央銀行による政策と投資

現代の金融政策は一般に各国/地域の中央銀行が実施します。その目的は大きく分けて物価の安定、健全な経済成長の二つに分けられます。米国の連邦準備制度は両者を、欧州中央銀行は前者を主要な目的とすることを謳っており、中央銀行毎に目標の設定は異なります。物価の安定を目標とする場合、インフレ・ターゲットを設定し、目標とするインフレ率を明示することがあります。

中央銀行は政策手段として金利の調節を実施します。金利の調節は短期金融市場における資金の吸収/供給を通じて行われます。

金融政策と投資

中央銀行は短期部分の金利を調節することで、イールドカーブ全体に影響をもたらします。市場は将来の金融政策の展開を折り込み、特に短中期部分のイールドカーブに将来の金利の予想が大きく影響します。投資家は、市場が予想する金融政策の行程と異なる予想を立てた場合、イールドカーブ戦略で市場をアウトパフォームすることを狙うことができます。例えば、市場が近い将来の利上げを折り込んでいる一方で、投資家は利上げを見込んでいない場合、短期部分の金利をオーバーウェイトするイールドカーブのスティープニング戦略を実行することができます。もし投資家の予想通り、利上げが行われない、もしくは利上げが遠のいたと市場の見方が変化した場合には、短期金利の低下により投資家が市場を上回るリターンを得られると考えられます。

また、政策金利の予想をより直接的に反映させる投資手段として、金利先物があります。ユーロ・ドル金利先物やEURIBOR先物などは、将来のある時点(限月)における政策金利の水準の予想を反映した値動きとなるため、限月における政策金利について、金利先物を用いて独自の予想に基づいたポジションを構築できます。

金融政策は為替市場にも影響を与えます。例として、ある通貨の需給が逼迫すると、その通貨は他の通貨に対して値上がりしやすくなります。また、為替の取引によって高い金利を享受したい市場参加者は、政策金利の上げ下げによって投資方針を判断することがあります。

その効果の程度や波及経路については議論がありますが、金融政策は長期の国債市場や社債、株式など様々な市場に影響を与えます。中央銀行は、直接的には量的緩和や信用緩和といった手段により長期国債やリスク資産を買い入れ、長期部分の金利やリスク・プレミアムに働きかけることができます。こうした政策動向を読むことも投資戦略を立てる上で重要です。

また、中央銀行は金融システムの安定にも注力します。マクロ・プルーデンス政策は金融機関の経営や、金融機関の資産構成を通じて金融市場の需給に影響を与える可能性があります。また信用危機が発生し、金融システムの機能への不安が高まった状況においては、中央銀行は金融機関のための最後の貸し手として金融システムの安定維持に大きな役割を果たします。そのため、信用の悪化した局面においては中央銀行の政策動向が投資に大きな影響を与えるということができます。

通貨政策

中央銀行による金融政策が通貨にも影響を及ぼすことは既に述べましたが、中央銀行が明示的/暗黙的に為替の水準を政策の目標とすることがあります。特に国内産業が輸出に偏重し、為替水準が国内経済において大きな影響を持つ場合には、中央銀行は政策決定において為替市場を意識せざるを得ないと考えられます。

一方で、国際金融システムにおいては、固定された為替相場、独立した金融政策、自由な資本移動の三つは同時に成立することがありません。これは国際金融のトリレンマと呼ばれます。例えば米ドルに対する為替水準を維持しつつ、海外との間での資本の流通が自由に行われている国においては、米国の金融政策から乖離した独自の金融政策を実施することはできません。もし米国の政策金利より低い政策金利を設定した場合、自由な資本移動を維持すれば通貨に下落圧力が加わり、為替の水準を維持しようとするならば海外からの資本流入を規制しなければなりません。先進国では実質的に資本規制は困難であるため、国によっては独立した金融政策と自国経済のとって望ましい通貨水準の実現との間での葛藤が見られます。新興国においても、当局は国内経済の状況や外部要因を分析しながら、通貨政策、金融政策、資本政策のバランスを考えることになります。

政府・中央銀行が為替市場において直接的に影響力を行使する為替介入を行うことがあります。当局による介入は、物理的に為替相場を動かすことだけではなく、市場参加者に介入を意識させることで市場に対して影響を及ぼす効果があります。また、介入のプロセスにおいて外貨を購入/売却した際に、市中で流通する自国通貨が増加/減少します。例えば日本政府が、外貨を購入し日本円を売却する為替介入を行った場合、その為替取引によって金融市場における日本円の流通額が増えます。これを中央銀行が吸収することを不胎化と呼ぶことがあります。

RECENT ARTICLES

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。