融市場には様々な役割がありますが、金融機関などが短期の資金繰りを行う市場として短期金融市場があります。その中でも銀行間市場であるコール市場、ユーロ・マネー市場と、オープン市場であるレポ市場、コール先物市場、オーバーナイト・インデックス・スワップ(Overnight Index Swap, OIS)市場などが主だったものです。その他に、短期社債(Commercial Paper, CP)市場や譲渡性預金((Negotiable) Certificate of Deposit, CD)市場、割引短期国債(Treasury Bill, TB)市場や政府短期証券(Financing Bill, FB)市場といった短期の債券が取引されるオープン市場があります。短期金融市場は中央銀行による金融調節の場でもあるなど、いくつかの重要な側面を持っています。

コール市場

コール市場では、金融機関が日々の資金過不足を調整するために短期資金の貸借を行います。コール取引には有担保コールと無担保コールがあり、短資会社がディーリング、ブローキングを行います。準備預金制度を採用している国では、金融機関は中央銀行の定める預金準備要件を満たすためにコール市場を利用します。日本の場合、金融機関が日本銀行に預け入れる準備預金の一定期間(積み期間)の平均残高が、受け入れ預金に対して一定の比率をかけた金額を超える必要があり、その要件を満たすために金融機関はコール市場で不足分を調達し、超過分を貸し出します。日本銀行は資金の供給量を調節することでコール市場における金利(無担保コール・レート翌日物)を誘導し、金融政策を行います。

レポ市場(現金担保付債券貸借取引市場)

資金の取り手と出し手の二つの取引主体の間において、取り手が債券を貸し、出し手から現金を担保として受け入れる取引を債券レポ取引といいます。取り手(債券の貸し手)は担保金にかかる金利を支払い、出し手(債券の借り手)は当該債券にかかる貸借料を支払います。この担保金金利と債券貸借料の差はレポレートと呼ばれます。対象となる債券には、一般に国債、政府機関債、モーゲージ債と社債が含まれます。レポ取引は特定銘柄取引(Special Collateral)レポと非特定銘柄取引(General Collateral)レポの二つがあり、前者は事前に貸借する銘柄を特定する取引手法で、信用リスクを抑えた債券貸借取引である一方、後者は取引成立後に銘柄を指定するものであり、資金の運用・調達の意味合いが強いといえます。レポ取引は、中央銀行による市場の資金供給量の調整手段としても用いられます。

コール先物市場と OIS 市場

コール・レートを参照する商品として取引所に上場しているコール先物と、一定の期間のコール・レートと固定金利を交換するOISがあります。コール先物は、米国ではシカゴ商品取引所(Chicago Board of Trade, CBOT)に上場されているFF金利(Federal Fund Rate)先物であり、日本では東京金融取引所に上場している無担保コールオーバーナイト金利先物がこれにあたります。コール先物は取引所取引であり、カウンターパーティ・リスクのプレミアムが極小化されている一方で、OISはカウンターパーティとの相対取引であり、カウンターパーティの信用リスクがスプレッドとして反映されます。

その他のオープン市場

CPは、企業が短期資金を調達する手段であり、満期は1年未満です。無担保の約束手形であり、一般に信用力の高い企業が発行します。また従来のCPに加えて、近年は担保資産が設定された資産担保CP (Asset Backed Commercial Paper, ABCP)も発行されています。ABCPは、資産担保証券と同じく、特別目的会社に担保資産を売却し、その担保資産の信用力に基づいて発行するものであることから、調達主体である企業のバランスシートの外で資金調達が行われることになります。

CDは、預金取扱金融機関が発行する譲渡性の定期預金です。金融機関は当該定期預金について無記名の預金証書を発行し、預金者は自由にこれを譲渡することができます。一般に大口の預金が多く、企業の決済用の資金として利用されます。

TB、FBは政府の発行する短期債券で、一時的な資金不足を補うために発行される満期の短い国債です。償還期間が短いことから、通常の国債と比べても、リスクは相対的に小さいと考えられています。また、これらは一般に割引債として発行されます。

投資における短期金融市場の意味

短期金融市場を有効に活用することは、投資家のリターンの向上にもつながります。例えば米国の金利リスクを取得する手段として、米国債を購入する代わりに金利スワップで変動金利を支払い、固定金利を受け取る場合を考えます。金利スワップは国債とは異なり、元本の受け渡しが行われないことから、国債の購入代金にあたる資金が手元に残ります。この資金を短期金融市場で運用し、変動金利(LIBOR)を上回る利回りを得ることができれば、投資家は米国債を購入した場合と比較して追加的なリターンを得ることができます。また、短期市場の動向は金融システムにおける重要なシグナルとなります。

RECENT ARTICLES

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。