プレスリリース

PIMCO、ベン・バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)前議長をシニア・ アドバイザーに任命​

 

経済に関する豊富な経験と深い見識をもってPIMCOの投資プロセスに貢献する
とともにPIMCOのお客様とも対話

<抄訳>

    2015年4月29日

グローバル資産運用会社であるPIMCO(パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー)は、ベン・バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)前議長をシニア・ アドバイザーに任命したことを発表します。同氏は、今後、経済に関する豊富な経験と深い見識をもってPIMCOの投資プロセスに貢献するとともに、お客様とも定期的な対話を行います。

PIMCO最高経営責任者のダグラス・ホッジはこう述べてい

ます。「バーナンキ氏をアドバイザーとしてPIMCOにお迎えすることは私共にとって非常に光栄なことであり、同氏の卓越した知識の恩恵を浴することに多大な期待を寄せております。バーナンキ氏の、金融危機のさなかにグローバル経済の舵取りを行った比類のない実績は、PIMCOの投資プロフェッショナルに貴重な見識をもたらし、引いては、今後の困難かつ不確実性の高いグローバル金融市場環境をお客様が乗り切るにあたっての、私共からの貢献へとつながっていくでしょう。」

また、PIMCOグループ最高投資責任者のダニエル・アイバシンはこう述べています。「PIMCOが四半期毎に開催する経済予測会議に、同氏は最近二回にわたり参加し、グローバルなマクロ経済問題と金融政策に関する貴重な見識を提供されており、PIMCOと同氏の今後の連携はPIMCOの確固たる投資プロセスを一層向上させるものと確信しています。」

バーナンキ氏は次のように述べています。「PIMCOの強固な投資プロフェッショナル・チームと協働し、アドバイザーとしてその投資プロセスに貢献することは非常に喜ばしいことです。」

メディア関連のお問い合わせ先

ご留意事項

PIMCOについて

パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(PIMCO)は、南北アメリカ、欧州およびアジア・パシフィックの12カ国に13拠点を持つグローバルな資産運用会社です。PIMCOは、1971年に南カリフォルニアで設立され、世界中の数百万人のお客様の資産運用ニーズに対応する多様で革新的な資産運用ソリューションを提供しています。徹底したリスク管理と長期の規律を持って魅力的なリターンを提供することがPIMCOの目標です。PIMCOは、グローバル多角金融サービス会社であるアリアンツSEのグループ会社です。

ピムコジャパンリミテッドについて
ピムコジャパンリミテッドはPIMCOグループの日本におけるビジネスの拠点として1997年に設立され、1999年に投資一任業務、2000年に投資信託委託業務を開始、以来機関投資家・個人のお客様等へ向けて安定し付加価値のある資産運用サービスを提供しております。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。