債は各国の政府が発行する債券であるのに対して、社債は一般の企業が発行する債券です。社債は発行企業の財務状況やビジネス環境など、様々な要因によって利回り/価格が決定されます。元本償還・利払いの方法や期間、発行通貨、担保の有無、企業清算時の弁済順位などの条件によって、多様なリスク特性を持った社債が存在しています。

一般に社債の利回りは、発行通貨の国債利回りに加え、個別企業の信用リスクなどを反映した追加的な利回りを提供します。また、事業セクターや年限、格付といった多岐にわたる投資機会を提供し、投資家にとって重要な資産クラスとなっています。

キャピタル・ストラクチャー(資本構成)

図表1に示したのが企業バランスシートの負債側の構成概念図です。一般に普通社債(Straight Bond)は融資の次に弁済順位が高く(相対的に弁済順位が高い債券を「シニア」、低い債券を「ジュニア」と呼ぶことがあります)、社債の中では相対的にリスクの低いものです。担保付の社債がある場合はさらにこれより安全性が高くなると考えられます。

普通社債よりも弁済順位が低く、資本性を有するものが劣後債(Subordinated Bond)です。返済順位は普通株式より高い一方で、議決権はなく、普通社債と普通株式の中間的な存在と言えます。一般的に、返済順位の低い(劣後する)債券ほど利回りが高く、格付も低くなります。

特殊なものとして一定の要件を満たすと属性が変化する債券も存在します。例えば転換社債(転換社債型新株予約権付社債)は、保有者の意思で株式に転換することができます。また、コンティンジェント・キャピタルと呼ばれる債券は事前に取り決められた一定の条件(自己資本が一定の比率を下回る、など)が満たされた場合に、資本に転換されたり、元本が削減されたりといった損失吸収機能が備わった債券です。

社債の発行体

社債の発行企業(発行体)はその業態に応じて、大きく金融、産業、公益セクターの3つに分けることができます。金融機関によって発行される社債を金融債(Financial)、一般企業によるものを事業債(Industrial)と呼ぶことがあります。各セクターはさらに細分類することができ、例えば金融セクターは銀行や証券、保険などと分けることで、それぞれの業態の特色を分析するのに役立ちます。

複数の連結対象企業を持つ事業体は、金融子会社を設立して資金決済などを一元管理し、債券の発行もその金融子会社が行う場合があります。一方、発行体の親会社が元利金の支払いを保証することもあります。また、2008年の金融危機後には、金融システムの安定化策の一つとして、政府が金融機関の発行する社債について保証を行い、資金調達を助ける事例がありました。

債務不履行

社債の満期日や利子の支払い日において、発行体が元本や利子の支払いが不可能になる場合を「債務不履行(デフォルト)」と呼びます。このとき、当該社債の保有者は損失を被ることとなりますが、発行体が清算(または再生)される過程における資産の売却などによる弁済が期待できます。一般に、デフォルト後の清算プロセスによる弁済は「回収(リカバリー)」とよばれ、その元本に対する比率は、当該発行体の資産の評価額や当該社債の資本構成上の弁済順位に大きく依存します。

格付

発行体の信用力を評価する指標として、格付会社の付与する格付を利用することが出来ます。ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズ、フィッチや、日本では格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)などによる格付が一般に用いられています。各社が発行体の財務や事業内容などを調査し、それぞれの証券の資本構成上の順位を加味して格付を決定します。格付の呼称は各社で異なりますが、図表2の通り、Aaa/AAA格からデフォルト格付までのランクがあり、それぞれのランクについて「+」「-」などのノッチが付されることがあります。また、今後の格付の見通し(アウトルック)が「格上げ方向」「安定的」「格下げ方向」と示されることがあります。Baa/BBB格以上の債券は投資適格債、それ未満の債券はハイイールド債(ジャンク債、投機的格付債券)と呼ばれます。機関投資家などが「投資適格であること」というように投資要件として格付を用いることがあります。

RECENT ARTICLES

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。