ッシブ運用

パッシブ運用とは、特定の市場指数の変動と連動した投資収益を目指した運用スタイルです。現代投資理論では、すべての証券は市場で効率的に取引されていることが仮定されることがあります。そのような場合、効率的なポートフォリオの投資収益は市場指数の投資収益と等しくなります。パッシブ運用では、市場指数を構成する銘柄を構成比率と同じだけ保有する運用スタイルと、該当銘柄の流動性や資金量などの運用制約によって、より少ない銘柄数で市場指数に追随することを目指す運用スタイルがあります。前者の運用スタイルは、インデックス運用とも呼ばれることがあります。後者のような運用の場合、保有銘柄が目標とする市場指数と一致しないことによる収益の誤差が生じることがあります。このような、収益誤差の標準偏差(統計上のばらつきを表す数値)をトラッキング・エラー(アクティブ・リスク)と言い、市場指数への追随度の指標のひとつになっています。

パッシブ運用の利点と欠点

パッシブ運用は、市場指数を構成する銘柄や構成比率が変更されない限り、ポートフォリオの構成銘柄の入れ替えをせず、保有銘柄を持ち切る運用スタイルのため、取引コストが少なく抑えられたり、保有している個別銘柄の詳細な調査や分析の必要がなかったりするため、運用手数料が低く設定される傾向にあります。

一方で、市場に非効率性が生じた場合、そのような市場の非効率性による収益が獲得しにくくなります。また、市場指数の構成銘柄の入れ替えによって、パッシブ運用が大量に入替対象銘柄を売買することで、自身の投資行動が市場の非効率を生む要因になりうるとの意見もあります。

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。