティBでは受取額が固定金利で計算される一方で、支払い額が毎回変動することになります。

スワップ金利とスワップの価値

通常、金利スワップを組んだ時点においては、双方のカウンターパーティにとって発生するキャッシュフローが同じ現在価値にならなければならず、同時点で市場が織り込む将来の変動金利

(LIBOR)と現在価値が等しくなるような固定金利を通常「スワップ金利」と呼びます。なお、約定時点において金利スワップの価値は双方のカウンターパーティにとって通常ゼロになります。

金利スワップの価値の変化

金利スワップを約定した後、市場の金利が変化すると、金利スワップの価値も変化していきます。先ほどの例と同様に、カウンターパーティAがBに対し、年率0.5%の固定金利を支払い、LIBORをBから受け取る1年間の金利スワップを想定します。金利スワップを約定した後に、市場のスワップ金利が1%に上昇すれば、Aには利益が発生します。一方、金利スワップの約定後に市場でスワップ金利が0.3%に低下 した場合には、Aには損失が発生します。従って、今後金利の上昇を予想する場合、「固定金利払い・変動金利受け取り」という金利スワップを組むことで、金利の上昇に伴って利益を得ることができる一方、期待に反して市場で金利が低下すれば、損失を被ることになります。

債券ポートフォリオにおける金利スワップの活用

債券保有の代替
金利スワップは債券投資の代替手段として利用することができます。金利スワップ取引において固定金利を受け取ることは、固定利付債券を保有するのと同様の効果があります。

例えばある投資家が手元にある1億円を投資する場合、債券価格100円、固定利率3%(年率、利払いは半年毎)、償還期限3年の債券に投資する投資家のキャッシュフローは図表5のようになります。

上記債券投資と同様の効果を金利スワップ取引によって実現する場合には、まず、想定元本1億円、固定利率3%(年率、利払いは半年毎)、期間3年の金利スワップを組みます。さらに、(当初の想定元本 の払込みが必要とされないため)手元に残った現金1億円を短期運用(6か月円LIBORで運用)すれば、この2つのポジションの合成キャッシュフローは図表6のようになります。

図表6のとおり、金利スワップを組んだ場合の投資家のキャッシュフローは、変動金利(LIBOR)の支払いと受取りのキャッシュフローが相殺され、結果として現物債券を保有する場合と同様のキャッシュフローとなります。

このように債券保有の代替として金利スワップを用いることで、現物債券のみが利用可能な場合に比較して、より多様な債券ポートフォリオ構築が可能となります。なぜなら、運用者がポジションをとりたいと思う年限に必ずしも流動性の高い現物債券が存在しているとは限らず、また、現物債券が割高である場合には、代替として流動性の高い金利スワップを用いるなどの選択肢が増え、運用者が意図するポジションを確実かつ効率的にとっていくことができるからです。

金利リスクのヘッジ
また、金利スワップを用いることで、債券の金利リスクをヘッジすることも可能です。例えば、保有する固定利付社債と等しい期間構造を持つ、固定金利支払い・変動金利受取りの金利スワップを組むことで、その固定利付社債の金利リスクをヘッジすることが可能です。

例えば、債券価格100円、固定利率5%(年率、利払いは半年毎)、償還期限3年の債券に投資し、同時に固定金利を支払って変動金利を受取るスワップを組んだ場合の合成キャッシュフローは図表7(次項)のようになります。

このように金利スワップを用いることで、常に各時点の変動金利(LIBOR)を受取り(=金利リスクをヘッジし)ながら、社債金利がスワップ金利を上回る場合にはその差を収益として得られるポジションを構築することができます。

スプレッド戦略
債券ポートフォリオにおいては、金利スワップを用いたスプレッド(利回り格差)戦略を組み入れることができます。例えば、スワップ金利と国債利回りの差を「スワップ・スプレッド」と呼び、このスワップ・スプレッドが拡大ないし縮小することを狙った戦略を構築することができます。(次項図表8)

 

 

以上のように金利スワップは、債券運用においても、債券保有の代替として、またスプレッド戦略をとるためのツールとしてポートフォリオに組み入れることができるほか、将来の金利水準をより精緻に分析し、戦略をポートフォリオに表現するためのツールとして活用することができます。

RECENT ARTICLES

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。