投資を理解する

オルタナティブ投資に関する5つの神話

オルタナティブ投資のすべての特徴が、投資家に幅広く理解されているわけではありません。よくある5つの誤解に対するPIMCOの解釈をご参照ください。

第1の神話:オルタナティブ投資は超富裕層の投資家と機関投資家に対してのみ提供されるものである

事実:オルタナティブ投資の種類は多岐にわたり、さまざまな投資家にとって魅力的な選択肢になりえます。適格購入者 や適格投資家に対象を限定したファンドが存在することは事実ですが、このような制限がなく、オルタナティブ投資を可能とする投資ビークルも存在します。

第2の神話:オルタナティブ投資はポートフォリオにおける投資リスクを高める

事実:必ずしもそうではない。オルタナティブ戦略を単独の投資ソリューションとして捉えると、相対的に流動性が低く、目標リターンが高いことから、伝統的な投資商品よりもリスクが高いケースが多いでしょう。しかしながら、ポートフォリオ全体を構成する一要素としてみると、投資リスクは比較的マイルドに映るかもしれません。オルタナティブ投資は、株式や債券などの伝統的な投資商品とは異なる市場環境によって影響されることが多く、パフォーマンスは必ずしも同じように推移するわけではありません。実際、マーケット・ニュートラル などのオルタナティブ戦略は、ポートフォリオ全体のリスクを引き下げるように設計されています。このような特性を有するオルタナティブ投資は、分散効果と潜在的なリターンを改善するとともに、場合によってはボラティリティの抑制効果も期待される、魅力的な戦略と言えるでしょう。投資家の立場では、投資リスクに加えて、多くのオルタナティブ投資の仕組みが規制の対象外であるという事実に関連する、潜在的なリスクについても留意することが重要です。ポートフォリオ全体のリスク許容度を見直すことが、重要な第一歩となるでしょう。

第3の神話:オルタナティブ投資では流動性の欠如が投資家に悪影響を及ぼす

事実:実際は、一部のオルタナティブ投資の非流動性がポートフォリオにとってプラスに作用する可能性があります。たとえば、日次で解約可能な仕組みとは異なるオルタナティブ投資は、日次の解約請求に対応する資金が必要になりうる伝統的な投資信託と比べて、低価格で保有資産を売り急ぐ状況に追い込まれる可能性は低いでしょう。加えて、投資家にとっては、日次で資金を引き出すことはできないにしても、流動性の低さを受け入れる代わりに、利回りが高い、あるいはより複雑な投資が可能になるかもしれません。

第4の神話:オルタナティブ投資はヘッジファンドやプライベート・エクイティ・ファンドと同義である

事実:オルタナティブ投資は多種多様な幅広い投資です。たとえば、プライベート・エクイティと同種のファンドの形態で提供されることの多いプライベート・クレジット戦略や一部の不動産戦略の市場規模は、銀行をはじめとする伝統的な資金の出し手が貸し出し慣行を変えるようになった世界金融危機後に、大幅に拡大しました。このようなオルタナティブ・クレジットやプライベート戦略を通じて、投資家は長期的に魅力的なリターンを獲得する機会を得る、そして流動性の欠如や商品性の複雑さに伴うリスクに見合った見返りを得られる可能性があります。

第5の神話:オルタナティブ投資はポートフォリオに必ずしも必要な投資ではない

事実:とりわけ不確実性の高い市場環境においては、投資家はより強い確信をもって運用目標を達成するために、伝統的な資産クラスの枠組みを超えてリターンの源泉を求める必要があります。投資家はポートフォリオに、オルタナティブ投資を加えることによって、パフォーマンスを改善し、分散効果を高め、全体のリスクを引き下げることができるようになるかもしれません。重要な点は、オルタナティブ投資は、新たな投資機会を創出し、投資対象を拡大することで、投資家の運用目標達成をサポートできる可能性があるということです。

オルタナティブ投資の詳細は、オルタナティブ投資を理解するをご覧ください。

Related Resources

セクション:
Tag:
日付:
投資エキスパート:
Ticker:
すべてリセット
Hotel Market in a Post-COVID World
Real Estate Investing in an Uncertain Environment
Unlocking Alternatives: Opportunities in Residential Real Estate   Video

最新コンテンツ

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。本資料には、本資料作成時点でのPIMCOの見解が含まれており、その見解は予告なしに変更される場合があります。本資料は情報提供を目的として配布されるものであり、投資助言や特定の証券、戦略、もしくは投資商品の推奨を目的としたものではありません。本資料に記載されている情報は、信頼に足ると判断した情報源から得たものですが、その信頼性について保証するものではありません。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、デリバティブ取引等の価値、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況や信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動による影響も受けます。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、損失をこうむることがあります。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。弊社が行う金融商品取引業に関してお客様にご負担頂く手数料等には、弊社に対する報酬及び有価証券等の売買手数料や保管費用等の諸費用がありますが、それらの報酬及び諸費用の種類ごと及び合計の金額・上限額・計算方法は、投資戦略や運用の状況、期間、残高等により異なるため表示することができません。