PIMCOの視点

PIMCOの視点一覧

コンテンツ を探す
  • 詳細分析
  • 2020
  • 2018
  • 2015
  • A
  • B
  • D
  • M
  • R
クリア
Olivia A. Albrecht
ESGおよび債券ストラテジスト
Jelle Brons
グローバル社債チームのポートフォリオ・マネージャー
Josh Davis
ポートフォリオ・マネージャー
Nicola Mai
ソブリン・クレジット・アナリスト
Scott A. Mather
米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)
Graham A. Rennison
クオンティテイティブ・ポートフォリオ運用グループ
セクション : タグ : 日付 : エキスパート :
すべてリセット
Sustainability in Bond Markets Amid COVID-19: ESG in Focus
詳細分析

コロナ禍における債券市場での持続可能性:注目が集まるESG

コロナ禍における債券市場での持続可能性:注目が集まるESG

今回の健康危機がもたらす経済的ショックは、ESG市場が必要としていた転換点となりうるのでしょうか。
以下のQ&Aでは、ESGの今後の見通しとサステナブル投資に対するPIMCOのアプローチ
についてご説明します。

詳細分析

さまざまな資産クラスと市場におけるキャリーとトレンドを分析

さまざまな資産クラスと市場におけるキャリーとトレンドを分析

投資家が資産運用において直観的に理解している基本的原則は2つあります。それは(1)トレンドに逆らってはいけないこと、そして(2)保有コストが高すぎる投資を行なってはいけないことです。しかし、この単純な原則は優れたリターンに実際に繋がるのでしょうか。このレポートでは、4つの資産クラス合計20市場と、1960年から2014年までの期間を対象とした実証的分析の結果を紹介します。この分析結果は、トレンドとキャリーを適切に捉えることができれば、絶対リターンでも、リスク調整後リターンでも、大幅に優れた結果が得られることを強く裏付けるものです。さらに、こうした結果は、1960年から1982年までの金利上昇局面を含め、サンプル全体で、意外なほど一貫して見ることができます。特に、キャリーは、ほぼ無条件でリターンを予測することができますが、キャリーとうまく組み合わせることができれば、トレンド・フォローの方が、はるかに良好な成果を残していることがわかりました。この単純な2スタイル・アプローチは、引き続き、優れた運用ポートフォリオを構築するための重要な知見になると確信しています。