券の定義

債券とは、債券購入者、すなわち債券保有者による債券発行体に対する融資に他なりません。各国政府や企業、地方自治体などは債券を発行することによって必要な資本を調達します。投資家が国債を購入した場合、それは政府に対する融資に相当しますし、企業が発行した債券を購入した場合はその企業に対する融資に相当します。ローンと同様に、債券の場合も定期的に利息が支払われ、規定された期日に元本が返済されます。

ある企業が新工場の建設用資金として100万ドルを必要としており、債券を発行してその資金を調達することにしたと仮定します。この企業は必要な資金を調達するために、投資家に対して1,000ドルを1単位とする債券を1,000単位販売するとします(1,000ドル×1,000単位=100万ドル)。この場合、この1,000ドルが各債券の「額面価値」となります。資金を調達する企業は当該債券の「発行体」と呼ばれ、年間の支払利息、すなわち「クーポン」と、調達した100万ドルの元本を返済するまでの期間を決定します。クーポンを決定するにあたり、発行体はその時点の金利環境を考慮して、比較対象となる他の債券に対して競争力があり、投資家にとって魅力ある水準にクーポンを設定します。上記の企業は年間のクーポンが5%で期間5年の債券を発行することに決めたとしましょう。5年の期間が満了すると、債券は「満期」を迎え、発行体である上記の企業は各債券保有者に対して、保有する債券1単位あたり額面価値1,000ドルを償還します。投資家にとって、債券が満期を迎えるまでの時間の長さは、予想されるリスクや潜在的なリターンを決定づける重要な要因になります。一般的に、5年後に償還される100万ドルの債券は30年後に償還される同額の債券よりもリスクが低いと考えられます。これは、債券が満期を迎えるまでの期間、すなわち残存期間が長くなるほど、債券保有者に元利金を支払う発行体の能力に悪影響を与えうる要因が多くなると考えられるためです。

残存期間が長くなることで増加するリスクは、発行体がその債券に対して支払う利息、すなわちクーポンと直接の因果関係を持ちます。言い換えると、発行体は通常、満期までの期間が長い債券に対して高い金利を支払います。したがって、投資家の観点からすると、残存期間が長い債券ほど高いリターンを得られる可能性が高くなります。しかし一方で、高いリターンを得られる可能性と引き換えに、投資家が負うリスクも高くなっているのです。

また、すべての債券には発行体が「デフォルト」するリスク、すなわち発行体が借り入れた資金の元利金の支払いがなされなくなるリスクがあります。そこで、独立した信用格付機関が、数多くの債券発行体のデフォルト・リスクを評価し、信用格付を公表しています。この信用格付は投資家がリスクを評価する際に役立つだけでなく、発行体が個々の債券の金利を決定する際にも役立つものです。通常、格付水準の低い発行体が支払う金利は、格付水準の高い発行体が支払う金利よりも高くなります。この場合、投資家の観点からは、格付水準の低い債券を購入することで高いリターンを得られる可能性を得られる一方で、高い格付の債券を購入する場合に比べて高いデフォルト・リスクを負うことになります。

RECENT ARTICLES

PIMCOの視点

国連の持続可能な開発目標:影響度によるパフォーマンスの測定

PIMCOのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの重要な目的の一つは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を対話に取り入れることです。PIMCOがESGへの取り組みを進めていく際、どこに重点を置き、どう説明責任を果たすのか、そして最終的には影響度合いを測る際の枠組みの一つになりうるからです。

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。