プレスリリース

​PIMCO、エグゼクティブ・バイス・プレジデント、および、米地方債担当のポートフォリオ・マネージャーを採用​

 

<抄訳>

 2015年3月6日

グローバル資産運用会社であるPIMCO (パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー)は、エグゼクティブ・バイス・プレジデントおよび米地方債担当のポートフォリオ・マネージャーとしてデービッド・ハマー(David Hammer)を採用したことを発表します。ハマーは、ニューヨークを拠点とし、PIMCOのエグゼクティブ・バイス・プレジデントで米地方債ポートフォリオ運用の統括責任者のジョー・ディーンの直属となります。ハマーは以前にもPIMCOに勤めており、再入社となります。

PIMCOの非伝統的戦略担当の最高投資責任者(CIO)でありニューヨーク・オフィスのポートフォリオ運用統括責任者のマーク・サイドナーはこう述べています。「ハマーのもたらす地方債取引、リサーチおよびポートフォリオ運用に関する専門知識により、PIMCOの地方債運用チームは大幅に強化されるでしょう。PIMCOの投資プロセスに支えられた、綿密な地方債市場の銘柄分析能力は、地方債の投資家にリターンをご提供するうえで重要な強みであると考えています。」

13年の投資業務経験を持つハマーは、2012年に初めてPIMCOへ入社し、シニア・バイス・プレジデントを務めた後、2014年にモルガン・スタンレーに移り、マネージング・ディレクターおよび地方債トレーディングおよびリサーチの統括責任者を務め、機関投資家およびリテールの地方債トレーディング、リスク管理、地方債クレジット・リサーチを担当していました。

《略歴》
デービッド・ハマー
ニューヨークを拠点とするエグゼクティブ・バイス・プレジデントで、地方債担当ポートフォリオ・マネージャー。2012年に初めてPIMCOへ入社し、シニア・バイス・プレジデントを務めた。2014年にモルガン・スタンレーに移り、マネージング・ディレクターおよび地方債トレーディングおよびリサーチの統括責任者を務め、法人およびリテールの地方債トレーディング、リスク管理、地方債クレジット・リサーチを担当した。2012年にPIMCOへ入社する以前は、モルガン・スタンレーにてエグゼクティブ・ディレクターとして勤務し、ハイイールドおよびディストレスト地方債グループの統括責任者を務めた。米シラキュース大学より学士号を取得。

以上

メディア関連のお問い合わせ先

ご留意事項

PIMCOについて

パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(PIMCO)は、南北アメリカ、欧州およびアジア・パシフィックの12カ国に13拠点を持つグローバルな資産運用会社です。PIMCOは、1971年に南カリフォルニアで設立され、世界中の数百万人のお客様の資産運用ニーズに対応する多様で革新的な資産運用ソリューションを提供しています。徹底したリスク管理と長期の規律を持って魅力的なリターンを提供することがPIMCOの目標です。PIMCOは、グローバル多角金融サービス会社であるアリアンツSEのグループ会社です。

ピムコジャパンリミテッドについて
ピムコジャパンリミテッドはPIMCOグループの日本におけるビジネスの拠点として1997年に設立され、1999年に投資一任業務、2000年に投資信託委託業務を開始、以来機関投資家・個人のお客様等へ向けて安定し付加価値のある資産運用サービスを提供しております。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。