ュレーションとは

デュレーションは、金利の変化に対する債券もしくはポートフォリオの価格感応度を示す値(単位:年)で、債券投資において広く用いられるリスク指標です。デュレーションは、債券の価格、クーポン、最終償還および繰上償還条項に基づいて 算出されます。修正デュレーション(modified duration)は、代表的なデュレーションの計算方法で、利回り1%の変化に対して債券価格がどのくらい変化するかの割合を示します。

上記に示されるように、デュレーションが長いほど、債券は金利変動に対して感応度が高くなり、結果、債券価格の変動がより大きくなります。

修正デュレーションの他に、債券投資において一般に用いられるのが実効デュレーション(effective duration)です。実効デュレーションは、債券に付随するオプション*の影響を加味し、市場金利の変化に対する債券価格の変化の感応度を表します。

*オプション:モーゲージ債など繰上償還権(コールオプション)付債券の場合、金利が低下すると繰上償還が行われやすく(=コールオプション行使)、この債券を保有するポートフォリオ全体のデュレーションを短期化させる要因となります。反対に、金利が上昇すると繰上償還が実施される可能性が後退するため 、ポートフォリオのデュレーションを長期化させる要因となります。

なお、債券ポートフォリオ全体のデュレーションは、ポートフォリオで保有する全ての債券のデュレーションを時価加重平均したものと考えられます。かつては、債券ポートフォリオ保有銘柄の平均残存期間が、金利水準の変化に対するポートフォリオのリスク指標として用いられていました。しかし、平均残存期間の 欠点は、債券が償還される一時点しか考慮していないことにあります。債券価格は基本的に、将来の償還までに得ることのできる元利払い(キャッシュフロー)を直近の金利で割り引き、現在価値に引きなおしたものと考えられるため、元本償還のみならず、償還までに支払われる全てのクーポンについてもキャッシュフロ ーとして認識する必要があります。将来得ることのできるキャッシュフローを現在価値に割り引くための金利が上昇すれば債券の価格は下がり、逆に低下すれば債券の価格は上がる、ということになりますが、そうした金利水準の変化に対して債券価格がどの程度変化するか、という指標がデュレーションです。ただし、この 場合、金利の変化については、全年限の金利が同じ幅で上昇ないし低下する平行移動を想定します。

債券運用におけるデュレーションの利用

債券運用では、経済環境の変化予測にデュレーションを対応させて利用し、これによってファンド・マネージャーは、ポートフォリオの最適化を図ります。

デュレーションの限界
ポートフォリオ構築においてデュレーションは重要なツールですが、同じデュレーションのポートフォリオが必ずしも同じリターンを生み出すとは限りません。異なる償還期限を持つ国債の利回りの動きは必ずしも一致するとは限らないことがその理由です。イールドカーブ(縦軸に利回り、横軸に償還までの期間を示した曲線) 上のどの残存期間部分に投資ウェイトをおくかに応じてリターンは変わってきます。例えば、デュレーションが5年の債券のみを保有するポートフォリオ(ブレット戦略)と、デュレーションが2年と8年の債券を50%ずつ保有するポートフォリオ(バーベル戦略)は、ともにデュレーション5年のポートフォリオです。デュレーションが8 年の債券の利回りが大きく上昇する一方、デュレーションが5年の債券の利回りが小幅な上昇であった場合、ブレッド戦略ポートフォリオのリターンは、バーベル戦略ポートフォリオに比べて高くなります。

RECENT ARTICLES

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。