プレスリリース

リチャード・クラリダの米連邦準備制度理事会(FRB)副議長指名に関するメディア向け報告

 

PIMCOでは、トランプ大統領がリチャード・クラリダを次期FRB副議長に指名したことに大変興奮しています。クラリダは極めて多才なエコノミストであり、PIMCOに入社して以来長年にわたってPIMCOのお客様、投資家などに対して貴重な知見を提供してきました。今回の次期FRB副議長への指名は、クラリダの経済、政策、資産運用の分野に対する貢献が高く評価されていることの証と言えるでしょう。クラリダは2006年にPIMCO初のグローバル・ストラテジストとして入社しました。その後12年間にわたり、PIMCOが1930年代以降の非常に困難な経済、政治、金融市場の環境を理解し、乗り切る上で尽力してきました。FRB副議長の指名には米議会上院の承認が必要であり、PIMCOではプロセスが順調に進むことを願っています。

メディア関連のお問い合わせ先

ご留意事項

PIMCOについて

PIMCOは世界をリードする債券運用会社です。1971年に米国カリフォルニア州ニューポートビーチで設立されたPIMCOは、債券投資の世界にトータル・リターンのアプローチを取り入れました。それ以来45年以上にわたって、最適な投資のソリューションを求めるお客様のパートナーとして、新機軸と専門性をご提供してきました。現在では、世界各地に拠点をもち、2,150名以上の社員が、どのような市場環境においてもお客様からお預かりした資産を最大限に運用するという一つの使命に向かって邁進しています。PIMCOは、世界最先端の多角的金融サービス・プロバイダーであるアリアンツの子会社です。

ピムコジャパンリミテッドについて
ピムコジャパンリミテッドはPIMCOグループの日本におけるビジネスの拠点として1997年に設立され、1999年に投資一任業務、2000年に投資信託委託業務を開始、以来機関投資家・個人のお客様等へ向けて安定し付加価値のある資産運用サービスを提供しております。