プレスリリース

​PIMCOグローバル・アドバイザリー・ボードの設置について​

 

経済および政治問題の権威として世界的に著名な5名の専門家により新設

<抄訳>

2015年12月8日

グローバル資産運用会社であるPIMCO(パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー)は、経済および政治問題の権威として世界的に著名な5名の専門家により、新たにPIMCOグローバル・アドバイザリー・ボードを新設することを発表します。このアドバイザリー・ボードは今後、世界経済および政治の動向、そしてそれらの金融市場への関連性について意見を提供する役割を担います。PIMCO グローバル・アドバイザリー・ボードのメンバーは、ベン・バーナンキ氏(アドバイザリー・ボード議長)、ゴードン・ブラウン氏、ウン・コクソン氏、アンマリー・スローター博士、そしてジャンクロード・トリシェ氏の5名です。

アドバイザリー・ボードは、年に数回、PIMCOのニューポートビーチ本社あるいは世界の拠点にて集まります。また、毎年5月に開催され、PIMCOの投資プロフェッショナルが向こう3~5年のグローバル経済および金融市場の見通しを議論する長期経済予測会議(セキュラー・フォーラム)にも参加します。アドバイザリー・ボード・メンバーは今後、経済、地政学、金融市場に関するそれぞれの知識と洞察力をもとにPIMCOの投資プロセスに貢献していきます。

PIMCO グローバル・アドバイザリー・ボードのメンバー:

  • ベン・バーナンキ 氏、米連邦準備制度理事会(FRB)前議長、米ブルッキングス研究所 特別研究員
  • ゴードン・ブラウン 氏、英国元首相および英国元財務大臣
  • ウン・コクソン 氏、シンガポール政府投資公社(GIC)元グループ最高投資責任者(CIO)
  • アンマリー・スローター 博士、新アメリカ財団(New America Foundation)理事長兼最高経営責任者(CEO)、プリンストン大学元教授(政治学・国際関係論)、米国務省元政策企画局長
  • ジャンクロード・トリシェ 氏、欧州中央銀行元総裁、日米欧三極委員会欧州グループ議長

PIMCOグループ最高投資責任者のダニエル・アイバシンはこう述べています。「PIMCOグローバル・アドバイザリー・ボードはマクロ経済の専門家および元政策立案者を中心に構成された卓越したチームであり、政策と金融市場の繋がりに対する彼らの分析と見識はPIMCOの投資プロセスに大いに貢献していくでしょう。」

また、PIMCO最高経営責任者のダグラス・ホッジはこう述べています。「グローバル経済と地政学がいかに金融市場および投資判断に影響するかを分析し、その知見をお客様と共有することは、我々の責務でありお客様にご提供できる重要な価値であると考えています。したがって、お客様にも、PIMCOグローバル・アドバイザリー・ボードが今後提供する経験や洞察力の多大なる恩恵を享受頂けるものと信じています。」

PIMCOグローバル・アドバイザリー・ボードの議長およびPIMCOのシニア・アドバイザーを務めるバーナンキ氏は次のように述べています。「非常に尊敬する面々で構成されるアドバイザリー・ボードの議長を務めることをとても光栄に思っています。私たちはアドバイザリー・ボードとして、グローバル経済および政治の動向、そしてそれらの金融市場への関連性ならびにPIMCOのお客様への影響に関する集約した意見を、PIMCOの強固な投資プロフェッショナル・チームに対して提供できることをとても嬉しく思っています。」

<略歴>

ベン・バーナンキ 氏、Ph.D: PIMCOのシニア・アドバイザーであり、米ブルッキングス研究所の特別研究員を務める。バーナンキ氏は、経済に関する豊富な経験と深い見識をもってPIMCOの投資プロセスに貢献するとともに、お客様とも定期的な対話を実施。2015年4月にPIMCOのシニア・アドバイザーに就任する以前は、2006年2月から2014年1月にわたり米連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めた。2005年には米国大統領経済諮問委員会 (CEA) の委員長に就任。また、1985年から2002年の間、プリンストン大学経済学部教授を務めた。同氏は経済および金融関連をテーマに様々な記事を執筆し、数々の学術書や2冊の教科書を出版。マサチューセッツ工科大学で経済学博士号、ハーバード大学より学士号を取得。

ゴードン・ブラウン 氏:ブラウン氏は2007年6月から2010年5月の間、英国首相を務めた。それ以前の1997年から2007年は英国財務大臣を務め、過去2世紀の中で同職を最も長い間務めあげた。エジンバラ大学より歴史学博士号を取得し、議員になる以前は講師を務めていた。複数の本を出版し、政府を離れてからは国連の教育担当特使に任命。また、世界経済フォーラムにてグローバル・ストラテジック・インフラストラクチャー・イニシアティブの議長を務める。

ウン・コクソン 氏:2007年から2013年の間、シンガポール政府投資公社(GIC)のグループ最高投資責任者(CIO)を務めた。それ以前は、現シンガポール証券取引所であるシンガポール国際金融取引所の創設会長として1983年から1987年の間、同職に就いた。同氏は、フランス国債庁の戦略委員を2001年から2014年の間務め、2004年にはフランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。シンガポール国立大学より物理学学士号を取得、スタンフォード大学スローン修士プログラムを修了。

アンマリー・スローター 博士:米独立系シンクタンクの新アメリカ財団(New America Foundation)理事長兼最高経営責任者(CEO)およびプリンストン大学Bert G. Kerstetter ’66名誉教授(政治学・国際関係論)。2009年1月から2011年2月にわたり、米国務省政策企画局長を務めたほか、それ以前の2002年から2009年の間、プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン公共政策大学院院長を務めた。数多くの著書や論文を執筆および編集しており、1994年から2002年はハーバード法科大学院にて国際法、外国法、比較法の教授や国際法プログラムのディレクターを務めた。オックスフォード大学より国際関係の博士号、ハーバード大学法科大学院より法務博士号、プリンストン大学より学士号を取得。

ジャンクロード・トリシェ 氏:トリシェ氏は2003年11月から2011年10月の間、欧州中央銀行総裁を務め、欧州システミックリスク理事会議長をその創設から2011年10月まで務めた。それ以前は、フランス国庫局長を6年間、パリクラブの会長として国の債務再編を10年間担当したほか、欧州通貨委員会議長を2年間、フランス銀行総裁を10年間務めた。さらに以前は、フランス大統領経済顧問、大統領府産業・エネルギー・研究開発担当補佐官を1978年から1981年の間務めた。パリ大学、パリ政治学院、国立行政学院(ENA)を卒業。

メディア関連のお問い合わせ先

ご留意事項

PIMCO について

パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシー(PIMCO)は、南北アメリカ、欧州およびアジア・パシフィックの12カ国に13拠点を持つグローバルな資産運用会社です。PIMCOは、1971年に南カリフォルニアで設立され、世界中の数百万人のお客様の資産運用ニーズに対応する多様で革新的な資産運用ソリューションを提供しています。徹底したリスク管理と長期の規律を持って魅力的なリターンを提供することがPIMCOの目標です。PIMCOは、グローバル多角金融サービス会社であるアリアンツSEのグループ会社です。

ピムコジャパンリミテッドについて
ピムコジャパンリミテッドはPIMCOグループの日本におけるビジネスの拠点として1997年に設立され、1999年に投資一任業務、2000年に投資信託委託業務を開始、以来機関投資家・個人のお客様等へ向けて安定し付加価値のある資産運用サービスを提供しております。

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。