オルタナティブ投資戦略

オルタナティブ投資戦略

Alternatives timeline

Alternatives timeline

PIMCOのオポチュニスティック戦略には、PIMCOが培ってきたグローバルな金融機関やリスクの売り手との広範な関係や、評価の高いマクロ経済とアセット別のリサーチを含めて、PIMCOのリソースと人員の強みを活用したユニークな特徴があります。

社債
効率的でないミドルマーケットで、市場の公開および未公開を問わず、あらゆる地域や資本構成を対象としたバリュー志向のオポチュニスティック戦略です。

戦術的クレジット
公開および未公開市場の双方に投資するユニークなハイブリッド構造で、住宅および商業用不動産、社債へのディレクショナル投資を行います。

不動産およびモーゲージ
PIMCOの不動産およびモーゲージ投資は、オリジネーション、不動産直接投資、不良債権およびリパフォーミング(返済再開)債権、融資ならびにストラクチャード・クレジットにまたがっており、柔軟性を重視しながら、変化する諸機会の活用を目指します。ボトムアップの不動産査定とマクロ経済の知見を統合して、最適なアセットアロケーションを決定します。

PIMCOオルタナティブ戦略に関する詳細は、弊社担当者までご照会ください。

グローバルマクロ
PIMCOのマクロ経済の知見を活用し、先進国とエマージング市場全体で、ディレクショナル(市場の方向)な投資アイデアと相対価値に基づく投資アイデアをもとに絶対収益の提供を目指します。

クレジット相対価値
ボトムアップの相対価値戦略とイベント・ドリブンの投資機会を捉え、ボラティリティを抑制し、他市場との低相関を維持し、資産保全を重視してプラスのリターン提供を目指します。/p>

マルチ・アセット・ボラティリティ相対価値
ボラティリティ裁定取引と相対価値の高いマルチ・アセットの投資機会を活用することで、他のアセットクラスとの相関が低い、一貫した絶対収益の提供を目指します。

コモディティ相対価値
コモディティ市場全体にわたって相対価値の高い投資機会を活用し、コモディティ全般、債券および株式市場との相関が低く、景気サイクル全体を通して持続可能なリターンの提供を目指します。

戦術的クレジット
公開および未公開市場の双方に投資するユニークなハイブリッド構造で、住宅および商業用不動産、社債へのディレクショナル投資を行います。

ストラクチャード・クレジット
シニアのストラクチャード・クレジット資産を対象とするディレクショナル戦略です。本戦略は投資家にキャリーと潜在的キャピタルゲインを獲得する機会を提供し、長期的に見込まれる信用リスクを抑えながら流動性および格付けリスクに対処することを目指します。

PIMCOオルタナティブ戦略に関する詳細は、弊社担当者までご照会ください。

金融危機の間、PIMCOは柔軟性を重視しながら変化する諸機会の活用を目指し、ダイレクト・モーゲージ、ストラクチャード・クレジットおよび不動産に関する投資能力とサービスの双方を拡大してきました。ボトムアップの不動産査定とマクロ経済の知見を統合して、最適なアセットアロケーションの決定に利用します。また本戦略は、内在する投資リスクと不動産単位での価値増大の可能性を明らかにして、公開および未公開の各種不動産データを含めた相対価値に基づく枠組みの統合を狙っています。

PIMCOの不動産チームには、米国および欧州で活躍する不動産プライベート・エクイティ、ストラクチャリング、サービシングおよびオリジネーションの専門家が含まれています。公開および未公開の不動産市場の相互の関連性はこれまでになく高まっており、資産の選定と構築に関する本チームの専門知識が、不動産への投資と価値創出においてユニークな視点をもたらします。投資はオリジネーション、不動産直接投資、不良債権およびリパフォーミング(返済再開)債権、融資ならびにストラクチャード・クレジットにまたがっており、チームの柔軟性が発揮されています。

PIMCOのモーゲージおよび不動産オポチュニスティック戦略の変遷:不動産クレジット市場の変化の活用を目指して


Real Estate timeline


PIMCO不動産戦略に関する詳細は、弊社担当者までご照会ください。

PIMCOグループの概要

2,300+

世界各地の拠点に在籍する
役職員数

13

米国や欧州、アジアに広がる
グローバル拠点数

740+

世界の拠点に在籍する
投資プロフェッショナル数

245+

平均15年の投資経験を有する
ポートフォリオ・マネージャー数

165+

PIMCO在籍期間が10年を超える
投資プロフェッショナル数

55+

クレジット・アナリスト数

14

セクター別専門デスク数

80+

ポートフォリオ分析/資産クラス別の専担者数

約1.71兆ドル (約190兆円)

運用資産総額*

(2018年6月末現在、*1米ドル=110.7650円で換算)

ご留意事項

ピムコジャパンリミテッドが提供する投資信託商品やサービスは、日本の居住者であり、かつ法律による制約のない方に対して提供するものであり、かかる商品やサービスが許可されていない国・地域の方に提供するものではありません。

本資料は情報提供のみを目的として配布されており、特定の証券、戦略または投資商品に関する投資を助言または推奨するものではありません。

以下の開示は、本資料に記載された戦略に関する全てのリスクを網羅するものではありません。また、本資料は、会計、法律、税務その他の助言の提供を意図しておらず、かかる助言の根拠とすべきではありません。これらの事項に関しては、専門家にご相談ください。

一般的リスク:本戦略は高度のリスクを伴うものであり、投資を検討される投資家の方は、これらの戦略に適しているのが、十分な金銭的余裕があり投資されるのが不急な資金で、全額を失う可能性を含めて投資の経済的リスクを負担することができるお客様のみであることにご留意ください。あらゆる投資にはリスクがあり、価値が毀損する可能性があります。各戦略は、登録された投資ビークルと同様の規制要件の対象とはなりません。各戦略はレバレッジを利用することがあり、投資損失のリスクを増大させうる投機的な投資を伴うことがあります。また各戦略は、特定のベンチマークを追うことを予定しておりません。各戦略の手数料および費用のために、取引による利益が出ないことがあります。ポートフォリオ・マネージャーは、特定の戦略に関して幅広い取引権限を付与されることになります。概ね類似した取引プログラムを適用する単一のアドバイザーに任せると、分散効果が失われ、結果としてリスクが高まる可能性があります。各戦略の課税関係は一般的に複雑であり、重要な税務情報の通知には時間を要することがあります。一部の戦略で実行する取引の大部分は、米国外の証券に対して、米国以外の取引所または管轄圏で行われることがあります。また一部の戦略では、非流動性リスクを伴うことがある未公開証券に投資することがあります。パフォーマンスは大きく変動する可能性があり、投資家は、投資の全額または大部分を失う可能性があります。過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

「不動産」のタブではプライベート・エクテイティ形態のファンドをPIMCOの運用戦略の変遷のご説明のため表示していますが、これらは新規の投資は受け付けておりません。

上述の数値は、各ファンドの最終クローズ時点における出資金額合計を示しており、上述の日付は各ファンドの初回クローズ日を示しています。BRAVO IおよびBRAVO IIは、各投資戦略に基づいて継続運用されています。上記のその他のファンドは、運用を終了しました。これらの各ファンドの投資権限は幅広いものとなっており、上述以外の投資や戦略を実施してきました。PIMCOは上記以外にも数多くの未公開投資ビークルを運用していますが、様々な投資戦略を活用しており、新規投資も可能であるため、記載を省略しております。過去のパフォーマンスは将来の成果を示すものではなく、また、PIMCOが運用するその他の未公開投資ビークルが、何らかの点で上記のものに類似することは保証されていません。