融市場で行われる取引は、取引所取引と相対取引に分けることができます。取引所取引では、売り方も買い方も取引所を介して取引を行っており、各参加者のポジションの値洗いが日々行われているため、 決済リスクは限定されています。一方で、債券やデリバティブの取引を市場を通さずに取引相手と直接行う場合(相対取引)には、取引の相手方が約定から決済までの期間に決済不履行を起こす可能性があり ます。例えば2008年にリーマン・ブラザーズが破たんした際には、同社を相手方としていた金利スワップやクレジット・デフォルト・スワップなどの取引は不履行となりました。期間の長いデリバティブの取引などでは特 にこのリスクが意識され、価格に折り込まれます。金利スワップと国債の金利の差であるスワップ・スプレッドを決定する一つの要因がこのカウンターパーティ・リスクの評価です。金融機関を取り巻く経営環境が悪化し 、スワップ契約の不履行のリスクが高まるとスワップ・スプレッドは拡大し、逆に不履行リスクが低下するとスプレッドは縮小する傾向にあります。

カウンターパーティ・リスクの管理

このようなカウンターパーティ・リスクを管理する方法として、担保の差し入れをカウンターパーティに求めることができます。例えば金利スワップの固定受け/変動払いの取引を結んでいる場合、金利が低下すると当該金利スワップの時価はプラスになります。この場合、取引のカウンターパーティに担保の差し入れを求めることで、当該カウンターパーティの破たんなどにより契約不履行となった状況においても担保から一定の回収を見込むことができます。さらにこれを普遍化し、週次や日次など定期的に時価変動に基づいた担保の授受を行うことで、カウンターパーティの契約不履行の際の損失を限定することができます。

担保の授受を行うとき、それを個別の契約に関して行うのではなく、あるカウンターパーティと結んでいる契約の全てをネットして担保の授受を行うことも有効です。これにより、個別の契約でカウンターパーティからの担 保の差し入れが不足しているものについて回収率が低くなり、過分に担保が差し入れられているものについては100%以上回収できないといった事態を軽減し、全体の回収率を高めることができます。

加えて、取引のカウンターパーティを選別することも有効です。これは企業の信用調査を行うのと同様に、事前に取引相手の取引履行能力の有無を調査し、十分な履行能力があると見られる相手をカウンターパーティとして取引を行うものです。ここでは健全な経営や資本/債務比率、手元流動性などといった様々な要素が吟味されます。また、ポートフォリオのリスク管理においては、カウンターパーティの分散も重要となります。

また、複数の市場参加者同士の売買関係を、清算機関を相手方とした関係に置き換えるセントラル・カウンターパーティー(CCP)の導入も進められています。

RECENT ARTICLES

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。